お手元の写真をまとめるために、スライドショー作成は便利な方法の一つです。自分の撮った写真をムービーのように表示され、卒業式や結婚式などの場合で活用すればいい思い出を作れるはずです。

現在、スライドショーを作る需要が増えているとともに、それに対応する開発されたソフトやサイトもいっぱいあります。使える最適なツールを見つけられるために、本記事では総計7つの無料ツールとその選ぶポイントを紹介します。

Part 1.無料のスライドショー作成ソフト4選

ソフトは良い安定性と高い編集自由度などのメリットがあるので、スライドショーを作成する時よく使われます。これを好む人は以下のおすすめリストを参考にしてみてください。

1Filme

一番紹介したいソフトは人気がある「iMyFone Filme」です。直感的なインターフェースを持っているので、スライドショー作成の初心者でも簡単に操作できます。特に「ファーストビデオ」という機能は高評価です。多様なテーマに対応するテンプレートを利用して、ワンクリックで素敵なスライドショー作成できるが、すごく便利です。

Filmeでスライドショーを作成する動画マニュアル

スライドショー作り方 動画マニュアル

基本情報

  • 基礎機能:画像の繋ぎ、ズーム・パン設定、明るさ・コントラスト調整、サイズ変更、エフェクトやテキスト、エレメンツ追加、BGM挿入
  • 対応OS:Windows(Windows 10を含む)およびMac OS X(10.10以降)
  • 出力の動画形式:MP4、AVI、MOV、MPEG-1、MPEG-2、MKV、FLV、OGV
  • 言語:日本語あり
  • ホームページ:https://jp.imyfone.com/filme-video-editor/
  • 総合評価:
  • メリット

    • 動画と写真を組み合わせることができ、内容をより多様に表現するのは可能。
    • かわいいエレメンツがあり、写真の雰囲気を細かく調整でき、見栄えの画面効果が作れる。
    • ロイヤリティフリーの音楽や効果音が提供され、直接的に利用できて便利。

    2Photo Slideshow Maker Free

    「Photo Slideshow Maker Free」はWindows専用のスライドショー作成ソフトです。最大の特徴は豊富な画像の切り替え効果が用意されることで、トランジションに気になる人がそれを好むかもしれません。

    Photo Slideshow Maker Freeの操作画面

    基本情報

  • 基礎機能:トランジション効果、音楽とテキスト挿入、クリップアート追加、CDから曲の抽出
  • 対応OS:Windowsのみ
  • 出力の動画形式:サイト用のSWFのみ
  • 言語:日本語あり
  • ホームページ:https://www.anvsoft.jp/photo-flash-maker-free.html
  • 総合評価:
  • メリット

    • サイト共有ためのFlash、CD/DVDの書き込みなどに保存でき、出力形式が多様。
    • 自分の音声を入れてナレーションとすることができる。

    3Icecream Slideshow Maker

    おすすめの三番目はスライドショー作成ための基本機能が搭載される「Icecream Slideshow Maker」です。操作画面のデザインが簡潔で理解しやすいし、複雑の機能もないので、簡単に編集したい初心者に合います。また、出来たスライドショーをDVDに書き込むことができるので、コレクションの趣味がある人におすすめです。

    Icecream Slideshow Makerの操作画面

    基本情報

  • 基礎機能:スライド設定、音楽とテキスト追加、エフェクト効果
  • 対応OS:Windowsのみ
  • 出力の動画形式:WebMのみ、有料版はMP4、AVI、MOVも可能
  • 言語:日本語あり
  • ホームページ:https://icecreamapps.com/jp/Slideshow-Maker/
  • 総合評価:
  • メリット

    • 解像度が最大4kまで設定でき、ハイビジョンのスライドショーが作成可能。
    • DVDに書き込む機能があり、より活用できる。

    4Bolide Slideshow Creator

    最後は「Bolide Slideshow Creator」を推薦したいです。機能はそれほど多くではなくても簡単のスライドショー作成需要に対応するのは十分です。トランジションの効果はプレビュー表示できて実際の選択に便利です。ただし、海外のソフトでまだ日本語に対応しないので、日本語を入力すると文字化けしてしまうことは少し不足です。

    Bolide Slideshow Creatorの操作画面

    基本情報

  • 基礎機能:パン・ズーム設定、BGMとテキストの追加、トランジション効果
  • 対応OS:Windowsのみ
  • 出力の動画形式:AVI、WMV、FLV、MP4、MKV
  • 言語:多言語に対応しても日本語がサポートされない
  • ホームページ:https://slideshow-creator.com/
  • 総合評価:
  • メリット

    • 操作画面が分かりやすく、すぐ使い慣れて楽で編集することは可能。
    • 5種類の出力フォーマットが対応して、スライドショーの再生に心配する必要がない。

    Part 2.無料のスライドショー作成サイト3選

    わざとソフトをダウンロードしたくない人は、オンラインツールを使えばいいです。

    1Light MV

    「Light MV」は様々なテンプレートを利用してスライドショーを作成できるサイトです。多様な主題に対応して、家族や旅行アルバムなどを作る場合に適切です。使い方も簡単ですが、編集経験がなくても安心で操作できます。

    Light MVのホームページ画面

    基本情報

  • 基礎機能:BGMの追加、テキストの挿入
  • 出力の動画形式:MP4のみ
  • 言語:日本語あり
  • ホームページ:https://lightmv.com/jp/
  • 総合評価:
  • メリット

    • テンプレートが豊富で毎週に更新するが、適用の場合が多い。
    • 機能が簡単で、ワンクリックで素早くスライドショーを作成できる。

    Tips:

    「Light MV」で作成したスライドショーのプレビューと共有は可能ですが、ダウンロードするのは課金する必要があります。この点をご注意ください。

    2Renderforest

    紹介したい二番目のスライドショー作成オンラインツールは「Renderforest」です。サイト内でロゴの制作やウエブサイトの構築などのことも行えるが、幅広い需要が満足できます。無料版は360p画質の動画しか出力できない点は少々残念であっても、提供されるテンプレート数量が多いのは抜群のポイントです。

    Renderforestのホームページ画面

    基本情報

  • 基礎機能:BGMの追加、テキストの挿入、アスペクト比の調整
  • 出力の動画形式:MP4のみ
  • 言語:日本語あり
  • ホームページ:https://www.renderforest.com/jp/
  • 総合評価:
  • メリット

    • テンプレートの種類と数量が多いが、サイト内の分類が明確で検索しやすい。
    • 編集画面で動画と写真とも追加でき、内容が豊富。

    3Clideo Slideshow Maker

    最後のおすすめのツールは簡単に写真を繋げる「Clideo Slideshow Maker」です。ホームページでスライドショー作成の手順が説明しますが、それに従えばすぐに完成できます。さらに、これも動画と写真を一緒に組み合わせることがサポートされているが、画像だけ編集することは物足りないと思っている人にふさわしいです。

    Clideo Slideshow Makerのホームページ画面

    基本情報

  • 基礎機能:アスペクト比の調整、BGMの追加
  • 出力の動画形式:MP4、MOV、FLVなど23種類
  • 言語:多言語が対応していてもまだ日本語版はない
  • ホームページ:https://clideo.com/slideshow-maker
  • 総合評価:
  • メリット

    • YouTubeやFacebook、Instagramに対応する動画アスペクト比が提示され、SNSで共有したい人にとっては便利。
    • 出力できる動画形式が多いが、各種の再生場合にも満足できる。

    Part 3.スライドショー作成ツールを選ぶポイント

    数多くのスライドショー作成ツールは各自の特徴や機能があるが、どちらに選択すればいいのか迷っているでしょう?知っておくべきの4つの選ぶポイントを見てみよう!

    スライドショー

    1、ソフトかサイトか

    ソフトといえば、普通に豊富な編集機能が搭載されているので、より多くの画面効果が実現できます。さらに、インターネットがなくても編集可能なので自由度が高いです。ただし、ソフトの利用はPCの容量や性能などの動作環境に制限があります。

    一方、サイトの場合には、別にソフトをダウンロードしなくても済むので手間が省けるが、パソコンへの負担にもなりません。でも、利用できる機能も比較的に少なくて、写真のアップロードと処理も少し遅いという点は残念です。


    2、パソコンのOS

    ソフトを好むなら、利用するものを探す時、自分のパソコンのOSを確認するのは重要です。Windowsか、Macか、またはLinuxか、スライドショー作成ソフトは各自対応するOSがあるので、間違えば利用できません。

    また、OSが合っても古いバージョンにサポートされない場合もあるので、PCのバージョンも忘れないようにちゃんとチャックしましょう。


    3、十分な機能の有無

    単なる写真を組み合わせるだけでは素敵なスライドショーになれません。視聴者の目を引くために、エフェクトを追加したり、必要なところでテキストを入れたりすることは不可欠です。もしスライドショー作成ツールは多様なテンプレートが提供すれば、編集は一層楽にできます。良い演出効果のために、このような必要な機能を事前に確認しましょう。


    4、自分の編集力

    スライドショー作成の初心者にとって、複雑な機能は逆に余計な作業負担になる恐れがあります。ただし、プロの場合には、有限の機能で好きな効果が作れないことも物足りないです。編集途中で挫折しないように、実際の編集レベルに合わせて選択するのは大切です。


    最後に

    今回は数多くのスライドショー作成ツールを紹介しましたが、その中で皆さんが使えるものがあれば幸いです。ソフトにしてもサイトにしても、それぞれにメリットとデメリットが存在しているので、上記の選びポイントを参照しながら自分に合うものを選択すればいいです。総合的に言えば一番目の「iMyFone Filme」が最良だと思うが、迷っている人はまずこれを試みてください!