動画に文字を入れるのは動画編集の基本と言っても過言ではないでしょう。多彩なテキストは動画を豊かにするだけではなく、動画内容の説明や翻訳にも役立ちます。特に動画マーケティングを目指す人にあって、動画にテロップを入れることはより多くの視聴者を魅了するカギと見なします。

本記事では、初心者を向けて動画にテキストを挿入と編集する方法を紹介します。また、使用シーンに応じて各種のテキスト効果もおすすめします。

Part 1:動画にテキストを追加・削除する方法

動画編集の初心者にとって、他人の動画にあるきれいな文字を見る時、制作したくてもなんとなく手間がかかると思うでしょう。実は適切なツールを利用すれば、動画に文字を入れるのはそれほど苦労なことではありません。

数多くの動画編集ソフトのうち、今回はとても使いやすい一つ、「iMyFone Filme」を紹介したいです。このソフトには各種の文字テンプレートが搭載されましたが、初心者でもワンクリックで高級なテキスト効果を作成できます。さらに、これらの素材はタイトルやボトル字幕、テロップなど別々に分類しているし、好きなテンプレートを「お気に入り」に追加することも可能ですから、編集はより便利になっています。

テキストの挿入などの方法をより分かりやすく説明するために、動画マニュアルも用意しました。以下の動画で5:22から確認しましょう!

YouTube Video

文字で紹介すれば、手順は以下となります。

ステップ1:Filmeをインストールして起動します。左上にある「ファイル」オプションをクリックして、「メディアのインポート」の4つの方式から文字を入れたい動画ファイルをインポートします。

ファイルから動画のインポート

また、「メディアライブラリ」パネルやその下にある3つのボタンをクリックしても動画ファイルが導入できます。パソコンから動画を直接的にメディアライブラリにドロップsすることも可能です。

メディアライブラリから動画のインポート

ステップ2:上部にある「T」アイコンをクリックしてテキスト編集のページを開きます。提供されたタイトルや字幕テンプレートからお好きなものを選定したら、「+」タブか右クリックした後の「適用」をクリックして、それをタイムラインに追加します。

テキストの追加

ステップ3:追加されたテキストを削除したい時、それを右クリックして「削除」を選択すれば取り除けます。また、テキストを選定して、タイムラインの上部にあるツールバーの「削除」アイコンを押してもいいです。

テキストの削除

Part 2:追加されたテキストを編集する方法

選定された文字スタイルをタイムラインに追加した後、テキストを入力したり、効果をさらに修正したりする編集も必要です。ガイドは次のようです。

ステップ1:タイムラインにあるテキストフレームをダブルクリックしてテキスト編集パネルを開きます。または右クリックして「編集」を選択してもいいです。

テキスト編集を選ぶ

ステップ2:開いた画面で文字が入力できます。フォントやサイズ、色などを設定するのも可能です。また、プレビュー画面で文字窓をドラッグ&ドロップすれば、拡大・縮小したり、位置を変更したりすることはできます。

テキストの編集設定

ステップ3:デフォルトの効果時間は5秒ですが、タイムライン上にマウスを置くと、トラックバーをドラッグして動画に合わせて時間の長さが変更できます。

Part 3:きれいなテキスト効果のおすすめ

数多くのテキストテンプレートのうち、どんな時どのような効果を選択すればよいか困っている人もいるかもしれません。ここで、違う場面に応じてFilmeでのテキスト効果をおすすめしますが、参考にしてみてください。

3.1. 実用的な縦書きのタイトル

通常、テキストや字幕は横書きが基本です。しかし、動画の雰囲気によって伝統的な縦書きを使用する場面もあります。Filmeでは5つの縦書きタイトルのテンプレートが提供されます。お気になるものをダブルクリックしてプレビュー画面で確認した後選定すればいいです。

縦書きのテキスト

3.2. 多彩なテロップ字幕

もし動画に入れる文字は動ければ、より人目を惹きつけるはずです。Filmeで用意されたテロップのテンプレートで、文字のフェードインやフェードアウトが実現できます。また、漸層色のエフェクトもありますが、文字をよりきれいに示すことも可能です。

漸層色のテロップ

3.3. ムービー感じのスクロール

映画の最後に、通常は出演者や監督、撮影監督などのスタッフの名前を表示するクレジットが求められます。Filmeでこのようなエンドクレジットのテンプレートも搭載されます。実際に、動画最後のクレジットだけではなく、テンプレートで説明のテキストを入力してスクロール動画を作成するのもとても便利です。

エンドクレジットの効果

最後に

動画に文字を入れることは映像をより分かりやすく、視聴者を魅了するコツです。自分で一からやれば意外と時間がかかるので、テンプレート付き、使いやすい動画編集ツールを活用するのはおすすめです。また、動画の雰囲気や使う場面に合わせて適切なテキスト効果を選択するのも大切ですが、「iMyFone Filme」で上記の紹介された多様なエフェクトを確認しましょう!