一般的に、iPhone端末自体の「設定」から「すべてのコンテンツと設定を消去」を実行すれば、簡単にiPhoneを初期化できます。ただし、iOSのトラブルやデバイス自体の不具合で、iPhoneが操作できない状態になり、デバイス本体で初期化することが場合はあります。その時は、iTunesを使って、iPhone強制的に初期化するのは、一番普通に使われる方法です。

さて、ここでは、iTunesを使ってiPhoneを初期化する方法について、詳しく説明いたします。

iTunesの初期化はどのように機能しますか?

iTunesの初期化は、iPhoneにあるすべてのデータと設定を削除して、デバイスを出荷状態に戻すことです。(注:OSは最新のiOSバージョンにアップデートしてくれます。)

下記のソリューションは、iPhone 12 / 11 / X / 8 / 7 / SE / 6s / 6 / 5 / 4 以外、iPad全モデル、iPod touch全モデルにも適用します。

iTunesを使ってiPhoneを初期化する手順

iTunesでは、iPhoneのバックアップ、アップデート、復元など、多数の操作を実行できます。iTunesでiPhoneを初期化するには以下の手順通りにやってみてください。

ステップ1:パソコンまたはMacでiTunesを起動して、USBケーブルでiPhoneと接続してください。

ステップ2:認識が完全したら、iTunesの左上にiPhoneのアイコンが出てきます。それをクリックして「概要」に移動します。

iPhoneのアイコンをクリック

ステップ3:画面の右に、「iPhoneを復元」をクリックしましょう。

iTunes iPhoneを復元

ステップ4:”初期化”をもう一度押して確認してください。そしたらiTunesは皆さんのデバイスのデータを削除し初期化してくれます。

iTunesでiPhoneを初期化

注:iTunesでデバイスを初期化するのはすべてのデータが永久的に消えたわけではありません。iTunesで削除されたデータはまた復元することが可能です。つまりその後そのデバイスを使っている人はまだ皆さんのプライベートデータにアクセスすることが可能です。

iTunesより簡単!3ステップでiPhoneを永久に初期化する方法

アップルユーザーならわかると思うのですが、iTunesは使いづらい、不安定でよくエラーが出てくることがあります。また、iPhoneがリカバリーモードになったり、リンゴループにはまったりしたときなどは、iTunesに認識されないためiTunesで初期化できないケースも時々見られます。iTunesを使いたくない、または使えない時は、より簡単便利で安定な代替策があります。

一方、初期化後、他の誰かがiPhoneを復元して再度アクセスできるなら、iPhoneを初期化しても意味がありません。データを復元されるのを防ぐには「iMyFone Umate Pro」で完全に初期化することをお勧めします。

Umate Proは、優秀なiPhoneデータ消去ツールであり、100%復元不可能なデータ消去能力で絶対的なプライバシーを保証します。このソフトでデバイスを初期化すれば、そのデータは確実に消えます。

無料で試す無料で試す

データ復元ができないよう、iPhoneを完全的に初期化する手順:

ステップ1:Umate Proを起動して、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続しまましょう。

iPhoneをパソコンに接続

ステップ2:メイン画面から「すべてのデータを消去」を選択して、「消去」をクリックします。

すべてのデータを消去

ステップ3:その後削除の確認が求められるボックスが表示されますので、「削除」を入力してアクションを確認します。そして「今すぐ消去」ボタンをクリックすれば、iPhoneのすべてのデータが消去され、完全に初期化されます。

iPhoneのデータを消去

注:デバイスにバッキング情報が保存されている場合は、”今すぐ消去”をクリックする前に、”セキュリティレベル”をクリックして”高レベル”を選択しましょう。そうすれば一番安全に皆さんのセンシティブデータを守れます。

Umate Proの他の素晴らしい機能:

  • iPhoneのすべてのデータを消去して初期化することができる他に、一部のデータのみを選んで復元することができます。
  • 過去に削除したiPhoneのデータを見つけ出してそれを二度と復元できないように消去することができます。
  • メッセージ、連絡先、写真、動画、インターネット履歴、検索履歴、LINE / WhatsApp / WeChat / Viber / Kikなどすべてのデータが消去可能です。
  • Umate Proを使用すると、Snapchat、Facebook、Chrome、Twitter、Instagramなど、サードパーティのアプリ体験が保証されます。
  • iPhoneから無料で無駄なジャンクファイル、キャッシュ、ログ、破損したファイル、一時ファイルなどを1クリックでクリーンアップすることができます。

iPhoneを初期化する前にやっておくべきこと

iPhoneを初期化する前に、iPhoneがバックアップされているかを確認してください。特にiPhoneに後で取り戻したい重要なデータがある場合はバックアップを取ってください。

iTunesでiPhoneをバックアップする

iTunesでiPhoneをバックアップするには、パソコンまたはMacにオケーブルでデバイスを接続して、iTunesの概要画面で「今すぐバックアップ」をスリックするだけです。そうすればバックアップが開始されます。

バックアップが完了したら、「今すぐバックアップ」ボタンの下に最新のバックアップが表示されます。

iTunesでiPhoneをバックアップ

バックアップがないiPhoneを消去した時どうすればいいですか

バックアップをせずにiPhoneのデータを削除した場合、まずは焦らないでください。気付いてないだけで既にバックアップされている可能性はまだあります。

確認するには、「設定」>「ユーザー名」>「iClod」>「iCloudバックアップ」をタップして、バックアップ機能がオンになっているか確認してください。オンの場合は、iPhoneが充電され、ロックされ、Wi-Fiに接続されてると自動的にバックアップが作成されるため、簡単にデータを復元できます。

まとめ

以上は、iTunesを使ってiPhoneを初期化する方法と、iTunes以外の初期化手段です。優れた代替ツールiMyFone Umate Proを利用すると、iTunesの代わりに簡単にiPhoneを強制初期化することが可能だけではなく、データの紹介やストレージ最適化、プライバシー保護などにも役立ちますので、いざという時は、この優秀なデータ消去ソフトUmate Proにお任せください。成功率が高く操作も簡単で、初心者に最適です。

無料で試す無料で試す