現在のアプリはiPhoneの容量を大量に消費しますので、多くのアプリをインストールすると、iPhoneのストレージ容量が制限に達しやすくなり、悪い影響を与える可能性があります。

アプリを一つずつ削除するのは面倒です。そこで今回はiPhoneのアプリをまとめて削除する効率かつ簡単な方法を紹介します。

iPhoneでアプリを削除するとどうなる?

アプリを削除した後、iPhoneのストレージ空き容量を増やし可能です。アプリを削除しても、ユーザーが購入されている内容は残りますので、再びダウンロードを行ってログインすることで引き続きご利用いただけます。購入済みの有料アプリも、いつでも無料で再インストールできるので、ご安心ください。

【カンタン】iPhoneのアプリを一括削除する方法

手動でアプリを個別に削除したら、かなり時間がかかります。iMyFone Umate ProはiPhoneのすべてのアプリを一括削除するのに役立ちます。このサービスは無料で使えて、各アプリが占有しているメモリをプレビュー可能です。

ただし、削除されたAppは再インストール可能ですが、その前のデータが保存されません。したがって、Appを削除する前に、アプリ内の大事なデータのバックアップをお勧めします。アプリをまとめて削除するには、下記の手順にご参照ください。

ステップ1:パソコンでiMyFone Umata Proをダウンロードして、インストールしてください。

無料で試す無料で試す

ステップ2:お使いのデバイスをPCに繋がって、ソフトのホーム画面で「アプリ」オプションをクリックしてから、デバイスのスキャンを始めます。

アプリ 検出

ステップ3:iPhoneのすべてのアプリが検出され、下の図のように一覧表示します。左上の「すべて選択」オプションをクリックしてから、「削除」をクリックすると、すべてアプリを一括削除できます。

iphone アプリ 一括削除

TIPS:iPhoneでアプリを一つずつ削除する方法

上記の方法に加えて、iPhoneでアプリを個別に削除する2つの方法も紹介します。 とても簡単ですが、ちょっと手間がかかります。

1クイックアクションからアプリを削除

iPhoneのホーム画面上で、削除したいアプリのアイコンを押して、クイックアクションメニューが表示されるたら、「Appを削除」をタップします。そして確認メッセージで「削除」を選択すると、アプリが削除されます。

iphone アプリ アンインストール

2xマークでiPhoneのアプリをアンインストール

いずれかのアプリをプルプル震え始めるまでに長押します。全てのアプリアイコンの左上にxマークを表示しますので、アンインストールしたいアプリの「x」をタップしてから、確認メッセージで「削除」を選択すると、アプリがアンインストールされます。

アプリ アンインストール

終わりに

iPhoneのアプリを削除する3つの方法を紹介しました。不要なアプリを一括削除することで、iPhoneのストレージ容量を節約できます。ただし、アプリを削除する前に、データのバックアップを忘れないようにしてください。

無料で試す無料で試す