Twitter(ツイッター)に写真だけではなく動画を投稿することも可能です。友達と一緒に遊んたり、日常に面白いビデオを撮ったりする時、Twitterに動画投稿すれば、より多くの人と共有し、いい思い出として保存することができます。ただし、動画の投稿についてTwitterにも制限が存在しますが、注意すべきです。

本記事では、Twitterに動画投稿する方法を詳しく紹介します。また、皆さんを順調に投稿させるために、動画のアップロード条件と対応した作り方も説明します。

Part 1:Twitterに動画投稿する方法

1.1. スマホから投稿する

スマホのTwitterアプリで動画投稿したいなら、方法は録画と撮影済み動画を分けて二つあります。手順は以下ですが、参考にしてみてください。

  • アプリで録画して投稿する
  • ステップ1:ツイートアイコンをタップして、ツイート編集の画面を開きます。そして、カメラアイコンを選択します。

    ツイッターの編集画面

    ステップ2:撮影画面で下部をスワイプして「動画」と切り替えます。赤いボタンをタップするとすぐに録画をはじめますが、もう一度ボタンを押すと録画が終わります。

    ツイッターの撮影画面

    ステップ3:録画終わったらプレビューできますが、下部にある「再撮影」で取り直すことは可能です。問題がなければ、「動画を使う」を選択し、文章の追加と右下の筆のアイコンでの動画切り取りができます。右上の「ツイートする」をタップすれば投稿完了です。

    ツイートの画面

  • スマホから撮影済み動画をインポートする
  • ステップ1:同じくツイート編集の画面を開きます。スマホのアルバムに保存されている最近の動画がサムネイル画像として表示されるので、直接的に選べます。または、写真アイコンをタップして、スマホの中の動画を選びます。

    スマスから動画を選択する

    ステップ2:選定したら動画のプレビューと切り取りができます。右上の「切り取り」または「完了」をタップして、後の文章追加とツイートは先ほどと同じです。

    動画の切り取り

    1.2. パソコンから投稿する

    パソコンから動画を投稿方法はスマホ投稿の二番目と似ています。

    ステップ1:ホームの上部にある写真アイコンをクリックして、パソコン内の動画ファイルを選択します。

    ツイッターサイトで動画を投稿する

    ステップ2:選定したら動画のプレビューができますが、切り取りができません。そして、文章追加と予約設定が可能ですが、「ツイートする」をクリックしたら投稿完了です。

    ツイッターサイトの動画投稿設定

    Part 2:動画のアップロード条件

    Twitterに成功に動画投稿するために、動画の時間や容量などの条件に従う必要があります。そうしなければ、「互換性がありません」と提示され、アップロード失敗です。次の条件を参考にして、気をつけましょう!

    【長さ】2分20秒間以内です。ただし、アプリの録画機能でアップロードする場合、動画は最大59秒です。

    【サイズ】最大512MBです。

    【形式】アプリではMP4とMOV、ブラウザではMP4(H264形式、AACオーディオ)をサポートしています。

    【画質】最小解像度は32 x 32、最大解像度は1920 x 1200(および1200 x 1900)で、アスペクト比は1 : 2.39~2.39 : 1の範囲(上下限値を含む)です。また、最大フレームレートは40fps、最大ビットレートは25Mbpsです。

    Part 3:条件に満たす動画の作り方

    Twitterにパソコンから動画投稿する時、サイト内で動画の切り取りなどの調整はできませんので、あらかじめツールを利用してビデオを編集しなければなりません。今回は初心者でも簡単に使える動画編集ソフト「iMyFone Filme」を紹介したいです。

    FilmeはWindowsとMac両方でも使える優れた動画編集ソフトです。それを利用すると、簡単に動画のカット、解像度の調整、出力形式の変更などが実現できます。さらに、Filmeはflv、mov、mp4、mkvなど多様の動画コンテナ形式の入力を対応していますが、わざわざ編集したい動画のフォーマットを変換しなくても済みます。また、編集完了の動画を直接的にTwitterに出力することもできますが、とても便利です。

    Twitterの動画投稿条件に合わせて、ここでFilmeを利用して動画のカット編集と出力設定の方法を説明します。解説を分かりやすくするために、以下で用意された動画マニュアルをご覧ください。

    YouTube Video

    具体的な手順は次となります。

    ステップ1:Filmeをインストールして起動します。「メディアライブラリ」パネルまたはその下にある3つのボタンをクリックしても動画ファイルを導入します。パソコンから動画を直接的にメディアライブラリにドロップsすることも可能です。

    メディアライブラリから動画のインポート

    ステップ2:導入されたメディアファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップします。またはその動画ファイルの中央にある「+」アイコンか右クリックしたメニューかビデオをタイムラインに追加することも可能です。

    ビデオをタイムラインに追加する

    ステップ3:クリップの最初または最後をトリミングしたければ、カーソルをクリップの冒頭または最後に移動し、両矢印に変わったら左右ドラッグして長さが調整できます。

    ビデオの長さを調整する

    ステップ4:クリップをより細かくトリミングしたい場合は、青い縦線を指定箇所に移動して、上部のツールバーにある「分割」アイコンを押すと動画が二つに分割されます。そして、不要のクリップを選択し、ツールバーの「ゴミ箱」アイコンまたは右クリックして開いたメニューの「削除」を押すと、その部分の動画が削除できます。

    ビデオの分割と削除

    ステップ5:タイムラインの上部のツールバー、またはソフトの左上隅にある「出力」をクリックして出力設定画面を開きます。ローカルに出力したいビデオ形式またはTwitterでの共有が選択します。ここで動画サイズも確認できます。また、「設定」アイコンをクリックすると、動画の解像度やフレームレート、ビットレートを変更することも可能です。すべて設定したら「出力」を押すと完了です。

    ツイッターに出力する画面

    最後に

    Twitterに動画を投稿することはそんなに難しいことではありませんね。ただし、パソコンから動画投稿することは自由度が高いですが、注意しなければ動画の時間や容量はオーバーしてしまいます。その時、上記の紹介されたツール「iMyFone Filme」を利用して、条件に応じて動画を編集することは重要です。ぜひダウンロードしてTwitterの動画投稿機能をより楽しみましょう!