「上司に頼まれて作成した資料をなくしてしまった」

「過去の業務文書を誤って削除して取り戻せなくなった」

「大切な思い出として家族との写真を失った」

など職場や日常生活にはデータを紛失する様々なシナリオがあります。そこで、Windowsならまず「ゴミ箱」を確認し、削除したデータを復元するのはよく知られていると思います。しかしながら、紛失したデータは必ずしもゴミ箱に残るとは限らないし、ゴミ箱から削除したあるいはゴミ箱を空きにした場合では復元する術が分からなくなります。

そういう難題に備え今回データ削除の仕組みやWindowsのゴミ箱からファイル復元の対処法をご紹介致します。

最速の復元ソリューション⇒iMyFone AnyRecoverで即時に復元(操作方法はこちらへ)

1.ゴミ箱経由せずに削除されたファイル

1.1 「Shift」+「Del」で完全削除の場合

「Shift」+「Del」のショートカットキーで削除することが「完全削除」と呼ばれています。これを実行すると、ゴミ箱を経由せずにデータが消えてしまいます。ということで、「Del」での通常削除、あるいは右クリックして削除するなど平日から注意をはらいながら操作したほうが万全です。

右クリックして削除

そこで、すでに完全削除されたファイルを復元したい場合、ゴミ箱から探し出して復元するのは到底不可能で、復元ソフトに頼るのが最善です。データ復旧ソフトならiMyFone AnyRecoverをお勧めします。これから操作方法を詳しく説明させていただきます。

ステップ1.選択

AnyRecoverを起動して、データ復旧の場所を選択します。

AnyRecover 選択

ステップ2.スキャン

本プログラムは、選択した場所にオールラウンドキャン・ディープスキャンを行います。

AnyRecover スキャン

ステップ3.プレビュー&リカバリー

ダブルクリックしてファイルをプレビューし、「復元」ボタンをクリックして安全な場所に保存します。

AnyRecover プレビュー

1.2 サイズの大きいデータを削除した場合

現実世界には、ゴミを分類し通常ゴミ箱に入れて回収します。粗大ゴミの場合ではゴミ箱に入らないし、別処分で余計にお金もかかります。サイズの大きなデータも全く同じで、ゴミ箱を経由せずに削除されてしまいます。無論削除するときには、ポップアップで「ゴミ箱に移動できない」という完全削除の確認が表示されますが、それを意識せずに合意することがよくあります。

過大なファイルを削除するときのポップアップ

2.ゴミ箱経由で削除されたファイル(ゴミ箱に残っている場合)

ゴミ箱経由で削除されたファイル、つまりゴミ箱に残っているファイルを復元するのは言うまでもないですが、ゴミ箱に残ったら安心できるとは思わないでください。なぜなら、新たに削除されたデータに空間を確保するため、ゴミ箱が定期的に自動削除を行います。操作しない限り永遠にゴミ箱に残る訳ではありませんので注意してください。

ゴミ箱の自動削除期間を調整

3.ゴミ箱から削除した/ゴミ箱を空きにした場合

ゴミ箱に残っているファイルをさらに操作を加えたらどうなるでしょうか?ゴミ箱からファイルを削除し、あるいはゴミ箱を空きにしてファイル全体を削除した場合でも復元できますか?答えは可能です。あらゆるファイルの復元を保証する意味合いではなく復元する可能性があります。詳細はソフト内の無料プレビュー機能を活用して復元できるかをまず確認しましょう。

AnyRecover-無料プレビュー

まとめ

削除したデータの行き先とそれぞれのシナリオの対処方法をいろいろ紹介させていただきました。自らの操作で復元できない場合はまずデータ復旧ソフトに頼るのがベストです。それでも復元できない場合、専門の復旧業者に向かって相談してください。高額の料金がかかるほか、時間も倍になるので最終手段として回したほうが英断です。

前述の解決策はあくまでも対応手段として、必ずしも復元できるとは保証できません。結局一番大事なのは、平日から慎重にデータを扱うことと危険な操作を意識しながら回避することであります。回復率を高めるため復元ソフトも事前に用意して、万全の態勢でデータトラブルに臨んだほうがいいと思われます。