概要:
「メモ」はiPhoneの標準搭載アプリとして、スケジュールや日記などを書いたり、スキャン機能を使ってイラストや書類などのデータを保管したりすることができます。大切なデータを保存しているので、間違ってメモを削除してしまうと、大変なことになるかもしれません。iPhone上の大切なメモを誤って削除した時に、まずは落ち着いてください!本文では、メモをiCloudから簡単に復元できる方法を紹介します。また既存のデータを失わず、初期化しなくても、4ステップで選定されたデータを復元できるツールD-Backの使い方も同時に紹介します。

重要なメモを削除した場合, それらを取り戻す方法は三つがあります。この記事を読んで、iCloudからメモを復元する方法を試しましょう。

iCloudから削除されたメモを復元する3つの方法

Appleは、デバイスをワイヤレスでバックアップするためのシンプルなソリューションiCloudをユーザーに提供しています。iCloudは、ユーザーがiPhoneまたはiPadからアップロードした情報を保存するクラウドベースのサービスです。音楽、映画、アプリ、写真とビデオ、メモ、メッセージなどをバックアップできます。ここでは、削除されたメモをiCloudから復元する方法を3つ紹介します。

1iCloud.comでメモを検索し復元

削除したメモを見つかって保存する方法の一つは、iCloud.comにアクセスすることです。最近削除したフォルダに削除したメモを表示したり、メールでメモを共有することができます。この方法は効率ですが、削除する前にメモをiCloudにバックアップする必要があります。

最近削除されたフォルダでメモを確認する手順:

ステップ1:ブラウザーでhttps://www.icloud.com/にアクセスします。

ステップ2:iCloud.comにサインインしてから「メモ」アイコンを選択します。

メモ 検索

ステップ3:「最近削除した項目」フォルダで削除されたメモを確認します。

ステップ4:復元したいメモを選択して、左上隅のある「復元する」をタップしたら、削除されたメモを復元します。

2iPhoneを初期化してiCloudバックアップからメモを復元

iCloudからメモを復元したい場合、まずやるべきことは、最近、バックアップしたかどうかを確認することです。「設定」>「iCloud」>「バックアップ」の手順で、「iCloudバックアップ」がオンになっているかどうかを確認できます。仮に削除したメモのバックアップを持っていることを確実でしたら、次の手順に従ってメモを復元してください。

ステップ1:まず、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の手順にタップします。画面指示に従ってお使いのデバイスを初期化します。

ステップ2:デバイスを起動して、画面の指示通りに従って操作してください。「Appとデータ」画面が表示されると、「iCloudバックアップから復元」を選択します。

ステップ3:iCloudにサインインして、最も関連性の高いバックアップを選択します。プロセスが完了するまでWi-Fiに接続したままにしてください。

iCloudバックアップ復元

3データ復元ツールでiCloudから削除したメモを復元

デバイスを初期化してメモを復元すると、デバイス上の既存のデータがすべてiCloudにバックアップされたデートに置き換えられます。今デバイスに保存している大切なデータを失う恐れがあるので、初期化する前に慎重に考えたほうがよろしい。ここでは、既存のデータを失わず、初期化しなくても、データを復元できるツールの利用をお勧めします。

iMyFone D-Backは専門的なデータ復元ソフトとして、便利なプレビュー機能を持って、復元する前に無料でiCloudバックアップのデータを確認も可能です。簡単な手順でiCloudバックアップからデータを効率的に復元できます。

データ復元ソフト

8,000,000+ Downloads

データ復元ツールの主な機能:

  • 誤って削除または紛失したメモをiCloudバックアップから数分以内に復元可能です。
  • 復元する前にiCloudバックアップ内のメモを無料で確認することができます。
  • 復元する際に、既存のメモを上書きされることなく、選択的にメモのみを復元することができます。
  • メモだけでなく、写真、メッセージなど18種類以上のデータは、iOSデバイスまたはiTunes/iCloudバックアップから復元できます。
  • iPhoneの既存データに影響を与えることなく、安心・安全にご利用可能

無料ダウンロード 無料ダウンロード

iCloudバックアップからメモを復元する手順は以下の通りです。

ステップ1:「iCloudから復元する」オプションで「開始」をクリックして、iCloudアカウントにサインインします。

icloud ログイン

ステップ2:「iCloudバックアップ」アイコンをクリックして、カテゴリでバックアップファイルを選択してから、「スキャン」をクリックします。

バックアップ 選択

ステップ3:「メモ」アイコンを選択し、「スキャン」をクリックします。データのスキャンとダウンロ—ドが完了するまで少し時間がかかります。

データ種類 選択

ステップ4:スキャンが完了すると、検索結果はすべて一覧表示されます。復元したいメモを選択して、「リカバリーする」をタップします。

icloud データ 復元

iCloudバックアップからの復元 VS D-Backデータ復元ツール

iCloudは、iOSデバイスにあるデータをバックアップ&復元を無料で提供します。

メリット:

  • iCloudを使えば、最近のバックアップさえあれば、iPhone上のデータを素早く簡単に取り戻すことができます。

デメリット:

  • iCloudストレージプランをアップグレードしない場合、iCloudはデバイス上のあらゆるデータのバックアップに失敗する可能性があります。
  • 既存のデータを上書きされる可能性があります。

iMyFone D-Backは無料ではありませんが、復元する前にバックアップの中身を確認することができる無料の試用版があります。

メリット:

  • データ復元ツールを使用すると、データを選択的に復元できますし、メッセージ、写真、ビデオなど、さまざまなタイプのデータの復元をサポートできます。
  • データが上書きされる恐れはありません。

デメリット:

  • バックアップに必要なデータが含まれていることを確認したら、完全版を購入してデータを復元できます。

Tips: メモを自動的にiCloudにバックアップする方法

定期的にデータをiCloudにバックアップすることは非常に重要です。データを失う際に復元の可能性が大幅に高まります。そのため、デバイスでiCloud同期機能を「オン」にすることを常に心に留めてください。ここでは、iCloudにメモをバックアップする方法をご紹介します。

ステップ1:「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」の手順にタップします。

ステップ2:iCloudバックアップをタップして、iCoudバックアップのスイッチをオンに切り替えます。

ステップ3:「iCloudバックアップを開始」のポップアップが表示されたらOKをタップします。(メモ欄のスイッチもオンにする必要があります。)

こうすると、スリープモードになっているデバイスを電源とWi-Fiに接続する時、自動的にバックアップを作成します。

結論

本記事では、iCloudから削除されたメモを復元する方法を3つ紹介しました。これらの方法の中で、 データ復元ツールをご利用になると、復元する成功率が高いし、本来のデータを上書きされる恐れがないため、強くお勧めします。今すぐ iOSデータ復元ツールをダウンロードして、失われたメモの復元を試しましょう。

無料ダウンロード 無料ダウンロード