LINE(ライン)の位置情報機能で友達にスムーズに場所を伝えることができるので、それを愛用する人が少なくないです。ただし、この機能について、「個人情報が知らずに漏洩することがこわい」、「位置情報を共有したいが目的地を検索しても反応がない」、「相手から現在地情報を求めることが嫌い」など、不満の声もよく聞こえます。

なので、本記事ではこのような不安や悩みを解消するために、LINEの使用上よくある質問を3つ挙げて解説し、またそれぞれの対処法も紹介します。

質問1.LINEで位置情報がバレる危険性はあるか?

写真、動画などは位置情報をバレしない

皆さんも知っているかもしれませんが、私たちの普段スマホで撮影している写真や動画などに、画像部分以外、撮影日時や位置情報も自動的に記録されています。したがって、それをLINEでそのまま投稿やシェアする時、確かに撮影者の自宅や会社などプライバシーに関する重要な位置情報が漏洩する懸念があります。

写真の位置情報

この意識を持つのはいいですが、実はLINEをはじめ、Twitter、Instagramなど主要なSNSはユーザーの個人情報を保護するために、アプリに投稿された写真の位置情報を自動的に削除するようにします。それで、あまり心配しなくてもいいです。ただし、写真や動画にある特徴的な建物や案内標識などで現在地が知られる恐れがありますが、プライバシーに関する位置で撮った写真をアップロードする前に、一応気をつけたほうがいいです。

位置情報を送っても追跡できない

また、トークやタイムラインで共有された位置情報で相手や不特定多数に自分の位置が特定して追跡される問題を不安視する人もいます。でも、そもそもLINEでの位置情報は送信時点の選定された場所のみ発送されますが、その位置情報が自動更新されません。つまり、送信された位置を通じて送信者の動きを追跡することはできません。

トークで位置情報発送

同時に、グループやタイムラインに位置情報を送っても、これを見ることができるのはそこにいるメンバーのみですが、不特定多数に漏れることはありません。そのため、位置情報を共有する機能を安心で利用してください。

質問2.LINEで位置情報が検索できない、またはズレた時どうすればいいのか?

いくつの原因でLINEの位置情報がうまく機能しないことがあります。以下の方法に従って対処してみましょう。

位置情報機能の状態を確認する

LINEの位置情報機能を使用したいなら、スマホとLINEアプリの「位置情報取得」をオンと設定する必要があります。エラーが発生する時、まずはもう一度これを確認してください。すでにオンと設定した場合、更新させるために一応オフにして再度オンに戻してみましょう。

位置情報をオンとする

<位置情報取得をオンと設定する方法>

iPhoneの場合:「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→スイッチオン→位置情報の利用中アプリ一覧にあるLINE→「常に」

LINEの場合:「ホーム」→右上の「設定」→「プライバシー管理」→「情報の提供」→「位置情報の取得を許可」→スイッチオン

電波状態をチェックする

インターネット環境もLINEの位置情報機能を影響します。トンネルの中や高層ビルの間、樹木の間などの場所で、GPSの電波は正常に受信できないので、モバイル通信を使用している場合はこれらの場所を離れて再度試みてください。

iPhoneのインターネット環境

また、Wi-Fiを使用している場合は、接続のエラーを避けるために、Wi-Fiモードを再起動したり、異なるネットワークに繋がったりしてみましょう。

検索ワードを修正する

LINEで位置情報を送信する時、検索できるワードはスポット名や施設名、市町村名などです。目的地が検索できない場合は、入力したワードは誤字脱字がないかをもう一度確認して修正しましょう。ローマ字と仮名を変換して検索することもお勧めします。

もし共有したい場所は直接的に検索できなければ、近くのスポットを選定して、2本指で地図を拡大してピンを修正することもできます。

LINEアプリまたはスマホを再起動する

一時的なエラーが発生する時、大体の問題はこれで解決できます。上記の方法を使ってもLINEの位置情報はまだうまく機能しない場合、LINEアプリやスマホ本体の調子が悪くなったからかもしれません。それでは、この万能法を試みましょう。

質問3.LINEで自分の現在地を隠したいが、位置情報を偽装することは可能か?

ラインのトークやノート、タイムラインで位置情報を共有することができます。相手が現在地を問う時プライバシーを守りたかったり、友達にいたずらをしたかったりする時、ユーザーは居場所を偽装する必要があります。

今は様々な位置偽装ツールのおかげでこれが実現できます。ここではそのうちの一つ、「iMyFone AnyTo」を紹介したいです。このソフトはただワンクリックでスマホの位置をあなたの好きなところに移動でき、偽の現在地情報が作れます。さらに、無料ダウンロードできるので、購入する前に試用できる点はいいです。

AnyTo iPhone位置情報変更

DL数1,000,000回突破

AnyToの主な機能はこちらです:

  • 脱獄を使わずに位置情報を偽装(変更): GPS位置情報をごまかします。GPSにアクセスを要求するアプリケーションは、ご入力した場所を信用します。スマートフォンが使えなくなったり疑わしいパッケージをインストールすることはありません。
  • カスタマイズされた速度に動きをシュミレートできる: 例えばポケモンGOのような、歩くことを要求するゲームを持っている場合、移動速度を基に歩くルートを設定できます。つまりポケモンGOの卵を孵化させるために、外を歩き回らなくてもよいのです。

位置情報を偽装する具体的な手順は以下となります。

① お使いパソコンにAnyToをダウンロードしてインストールします。「起動する」を選択すると、アプリが起動します。その後、USBケーブルでスマホをパソコンに繋ぎ、画面にある「スタート」をクリックしてください。

AnyToを起動する

② 読み込みの地図画面の右上にある「瞬間移動モード」(三つ目)をクリックします。マウスのスクロールで地図を拡大・縮小して目的地が選択できます。また、左上の窓で直接的に住所情報を入力して検索することも可能です。

位置を選択する

③ 目的地を選定すると、サイドバーがポップアップで表示される。「移動」をクリックして、スマホの位置情報が変更完了します。LINEで位置情報を共有する時、現在地はその地図上と同じような変更された位置ができました。

位置が変更された

最後に

この記事を読んだ後、皆さんのLINEの位置情報に関する困ったことが少し解決されられば幸いです。LINEで個人情報を漏れることは極めて少数ですが、それを使った時不安になる必要はありません。位置情報を機能しない問題に遭遇した人は、紹介された対応策を試みてください。もしこの機能をより活用したければ、ぜひ「iMyFone AnyTo」をダウンロードしよう!