「しまった!大事なワードドキュメントを誤って削除した!」

「予期ぜぬ停電で作業中のワードが消えた!」

「ワードを保存しないまましばらく放置したらシステムが更新!入力した半日分の文章がパーに。」

まれなことだと思い込んで、昨日筆者自身も不意にデータトラブルに会いました。

オフェスの機能とWindowsの機能両方を試した結果、多数の方法は事前に設定するとか条件が付けられています。

そこで条件ないしで自動的にバックアップしてくれるのは、オフェスのバックアップ機能です。

10分を間隔に自動的にバックアップファイルを作成し、ファイルが正常に保存されたらバックアップファイルが自動的に削除されます。日常から支度すれば便利な復元機能が他にもいくつかあります。

今回、上書き・削除・保存せずに終了したワード(word)ドキュメントの復元方法をこれからご紹介いたします。

最速のソリューション⇒iMyFone AnyRecoverで即時に復元(操作方法はこちらへ)

1.ゴミ箱を確認してワードを復元

まずゴミ箱を確認してください。削除したワードがゴミ箱を経由する場合、ゴミ箱に残ったワードドキュメントを右クリックし「元に戻す」をクリックしたら簡単に復元できます。

またOneDriveに登録して自動保存をオンにしている場合、OneDriveのゴミ箱から確認してください。

ファイルを削除した後に、Windowsのゴミ箱も空にした場合(あるいはゴミ箱から再び削除)、ワードが完全削除されている可能性があります。後で紹介する一時ファイルやワード復元ソフトで復元してみてください。

2.オフェスの機能でワードを復元

ゴミ箱にご希望のワードドキュメントが残っていない場合、まずオフェスのバックアップ機能によるバックアップファイルからの復元をお勧めします。

なぜなら、オフェスのバックアップ機能は無条件で自動的に実行します。バックアップファイル名の拡張子は「.wbk」です。パソコン全体から(Windowsの検索ブックス)で「.wbk」を入力して検索します。

Tips:

バックアップファイル名の拡張子は元々「.asd」でした。Word 7.0以降では拡張子が「.wbk」に変更されました。

また、一時ファイルとして残されている「.tmp」ファイルからも復元できます。

正常に終了していない場合、一時ファイル「.tmp」が作成されます。

「.wbk」と「.tmp」ファイルと同じく、ご希望のバージョンの編集日期と時刻に一致するファイルを探してください。

当該ファイルが見つかった後、右クリックして「プログラムから開く」を選択し、「ワード」を指定して開けます。内容を確認した上で、「名前を付けて保存」で回復してたワードドキュメントを保存しましょう。

システム内蔵の機能でWORDファイルを復元するには、こちらのチュートリアル動画を参照してください:

ファイルを復元する方法

3.システムの機能でワードを復元

そして、Windows自身には、とても便利な機能が三つあります。「以前のバージョン」、「ファイルの履歴」と「復元ポイント」という個人ファイルを保護する機能であります。

ただし、「以前のバージョン」と「ファイルの履歴」機能は自ら設定した後作動するものです。

そして「復元ポイント」というのは、OSディスクが128GBを超える場合自動的に作成されます。

いずれにしても復元するには条件がかけられています。

突発的なデータトラブルより日常から慎重に扱って対応する策としてご紹介します。

(詳しい設定や復元方法はこちらの記事「Windows内蔵の復元機能」を参照してください)

紛失したワードの保存場所を知る場合、「以前のバージョン」機能で保存場所にあるファイル全体を(当該ワードが存在した時点に)復元して、当該ワードドキュメントを取り戻せます。

また、ワードが損傷・上書きされたら、「以前のバージョン」機能で正常のバージョンに復元できます。

「ファイルの履歴」機能ではワードを自動的にバックアップするよう設定できます。

そして、システム全体を過去の時点にタイムスリップすることでご希望のワードを復元できます。

4.データ復元ソフトでワード復元

上に述べた復元方法が効かない場合、ワード復元ソフトの利用をお勧めします。また至急にワードを取り戻したいなら、特定の方法を理解してから試すのではなく直にワード復元ソフトiMyFone AnyRecoverを使って復元してください。下記の手順を参照したら迅速な解決が得ら、紛失したワードをプレニューして復元できます。

iMyFone AnyRecover

  • 高い復元率:オールラウンドスキャンとディープスキャン機能の組み合わせにより、紛失したデータをすべて掘り起こし復元します。
  • 高速スキャン:独自のアルゴリズムで高速スキャンができ、たま都合に合わせてスキャンプロセスを一時停止・再開することもできます。
  • 無料スキャン・プレビュー:無料で失われたデータをスキャンし、実際に復元する前にファイルをプレビューしてデータを確認できます。
  • データセキュリティ:デバイスをデータ復元業者に預けることなく自宅でデータ復元を行え、お客様のプライバシーを保護します。

ステップ1.選択

AnyRecoverを起動して、データ復元の場所(ワードが保存された場所)を選択します。

AnyRecover 選択

ステップ2.スキャン

選択した場所をスキャンしご希望のワードドキュメントを検索しています。スキャンが終わるまでしばらくお待ちください。

AnyRecover スキャン

ステップ3.プレビュー&リカバリー

ダブルクリックしてご希望のワードをプレビューし、確認した後は「復元」をクリックしてご指定の場所に保存されます。

AnyRecover プレビュー&リカバリー

注意:

平日から色々なバックアップ方法を設定しても、完全に対応し復元できるとは保証できません。そこで、復元ソフトを予備策として利用したほうがよいです。ただし、データトラブルに遭ってからソフトをダウンロードしするのは、状況を一層 悪化 させる恐れがあります。まだ完全に消去されていないワードのデータが完全に消去されたり、新しいデータに上書きされたりして復元できなくなるケースも少なからず存在しています。

従って、事前に復元ソフトをダウンロードしインストールしたほうが最善です。

今すぐiMyFone AnyRecoverを利用して自らワードの復元を試しましょう。