通常は、さまざまな原因により、iPadから貴重なデータが失われることがあります。例えば、誤って削除したり、ウイルス攻撃されたり、おまけにデバイスの破損、脱獄失敗、iOS 14のアップデート失敗などで、データが消えてしまうことが多い。そのため、定期的にバックアップを作成するのは不可欠に決まっているのでしょうか。

アップル社は、バックアップを作成するためのiCloudサービスを提供していて、特にすべてのコンテンツのバックアップを取るのはかなり便利です。もし、何らかの理由でiPadのデータを失ったら、iCloudで定期的にバックアップを作成した場合は、本文は簡単な手順でiCloudから写真を復元済む2つの完璧な方法を説明致します。お助けになれば幸いです。

1.iPadでiCloudバックアップからデータ復元するメリット

iCloudの魅力は、上記の書き通りを示すように、iCloud.comの最近削除した項目からデータを復元できるとこ。つい最近のデータを削除してしまったら、iCloud.comにログインしてそれを取り戻すことが可能です。すごく便宜です。

写真の復元を例としてご説明致します。

1.iCloudでサインイン後のメニュー画面から「写真」を選択します。

2.左側のライブラリにある「最近削除した項目」をクリックして、最近削除された写真がの一覧が表示され、確認できます。

3.利用可能な写真から、取り戻したいファイルにマークを付けて、「復元する」ボタンをクリックします。

iCloudでのバックアップを探す

iCloud 最近削除した写真

ご注意:この方法は、最近削除された写真(最大30日間)にのみ適用します。

データの一部を復元しておけば良いが、すべてのコンテンツを復元したい場合は、ほかの手続きを行います。どうぞ見続けてください。

2.iCloudバックアップからiPadにデータを復元する手順

復元詳細を極める説明

もし、事前にiPadはiCloudでのバックアップ取っておけば、公式的にiCloudのバックアップからデータをiPadに復元できます。

1.iPadの設定を開きます。

2.図例の「設定」>「一般」> 「リセット」> 「すべてのコンテンツと設定を消去」の順に選択して、iPhoneを完全リセット(初期化)します。

3.リセット完了したらiPadを再開して、そこで画面の指示に従って初期セットアップを行います。

4.「iPadを設定」>「iCloudバックアップから復元」をタップし、iCloudにApple IDでサインインし、利用可能なバックアップ一覧から一つを選択して復元をしに行きます。

iPadをリセットする

iPadでiCloudバックアップから復元を設定

ご注意

  • 公式的な方法は、特定の項目を選択して復元することはできません。
  • すべてのデータと設定は上書きされて消去されます。したがって、iCloudバックアップから復元する前に、事前にもう一度iPadをバックアップしておくことをお勧めします。また、復元中にWi-Fiとの接続を切断してはいけません。
  • 以上に戸惑う方々がいらしゃるかもしれませんが、理解不能の方どうぞHPでのiCloudユーザガイドご覧ください。

3.行う際に生じるトラブルに対してどうする?

iCloudのバックアップからデータを復元不能?!

予防できるご注意

  • データを抹消する前に、iPadはWindowsパソコン或いはMacに同期していたことを確認してください。同期していない場合、失敗します。
  • iPad上の既存のデータを上書きします。
  • バックアップファイル内のデータはプレビューできないため、復元したいデータが中に入っていない可能性もあります。

万が一、iPadでiCloudから復元効能が無効になれば、例えリンゴループの問題が生じたら、やむを得ない場合は、「リカバリーモード」でiPadを復元するしかないのか。それで、もう一度やり直しなければならないのか。お手数ですが、他にどうすれば無難で回復しますか。

4.リセットせずに専門ツールを用いて簡単に素早く解決!

初期化せずにiPhoneの写真のみをiCloudから自由に復元したい場合は、iOSデータ復元ソフトiMyFone D-Backをお勧め致します!

公式の方法では、iPhoneを初期化(リセット)しないとデータをiCloudから復元することができませんので、他のデータが紛失してしまうかもしれません。いま便宜上、公式的な方法の弱点を回避する上で、iPhoneを初期化しなくてもデータをiCloudから直接取得する方法をご紹介します。下記の簡単な手順に従うだけで十分です。

iMyFone D-Back - iPhoneデータリカバリーを利用すると、デバイス内のデータが上書きされることなく、iCloudバックアップ内のすべてのコンテンツを簡単に取得できます。削除した連絡先とも、メッセージ、ビデオやボイスメモなど、さまざまなデータをiCloudバックアップ、iTunesバックアップ、またはiPhone本体から自由かつ簡単に復元できます。我が社の製品は高機能性と高復旧率で世界中から大変好評を博し、Cultofmac.comなど多くの業界権威メディアからの信頼も得ています。

データ復元ソフト

800万以上のダウンロード

D-Backは一体何を優れているのか:

  • 人気の多機能:iPad/iPhoneを共に対し、誤って削除または紛失したデータをiCloudバックアップから数分以内に復元可能です。
  • プレビュー可能:復元する前にiCloudバックアップ内の各項目を無料で確認することができます。
  • 復元する恐れない:既存のデータを上書きされることなく、影響を与えないく、iCloudから選択的に項目のみを復元することができます。
  • 公式方法より自由:3つのモードでバックアップからご希望のデータだけを復元することができます。
  • 適応フォーマット:WindowsとMacの両方にも使用できるツールです。

専門回復ソフトを使ってiCloudからデータを復元する対策

ステップ1.本ソフトで画面での「iCloudバックアップから回復」を選び、Apple IDとパスワードを入力して、iCloudに登録します。

iCloudにサインイン

ステップ2.出来上がったバックアップリストから一つ指定して「次へ」をクリックします。ご希望ののファイル種類を選択して、「スキャン」をし続きます。

復元するデータを選択

ステップ3.スキャン済むと、検索結果はすべてインターフェース上で表示されます。復元したいデータを選択して、「復元」をします。

iCloudからお好きなデータを復元

初めて利用するなら、保存先フォルダを指定したあと、プロセスの完了済みまで待つだけです。そしてフォルダを参照して、iCloudバックアップファイルから抽出されたデータを確認できます。

終わりに

誤って削除やiOSアップデート失敗、iOS不具合などによりiPhoneの写真を失われたときに、上記の方法を使ってiCloudからデータを取り戻すことができます。特にiPhoneデータ復元専門家iMyFone D-Backを利用すると、デバイスの初期化やデータの上書きで他のデータが消えてしまうこともなく、データをプレビューして必要なものだけを復元可能なので、ぜひお試しください。

これで、「公式より優れるデータ復元方法!iPadでiCloudバックアップから」の解説を終わります。いかがでしょうか、試用版が無料でございますので、皆さん是非一度体験してみてください。お買い物として各位に申し上げます。