一般的に、iPhone機種変更などの原因で、iPhoneデータの安全を保護するために、iPhoneユーザはいつも写真、連絡先とメッセージ、およびいくつかの重要なアプリケーションをバックアップします。本記事ではiPhoneをバックアップする方法を紹介したいと思います。お役に立てば何よりです。

iPhoneバックアップ 復元

Part1:iCloudでiPhoneをバックアップする方法

まずはiCloudによってiPhoneをバックアップする方法を詳しく紹介します。

1iCloudでiPhoneを手動的にバックアップする手順

ステップ 1.ホーム画面で「設定」をクリックします。

ステップ 2.ユーザ名をクリックします。

ステップ 3.「iCloud」をクリックします。

ステップ 4.「今すぐバックアップを作成」をクリックします。

iPhoneを手動的にバックアップ

2iCloudでiPhoneを自動的にバックアップする手順

ステップ 1.ホーム画面で「設定」をクリックします。

ステップ 2.ユーザ名をクリックします。

ステップ 3.「iCloud」をクリックします。

ステップ 4.「iCloudバックアップ」をオンにします。

iPhoneを自動的にバックアップ

Part2.iTunesを使ってiPhoneをバックアップする方法

iCloudでiPhoneをバックアップする以外に、よく知られているiPhoneをバックアップする仕方はiTunesを使ってバックアップします。以下の内容ではiTunesを使ってiPhoneをバックアップする手順と注意点を紹介します。

1iTunesを使ってiPhoneをバックアップする手順

まず、iTunesを使ってiPhoneをバックアップする手順を簡単に説明します。3歩だけでバックアップを完成できます。非常に便利ですよ。以下の手順に従って探してみよう。

ステップ 1. iTunesを起動して、iPhoneをパソコンと接続します。

ステップ 2.左側に表示された「概要」を選択します。

ステップ 3.「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが開始されます。

iTunesでiPhoneをバックアップ

2iTunesを使ってiPhoneをバックアップする時の注意点

  • バックアップする前にUSB ケーブルを準備しておきましょう。
  • ネット状況を確保しておきましょう。
  • 場合によって、「バックアップを暗号化」のチェックを入れることがあります。iPhoneを復元する前に、設定したパスワードを入力する必要があります。

Part3.iCloudアカウント / iTunesバックアップからデータを復元する方法

上記の方法でiPhoneをバックアップした後、バックアップしたデータを復元する需要がある人もいるでしょう。これでデータを復元するソフトが必要です。おすすめするのは「iMyFone D-Back」というデータ復元することに特化したツールです。このソフトは、iCloud/iTunesバックアップからiPhoneデータを復元することにサポートされ、使い方もシンプルでパソコンが苦手な人にも向けています。

D-Back iPhoneデータ復元
D-Backのおすすめ理由!
  • 既存のデータだけでなく、以前に削除したデータも復元してバックアップできます。
  • iTunes/iCloudバックアップ内のデータを無料で確認できます。
  • iPhoneバックアップにあるデータを選択的に復元するのは可能で、公式の方法より便利です。
  • 公式の方法でバックアップできないデータも復元できます。
 
無料でデータ確認 無料でデータ確認

1iCloudアカウントからデータを復元する方法

まず、iCloudアカウントからデータを復元する方法を簡単に紹介します。以下の手順で試みして見ましょう。

ステップ 1.まずは以上のリンクでソフトを無料でダウンロードするのは必要です。それを起動したら、iPhoneをパソコンに接続します。左側にある「iCloudからリカバリー」をクリックして、「iCloud」を選びます。

iCloudからiPhoneを復元

ステップ 2.Apple IDとパスワードを入力して、iCloudにサインインします。

iCloudにサインイン

ステップ 3.復元できるデータ種類一覧から復元したいデータを選定します。ここで連絡先を例として説明します。データ復元カテゴリーから「連絡先」を選定して、右下にある「スキャン」をクリックします。

連絡先を選ぶ

ステップ 4.スキャンが完了すると、検索結果はすべてインターフェース上で表示されます。復元したい連絡先を選択して、「リカバリーする」をクリックすると復元が開始されます。

連絡先を復元する

2iTunesバックアップからデータを復元する方法

これから、iTunesバックアップからデータを復元することを紹介します。以下の手順で試みしてみましょう。

ステップ 1.iPhoneをパソコンに接続します。そして、左側で「iTunesバックアップからリカバリーする」を選び、「iTunesバックアップ」>「開始」という順をクリックします。それから、復元したいデータを含むiTunesバックアップを選択し「次へ」をクリックします。

iTunesバックアップからリカバリーする

ステップ 2 .復元できるデータ種類一覧から復元したいデータを選定します。ここで通話履歴を例として説明します。「通話履歴」を選定して、右下にある「スキャン」をクリックします。

iCloudバックアップからデータを復元

ステップ 3.データの検索が完了すると、iTunesバックアップの中にあるデータがすべて表示されます。必要なデータを確認してから選択し、「リカバリーする」をクリックしてPCに保存します。

iCloudバックアップからデータを復元


最後に

今回はいくつかのiPhoneをバックアップする方法をご紹介してきました。iPhoneはiCloud、あるいはiTunesに保管されていることがほとんどですが、時々専門的なiOSデータ復元ソフトでなければバックアップしたデータが復元できない状況になることもあります。大切なデータが復旧できないという場合にはまずはD-Backを代替ソフトとして試してみましょう。復元したいデータを自由に選ぶことができます。公式の仕方よりもっと便利です。それで、ここで1つを入手すれば心強いですよ!