うっかり写真を消してしまうということは、世界中の皆で直面している難題であり、iPhoneユーザーに大事を招き、酷い影響を及ぼしています。

iPhoneの故障やトラブルがあった際には、症状と原因を特定し、正しい対処をとることで、安全にデータを取り戻すことが可能です。 というわけで本文はiPhone写真が消えるトラブルについて、原因・注意点・写真の復旧方法をひとつずつ解説していきます。倶に無料体験のデータ復元専門家「iMyFone D-Back」を推薦いたします。トラブルが発生してiPhoneの写真を元に戻したいという方はもう迷わずに、参考にしてみてください。

1.iPhoneの写真・動画が消えてしまた原因について

はじめに、よくあるiPhoneの写真が消えてしまうトラブル4つについてご紹介します。これらを参考に、ご自身のiPhoneの障害状況を確認してみましょう。

1誤削除

日常的に写真を整理してストレージを解放する為、つい大切な写真を知らない間にいくつかを削除してしまい、というケースが少なくありません。加えてユーザーの大半はバックアップをとる習慣をついていない所為で、残念ながらあきらめるしかありません。

2iTunes・iCloudバックアップから復元する際に上書きされる

iTunesでiPhoneのバックアップからデータを復元する場合には、基本的にすべてのコンテンツを上書きします。iCloud使用規約のバックアップの項目には、最新3件を保存すると書かれていて、それを超えた場合は上書きされるということです。両方ともに長い作業を必要としております。

3サードパーティ製アプリ・ソフトによる不具合

サードパーティ製品について、例えばPCでiPhoneデータ管理ソフトを利用する時に、写真を整理しようと思って不注意に写真を紛失してしまうということもあります。

4エラーが表示される

iPhoneのエラーには、様々な種類があります。旧い機種でメジャーアップデート版がリリースされた直後は、不具合が発生してしまう可能性があります。主なエラーはスマホ本体(データの保存場所・種類・編集情報などを管理する仕組み)に異常が発生している場合が多いです。リンゴループやフリーズそれぞれに故障に至る確率は高くなり、直後は通常通り作動したにもかかわらず時間の経過により作動しなくなったり、またその逆の事態が発生する場合があります。

2.iPhoneの写真・動画が消えた際に注意すべきポイント

  • 誤削除、或いはiTunes・iCloudバックアップから復元する際でデータが上書きされには、専門回復ソフト使わなければ復活は不可能となります。お気になさらずにiMyFone D-Backを探しましょう。こういう状況には、短期に削除した写真を復元でき、しかも完璧に!
  • サードパーティ製ソフト、スマホ本体のエラーまたは機種変更に基づく不具合には、データは本体に残っているはずため、専門回復ソフトに認識されるかぎり、プログラムと直接接続いただければ復元可能となります。それ以外の場合は、お近くの修理センターへ専門家を探しながら修理サービスを申し込んでください。

ご注意

安全に取り出したい大切なデータがあるという場合には、まずは無料で相談・診断が可能な業者に「データを安全に取り出す方」を聞かせてみると良い。しかし、日本国内で非正規店の修理サービスが料金かなり高くて、やむを得ない場合のほかに推薦しません。

3.iPhoneの写真・動画を復元する方法まとめ

3.1 バックアップ要らない!削除したiPhoneの写真を復元

iPhoneから消えたデータを元通りに回復するため、iPhoneのデータ復旧に対応している専門業者といっても、本当に技術力がある業者を選定するのは難しいといえます。ここで最適の「解決方法」に導かせて頂きます。

iOSデータ復元ソフト「iMyFone D-Back」がお勧めです。初心者向けて簡単で、写真とビデオを含む18種類以上のデータをサポートします。前にあった問題に対して写真を復元する前に、まず無料試用版をダウンロードして、過去の隠すデータの読み込んでご覧ください。

関連記事をご参照ください:「iMyFone D-Backは無料ですか?」の答えがここに!

データ復元ソフト

800万以上のダウンロード

絶賛の機能について:

  • バックアップ不要でiPhoneから削除された写真/アプリ内の写真を復元でき、復元する前に履歴をチェックできます。
  • メモや連絡先、トーク履歴など22種類以上のデータに対応していて、iPhone、iPad、iPod touchでの隠す写真の全体を復元可能です。
  • iPhoneの既存データに上書きする恐れが一切ありません。
  • 公式の方法より自由!専門知識不要!たった3ステップで手続きを済ませます。
  • 生涯無料アップグレードで、ほぼ全てのiOS端末やiOSバージョンに対応します。

復元裏ワザ大公開

体験しやすいため、下記の動画チュートリアルで詳しい手立てをご覧ください。

iOSデバイスから写真を復元 ビデオガイド

iPhone上に見当たらない写真をスキャンするには、D-BackをダウンロードしてPCに備え、以下の順に追ってください。

ステップ1. コンピューターに接続し、iPhoneを認識させるため

iOSデバイスからリカバリーする

プログラムを起動し、画面で「iOSデバイスからリカバリーする」を選択し、「開始」をタップします。共に復元されたいiPhoneをパソコンにつなぎ、ソフトはiPhoneを認識済みまで待ちます。完了できたら「次へ」をタップして行きます。

ステップ2. 「写真」を選んで、復元をし続ける

復元したい写真の種類を選択する

回復したいファイルの種類一覧表で、復元したいデータの種類を選びます。ここで、「写真」にチェックが入れるだけでいいです。そして「スキャン」をクリックして続行します。

ステップ3. プロセスが完了する前によく待つ

復元したい写真のデータを選ぶ

スキャンが終了した上で、結果一覧表から復元したい写真をチェックしで「リカバリーする」に続き、PCに保存します。ここで「削除されたファイルのみ表示」をクリックすれば対象を絞ってご覧になれます。

以上で完了致します。ただ数分で失われデータを取り出すなんて、すごく便利でしょう。

ご注意

※ iTunesやiCloudでバックアップび有無と関係ない!「iOSデバイスから復元する」だけで失われたデータを救いできます。

※ バックアップが取っていた方もD-Backの「iTunesからリカバリーする」と「iCloudからリカバリーする」モードでより早くてデータを回復てきます。

3.2 iTunesでバックアップから削除したiPhoneの写真を復旧

さらに、iTunesで写真を復元する進め方を紹介致します。公式の復元手順はHPでのiPhone、iPad、iPod touch をバックアップから復元するのようになります。

iTunesからデータ復元

ステップ1. iTunesを開き、iTunesは最新バージョンではないかを確認して、更新に必要の場合には先にアップグレードします。

ステップ2. iPhoneをパソコンに接続して、iTunesでiPhoneを認識させます。

ステップ3. iPhoneのアイコンをクリックして、概要画面にあるバックアップ欄の「バックアップを復元」をクリックします。

ステップ4. そのまま画面指示に従って手続きが終了済むまでよく待ちます。そして写真アプリに内容を確認できます。

ご注意

  • この手法は、iPhoneはWindowsパソコン/Macに同期している限りできます。
  • iPhoneに既存のデータを間違って上書きする恐れがあります。
  • バックアップファイル内のデータはプレビューできないため、復元したいデータが中に入っていない可能性もあります。

3.3 iCloudでバックアップから写真を取り戻す

最後に、iCloudの経由で復元する術を紹介します。

iCloudからデータ復元

あらかじめiCloudストレージにバックアップを取っておくこと。

ステップ1. パソコンでiCloudを起動させ、登録します。

ステップ2. エクスプローラーウインドウを開き、「お気に入り」の下で「iCloudフォト」>「写真およびビデオをダウンロード」をクリックします。

ステップ3. 必要とする写真とビデオを選択して、「ダウンロード」をクリックします。これで、選択した写真とビデオが、iCloud の「写真オプション」で設定した場所に一括でダウンロードされます。

ステップ4. ダウンロードが済むと、パソコンの指定フォルダに写真が確認できます。

ご注意

  • この作法は、5G以上のバックアップに対して無料で行えません。
  • iPhone上の現存のデータを上書きする可能性があります。
  • バックアップファイル内のデータはプレビューできますが、Wi-Fi 接続を介して膨大な時間を要することで、エラーが生じた場合には時間を無駄にしてしまいます。

3.4 メリット・デメリットについて

判断目安 D-Back iTunes iCloud
復元率
バックアップなしで復元 × ×
iTunesバックアップから復元 復元前にプレビュー プレビュー不可 ×
iCloudバックアップから復元 復元前にプレビュー × プレビュー不可
復元オプション 選択的または完全に 完全に復元のみ 完全に復元のみ
コンピューターとの接続 必要 必要 不要
難易度 簡単 困難 困難
推奨レベル

ご注意

上記の回復法のなかで、一番優れている対処法はD-Backに決まっています。データを回復は見事に簡単です!

最も、上書きや初期化で既存のデータを消さたくない場合は、プログラムの「iCloud / iTunesバックアップからリカバリー」機能で復元したいデータを前もって確認でき、上記と同じようなプロセスでデータの復元を済ませます。

iMyFone D-Back

iOSデバイスとiTunes/iCloudバックアップからデータの復元

4.iPhoneの写真復元に関するよくあるご質問(FAQ)

1iTunesバックアップから写真を復元する際の注意点がありますか?

バックアップデータに上書きされ、ハードウェア又はエラーのせいでプロセスが遅い/終わらないことに注意して、その他、時間を費やし、データは選択的に復元できないという欠点には、専門ソフトD-Backを利用すれば無難です。

2iCloudバックアップから写真を復元する際の注意点がありますか?

上記の注意点と同様の一方で、有料なiCloudストレージプランはかなり冗費で、D-Backを利用すれば経済的に最適なソリューションとなります。

3データ復元中、iPhoneのスキャン途中で止まっていますが…

順にネットワーク、デバイスとの接続にチェックします。プロセスを終了すると、デバイスを再起動してからやり直してください。

4電源の入らないiPhoneからデータを取り出すのが可能?

iPhoneに電源が入らない場合、パソコンに認識することができるかどうかご確認ください。もし、バックアップをしたことがあるなら、バックアップから復元してみてください。関連記事の水没したiPhoneからデータを取り出す方法ご覧ください。

5なぜ無料で削除したデータを復元するのは無理ですか?

あいにくですが、業界では、iPhone、iPadなどiDevice向けに、無料のデータ復旧ソフトは存在しません。

終わりに

以上で「iPhoneで写真が復元できない」に対する方法を紹介しました。非正規の修理店の替わりに、「iMyFone D-Back」を利用のがお勧めです!

iMyFone社が幅広く持つ技術力や、専門家を含む多くのユーザーの方から高い評価を受けていて、長年培ってきたデータ回復に関するノウハウを最大限に活用することにより、プロダクトは何百万の人気を集めて有名です。試用版が提供しており、皆さんを悩みから解放して申し上げます。ぜひiPhoneデータ復元ソフトを楽にご利用ください。