iPhoneは利便であるだけに備わっているデータも多く、機種変更アカウントの引き継ぎなどの際にデータの復元に手間取ってしまうことも珍しくありません。一見簡単そうに見える引き継ぎですが、iPhoneの引き継ぎに失敗してしまうトラブルが増えていることをご存知でしょうか。

今回は、プロな専門復元ソフトを紹介し、iPhoneの最新機種ならではのデータ移行で失敗した時も対処法を解説します。

1. 【iPhone】機種変更の時に生じたトラブル

iPhoneのデータ引き継ぎ失敗は、事前の準備不足によるものが多いです。バックアップをとっていなかったばかりに、以前のデータが全て消えてしまうケースも決して少なくありません。

また、機種変更する前にバックアップをとろうと思っていても、普段からバックアップをとる習慣がない人にとっては、つい忘れてしまうことがあります。機種変更までの間に、いつiPhoneにトラブルが起きるかわかりません。

多くの重要なデータが入っているiPhoneの引き継ぎを失敗してしまうと、様々な場面で困ることになります。もしかしたら、

  • せっかくレベルを上げていたのにゲームのデータが全部消えてしまった
  • アドレス帳が消えてしまい知人に連絡がとれない
  • 事前にやるべきことを知らず、LINEのデータが消えてしまった

こういったトラブルは、iPhone本代の原因を除いて、事前の準備ができていなかったために起こっているのでしょう。

機種変更について

iPhoneの機種変更でデータ移行を行う場合、従来のデータ移行方法により、iCloud又はiTunesにデータのバックアップをとり、そのデータを新しいiPhone本体に復元します。

2019年7月に公開されたiOS 12.4以降は、クイックスタートでiPhoneの移行機能(全てのデータを移行可能)を使うことができるようになりました。これで、三つのデメリットとメリットをまとめて紹介致します。

iPhoneのデータを転送する方法をまとめ

1.1. クイックスタートでデータ移行する際に失敗した理由

クイックスタートでiPhoneのデータを直接送る方法【iOS 12.4 以降】

実際にクイックスタートという引継ぎ方法は、思った完璧より単なる理想的妄想に過ぎません。

iPhone種類をまとめる

グーグルで検索ボリュームによって、クイックスタートによりデータ転送する際に全く順調とは言えません。

iPhone種類をまとめる

メモ:

主な原因は、「クイックスタートがいつまでたっても始まらない」とか、「旧iPhoneが途中でバッテリー切れ」とか、或いは「新iPhoneのストレージ容量不足」などでエラーを招きます。ご注意ください。

1.2. iTunesでデータ移行する際に失敗した理由

iTunesでiPhoneのデータを直接送る方法【iOS 12.4 以降】

問題点

  • iOSのバージョンが低いと表示される
  • エラーが起きたという警告が表示される
  • ディスク容量が不足しているという警告が表示される
  • バックアップが破損しているか互換性がないという警告が表示される

1.3. iCloudでデータ移行する際に失敗した理由

iCloudでiPhoneのデータを直接送る方法

問題点

  • iCloud ストレージが不足しているという警告が表示される
  • 前回のバックアップが完成しなかったというメッセージが表示される
  • iCloud バックアップに思いのほか時間がかかる場合
  • iCloud バックアップのオプションがグレイ表示される場合
  • iCloud バックアップから復元できない場合

1.4. 三つのメリット・デメリットをまとめ


メリット デメリット
クイックスタート
  • パソコンなどは不要
  • 事前にバックアップデータを作ったり、Wi-Fiに繋げたりする作業が不要
  • どれだけ大容量であっても無料でデータを移行できる
  • 移行そのものに時間がかかること
  • iPhoneの容量を事前に確認すべきこと
  • iTunes
  • 好きなタイミングでバックアップできる
  • 一般的に操作が簡単で、初心者でもすぐに編集できる
  • クラウドに出力可能、より活用できる
  • パソコンのOSによって使えない可能がある。アップロードと処理は少し遅い
  • 手動の同期がめんどくさい
  • データの上書き
  • データの損害や、プライバシー漏洩の恐れがある
  • iCloud
  • パソコンが要らない
  • 自動的にバックアップをとってくれる
  • クラウドに出力可能、より活用できる
  • 事前に登録すること
  • インターネット環境に依頼して、制限が多い
  • 膨大な時間をかかる
  • 月額の費用がかかる
  • パソコンのCDデータは保存できない
  • データの上書き、データの損失や、プライバシー漏洩の恐れがある
  • 2. もう失敗しない!iPhoneのデータ回復ソフトで対処しよう

    従来のiCloudやiTunesでバックアップをとってから復元するやり方がよく分からない方や面倒に感じる方は、データ移行がしやすいというメリットが欲しいんでしょう。

    そいう場合にもiOSデータ復元ソフトiMyFone D-Backを推薦します!

    iMyFone D-Back

    iOSデバイスとiTunes/iCloudバックアップからデータの復元

    「iMyFone D-Back」を使って、データ移行できないiPhoneのデータを取り出せます。完璧に公式的な方法のデメリットを安全に回避できます。このソフトは信頼できて、直接iPhone本代をスキャンし、データを取り出すこともでき、iOSデバイスとiTunesやiCloudのバックアップファイルからデータを復活させる方法もあります。

    さて!「D-Back」の魅力をご覧ください。

    専門特徴:

    • 直接にiOSデバイスから簡単に復元でき、並びにバックアップのない、隠すデータでも復元可能!
    • iTunesやiCloudのバックアップファイルからデータを復旧できる!
    • 従来の方法より早いより自由!バックアップからお選択のデータだけを復元できる。
    • 回復してもiPhoneの既存データへの上書きする恐れが一切ありません。

    下記の無料版先にをダウンロードして試してみましょう!

    機種変更の際にバックアップの有無に関係ない!iPhoneの既存のデータを移行したい際にこの秘密ツールを使うのがお勧めです。写真や連絡先を含む18種類以上のデータを対応しています、初心者に優しい!機種変更の際に、まず無料試用版をダウンロードして、復元したいデータ及び隠すデータを安全に読み込んでください。

    復元手法一覧

    さらに大人気のデータ復元ツールでiPhoneのデータを取り出す手順を紹介致します。

    1ソフトを開く

    iOSデバイスからりかばりーする

    スマホをPCに接続し、画面での「iOSデバイスからリカバリーする」を選んで、「開始」を押してください。

    2復元したい種類を選択する

    すべての種類を選択

    回復したいファイルの種類一覧表で、復元したい種類を選びます。ここで、「すべて」にチェックが入れるだけでもよいです。そして「スキャン」をタップして続行します。

    3復元したいデータを選ぶ

    すべてのファイルを選択

    完了済み後、結果一覧表から復元したいファイルを選んで「リカバリーする」をクリックし、PCに保存し、しっかり確認した上で新しいiPhoneにデータ移行をし続きます。

    PS.「削除されたファイルのみ表示」をクリックすれば結果を絞ることができます!

    以上で完了済みます。僅か数分で完全に移行のデータを取り出し、新しいiPhoneに引継ぎをしてもデータは安全です。なんと便利でしょう。

    メモ:

    ※ 本ツールの「iTunesから復元する」と「iCloudから復元する」の操作で全データも取り戻せます!従来の回復法と比べて、より解決できる対処法はD-Backだと決まっています。これからデータ回復はより便利より簡単!

    終わりに

    iPhoneの機種を変更すると同時に必要となるのが、データの引き継ぎです。途中でエラーが起こったら、迅速に適切な対処をするとiPhoneのデータを復旧できる確率も高まります。

    問題に会う際に「iMyFone D-Back」を実際にご利用の仕方をお勧めです!我が社が長年培ったデータ回復に関わる技術力を最大限に活かして、ソフトは業界では効果的で、早速本文のように試用版でお機種変更のiPhoneを復元してみてください。