メモはiPhoneの標準搭載アプリとして、大切な日程や日記などを書いたり、キャン機能を使ってイラストや書類などのデータを保管したりできます。しかし、不注意にメモを削除してしまうなら、大変なことになるかもしれません。iPhone上の大切なメモを誤って削除した時に、まずは冷静になろう!メモを復元する可能性がまだあります。

重要なメモを削除した場合, それらを取り戻すには3つの方法があります。この記事を読んで、iCloudからメモを復元する方法を試しましょう。

iCloudから削除されたメモを復元する3つの方法

Appleは、デバイスをワイヤレスでバックアップするためのシンプルなソリューションをユーザーに提供しています。AppleのiCloudは、ユーザーがiPhoneまたはiPadからアップロードした情報を保存するクラウドベースのサービスです。音楽、映画、アプリ、写真とビデオ、メモ、メッセージなどをバックアップできます。ここでは、削除されたメモをiCloudから復元する方法を3つ紹介します。

1iCloud.comにアクセスしてメモを検索

削除したメモを見つけて保存する方法の一つ目は、iCloud.comにアクセスすることです。最近削除したフォルダに削除したメモを表示したり、メールでメモを共有することができます。この方法は効率ですが、削除する前にメモをiCloudにバックアップしたことが確実な場合のみ役立ちます。

最近削除されたフォルダでメモを確認する手順:

ステップ1:ブラウザーでhttps://www.icloud.com/にアクセスします。

ステップ2:iCloud.comにサインインしてからメモアイコンを選択します。

メモ 検索

ステップ3:「最近削除した項目」フォルダで削除されたメモを確認します。

ステップ4:復元したいメモを選択して、左上も「復元する」をクリックして削除されたメモを復元します。

2iPhoneを初期化してiCloudバックアップからメモを復元

iCloudからメモを復元したい場合、まず最初にやるべきことは、最近のバックアップがあるかどうかを確認することです。「設定」>「iCloud」>「バックアップ」と進み、「iCloudバックアップ」がオンになっているかどうかを確認できます。もし削除したメモのバックアップを持っていると確信しているなら、次の手順に従ってメモを復元し手ください。

ステップ1:まず、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。画面指示に従ってお使いのデバイスを初期化します。

ステップ2:デバイスを起動して、「Appとデータ」画面が表示されるまで、セットアップアシスタントのプロンプトに従います。ここでは、「iCloudバックアップから復元」を選択します。

ステップ3:iCloudにサインインして、最も関連性の高いバックアップを選択します。プロセスが完了するまでWi-Fiネットワークに接続したままにしてください。

iCloudバックアップ復元

3データ復元ツールD-Backを使用してiCloudから削除したメモを復元

デバイスを初期化してメモを復元することで、デバイス上の既存のデータがすべて置き換えられます。現在デバイスに保存している大事なデータを失う恐れがありますので、試す前に慎重に考えるべきだと思います。リセットしたくない、または既存のデータを失いたくない場合は、データ復元ツールの利用をお勧めします。

iMyFone D-Backは専門的なデータ復旧ソフトとして、便利なプレビュー機能を持って、復元する前に無料でiCloudバックアップのデータを確認可能です。簡単な手順でiCloudバックアップからデータを効率的に復元します。

データ復元ソフト

DL数8,000,000回突破

データ復元ツールの主な機能:

  • 誤って削除または紛失したメモをiCloudバックアップから数分以内に復元可能です。

  • 復元する前にiCloudバックアップ内のメモを無料で確認することができます。

  • 復元する際に、既存のメモを上書きされることなく、選択的にメモを復元することができます。

  • メモだけでなく、写真、メッセージなど18種類以上のデータは、iOSデバイスまたはiTunes/iCloudバックアップから復元できます。

無料で試す無料で試す

iCloudバックアップからメモを復元する手順は以下の通りです

ステップ1:iCloudアカウントのサインイン

「iCloudから復元」オプションで「開始」ボタンをクリックして、iCloudアカウントにサインインします。

icloud ログイン

ステップ2:iCloudバックアップを選択

次の画面で「iCloudバックアップ」アイコンをクリックして、リストでバックアップファイルを選択してから、「次へ」をクリックします。

バックアップ 選択

ステップ3:メモのスキャン

メモアイコンを選択し、「スキャン」をクリックします。データのスキャンとダウンロ—ドが完了するまで少し時間がかかります。

データ種類 選択

ステップ4:メモの選択と復元

スキャンが完了すると、検索結果はすべて一覧表示されます。復元したいメモを選択して、「復元」をクリックします。

icloud データ 復元

比較: iCloudバックアップの復元 VS D-Backデータ復元ツール

iCloudは、ユーザーにiOSデバイスにデータをバックアップと復元する無料の方法を提供します。

  • iCloudを使えば、最近のバックアップさえあれば、iPhone上のデータを素早く簡単に取り戻すことができます。

  • iCloudストレージプランをアップグレードしていない場合、iCloudはデバイス上のすべてのデータのバックアップに失敗する可能性があります。

  • 既存のデータを上書きされる可能性があります。

対照的に、iMyFone D-Backは無料ではありませんが、復元する前にバックアップの中身を確認するために使用できる無料の試用版があります。

  • バックアップに必要なデータが含まれていることを確認したら、完全版を購入してデータを復元できます。

  • データ復元ツールを使用すると、データを選択的に復元できますし、メッセージ、写真、ビデオなど、さまざまなタイプのデータの復元をサポートできます。

  • データが上書きされることはありません。

Tips: メモを自動的にiCloudにバックアップする方法

定期的にデータをiCloudにバックアップすることは非常に重要です。データを失う際に復元の可能性が大幅に高まります。そのため、デバイスでiCloud同期機能をオンにすることを常に心に留めておいてください。ここでは、iCloudにメモをバックアップする方法をご紹介します。

❶「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」の順にタップします。

❷ iCloudバックアップをタップして、iCoudバックアップのスイッチをオンに切り替えます。

❸「iCloudバックアップを開始」のポップアップが表示されたらOKをタップします。(メモ欄のスイッチもオンにする必要があります。)

こうすると、スリープモードになっているデバイスを電源とWi-Fiに接続する時、自動的にバックアップを作成します。

最後に

これで、iCloudから削除されたメモを復元するさまざまな方法を紹介しました。これらの方法の中で、 データ復元ツールは、成功率が高いためお勧めします。今すぐ iOSデータ復元ツールをダウンロードして、失われたメモの復元を試しましょう。

無料で試す無料で試す