皆さんにとって、お持ちのiPhoneが壊れたことがありますか。いくら電源ボタンを押しても、電源が入らないという状況でお困りでしょう。その中、故障かもしれないと焦って、大事なラインデータを救いたくて戸惑う方もいらしゃるかもしれません。

というわけでこの記事では、電源が入らないiPhoneからLINEデータを復元する方法の二つをご紹介します。これらの方法は、最新iOS 14を実行しているすべてのiPhoneに対応していますので、ぜひご利用ください。

1.iPhoneの電源が入らない際すべき操作

1.1 お使いのiPhoneを強制的に再起動してみる

まず、今持っているiPhoneは不具合かどうか確かめてください。再起動出来なっかたら次へ

1.2 Apple 認定の充電ケーブルで半時間以上充電

Apple 認定アクセサリ以外のケーブルに接続すれば、電圧と品質の差で、充電できない状況になってしまう場合もあるでしょう。きちんと充電ケーブルや USB アダプタに、断線や端子が曲がっているなど、損傷の兆候が見られないか確認し、破損したアクセサリは使わないでください。

iPhone をさらに30分充電します、効果できなっかたら次へ

1.3 「リカバリーモード」でiPhoneのiOSを最新バージョンに更新

詳しくは、アップルHPでのiPhone、iPad、iPod touch の電源が入らない場合やフリーズする場合 ご参照ください。

以上のご確認の上、iPhoneが反応しない場合は、以下の対処法をご覧ください。

2.電源の入らないiPhoneからlineデータの取り出し方

ご注意

電源の入らないiPhoneは、iTunesに接続できるものとそうでないものに分けられます。

  • 「ア」、どうしても電源にもiTunesに接続出来なく、iPhoneも反応しない場合は、Appleサポートにお問い合わせの上、お近くの修理センターで修理サービスをお申し込みください。
  • 「イ」、iTunesに接続できるiPhoneには、これ以下の対応策はデータのバックアップなしとデータのバックアップありの二つに区分けされています。

2.1 バックアップなし - 専門ツールでiPhone本体からデータを復元

日常的に事前にiTunesやiCloudでiPhoneをバックアップしていた方いらしゃるかもしれませんが、逆にしてなっかたらどうしよう?ご心配なく、iOS専用のデータ復旧ソフト「iMyFone D-Back」があれば、バックアップがなくても全データをiPhone本体から簡単に直接復元できますので、もう復元はできないと心配する必要はありません。しかも、D-Back経由でデータを復元するのは、初期化や上書き保存が一切ないため、他のデータに影響を与えることなく安全です。その魅力を以下になります。

データ復元ソフトをおすすめする4つの理由

  • 使用簡単:僅か数ステップでiOSデバイスから消えたデータを復元します。コンピューターが苦手な人に使いやすい。
  • 幅広く適する:損失したデータだけではなく、壊れたまたは上書きされたデータの復元も可能です。それ以外、写真、メッセージ、連絡先Lineのトーク履歴など22種類以上のデータにも対応出来ます。
  • 多種類OSに対応:最新のiOS 14やiPhone 12 / mini / Pro / Pro Maxを含む、すべてのiOSバージョンとiPhone、iPad、iPod touchの全モデルをサポート出来ます。
  • メーン機能:4つのリカバリモードを備えて、ニーズに応じて適当なモードを使ってデータを復元できます。デバイスのデータを読み込んだ後、結果の一覧表示でデータを下見する上で選択可能で復元できます。

では早速、操作順番に見ていきましょう。

ステップ1.ソフトを起動してiPhoneをコンピュータに接続します。「iOSデバイスからリカバリー」>「次へ」をクリックします。

iOSデバイスからりかばりーする

ステップ2.「LINE」項目にチェックを入れて、右下の「スキャン」ボタンをクリックしてデータの読み込みを開始します。

ラインのデータを回復する

ステップ3.データの検出が完了したら、結果画面で復元したいライン・データをを選んで「リカバリーする」をクリックします。これで削除されたトーク履歴が回復されます。

ラインのデータをりかばりーする

Tips:

※ iTunesやiCloudでバックアップが取っていたが、上書きや初期化で既存のデータを消去するのが嫌な場合は、本ソフトの「iCloud / iTunesバックアップからリカバリー」機能利用すれば、復元したいデータかだけを抽出して復元することができます。手順は上記とほぼ同じで、簡単なステップで済ませます。

2.2 バックアップあり - iTunesからiPhoneのLINEデータを復元する手順

iTunesのバックアップにはLINEが含まれるので、iTunesのバックアップを持っていたらLINEトークや、KEEPや設定等を復元できます。

ステップ1.iTunesでLINEのバックアップをするには、iTunesをAppleのサイトからダウンロードし、PCでインストールします。

ステップ2.iTunesを起動します。iPhoneをPCに接続し、メニューの下でiPhoneのアイコンをクリックします。

アイフォンのアイコンを押す

ステップ3.バックアップセクションで「このコンピュータ」と「ローカルバックアップを暗号化」をチェックします。出てきたタブでパスワードを入力し、「パスワードを設定」をクリックします。

暗証番号を設定する

ステップ4.「今すぐバックアップ」というボタンをクリックします。

今すぐバックアップする

ステップ5.新しいiOSデバイスをiTunesに接続してバックアップセクションで「バックアップを復元」を選択し、パスワードを入力します。そしたら「OK」をクリックして、復元の完了まで待ちます。

バックアップから回復する

まとめ

以上は、電源が入らないiPhoneからLINEデータを復元する対応策です。バックアップがあればすぐに復元できますが、そうではない場合は、一番安全で効率的な対策iOSデータ復元ソフトiMyFone D-Backを利用しましょう。試用版もあり、復元する前に結果を確認できますので、必須なiPhoneデータ管理ツールとしてパソコンに入れておいて損はないと思います。

データの損失を防ぐ最善の方法は、定期的にデータをバックアップすることです。iMyFone D-Backがこの問題を簡単に解決できます。バックアップファイルの有無にかかわらず、電源が入らないiPhoneから消えたメモを取り戻すことができます。本製品は無料体験版はございますので、今までまだ悩んでいる方是非下記のダウンロードページへご試用ください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。