あなたが友達と深夜に外出しているかどうか、安全対策として、常に自分の位置情報を恋人に送信しておくこともできます。ここでは、iMessageやGoogle Maps、Facebook Messengerなどのアプリで位置情報を共有する方法をご紹介します。

メッセージで位置情報を共有

Part1 :アプリで位置情報を共有する方法

位置情報を共有する前に、まず「位置情報」をオンにしてください。「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」と進み、オンにするだけです。

1.1. iMessageのみ使う

道に迷ったときなど、友人や家族とすぐに現在地を共有したい場合があると思います。そのような場合、Appleのデバイスに内蔵されている機能を使って、位置情報を送信することができます。

ステップ1:iMessageを開き、位置情報共有したい相手の名前をタップします。

ステップ2:「現在地を送信」をタップすると位置情報を相手を送ります。

メッセージの位置情報を送信

こうすると簡単に位置情報を相手に送ることができます。

何回も相手に位置情報を送るのが面倒だと、ずっと位置情報を共有したい場合、または今動いている場合、位置情報を変更しながら相手に共有したい場合、以下の位置情報を共有する方法があります。

具体的な位置情報を共有する方法

ステップ1:同じく相手の名前をタップして、「位置情報を共有」をタップします。

ステップ2:次に共有時間を選択して「一時間」、「明け方まで」「無期限」三つ選択できます。

メッセージの位置情報を共有

携帯電話が手元にない場合や、自分の位置情報をいちいち更新するのが面倒な場合などに役立ちます。ご家族や恋人も、あなたの現在地をすぐに把握することができます。

1.2. Google Mapsと一緒に使う

もう一つの方法として、メッセージでGoogleマップを利用して位置情報を共有することです。

Google Mapsを利用しながら位置情報を共有する手順

ステップ1:メッセージを開き、トーク下部にある「A」アイコンをタップします。

ステップ2:右にスワイプして、Googleマップを選択します。

ステップ3:現在地の共有時間を選択してから、マップをタップします。

ステップ4:最後に緑色の矢印をタップすると共有完成です。

Google Maps メッセージで位置情報を共有

Part2:iMessageの位置情報を偽装する方法

たまに何らかの理由で、他人に真の位置情報を知られたくないのに、位置情報を送信しなければいけない場合があるでしょう。こんな時、iMessage(メッセージ)でもほかのSNSアプリでも併用できる位置偽装の方法は「AnyTo」を利用することです。

AnyTo
  • fraction icon
  • fraction icon
  • fraction icon
  • fraction icon
  • fraction icon
レビュー
  • 世界のどこにでもワンクリックで位置情報変更が可能
  • カスタマイズルートを作成し、本当の人が動くみたいで移動可能
  • ARゲーム、SNSなどの位置情報を活用するアプリで利用可能
  • ジョイステックで移動中でも位置方向を変更
  • すべてのiOS/Androidデバイスと互換性がある
無料ダウンロード 無料ダウンロード

位置情報を変更する手順

Step 1.AnyToをPCにインストールして、起動し、画面の指示に従ってiPhoneまたはAndroid端末をPCに接続する

AnyToを起動する

Step 2.画面の右上にあるメニューバーの左から4番目の「テレポートモード」を選択する。AnyToに表示される地図をドラッグ&ズームして、仮想ルートの経由地を選択する

テレポートモードを選択する

Step 3.目的地を選択したら、移動ボタンを押す

たったこれだけで簡単に位置変更できます。自分の位置情報を好きなところまで変更して、相手に共有できます。


結論

iMessageやさまざまなアプリで位置情報を共有したい場合でも、これらのオプションはすべて利用可能です。さらに、「iMyFone AnyTo」を使えば、さらに便利になるでしょう。プライベートに安全だし、GPS上で世界旅行できます。ほかにもポケモンGOなどの人気ARゲームも家に入ても遊べます。今すぐ無料版を試してみましょう。