日常生活にはなくてはならないスマートフォンは人々の生活を変えており、誰でもスマホで写真を撮ることができるようになりました。その中に、特に人気が高いのがiPhoneです。高画質カメラを搭載したiPhoneは、ユーザーの生活のあらゆる場面を記録するために利用されています。

いつでも手元のiPhoneで素晴らしい瞬間を撮るのは便利ですが、誤って写真を消えてしっまたら、大変でしょう。まだ復元の可能性があるから、諦めないでください。この記事では、iPhoneで削除した写真を復元する方法について説明します。

1.削除した写真をiPhoneから直接復元できるのか?

答えはイエスですが、全ての写真を復元できることが保証されているわけではありません。これを理解するには、まずはiPhoneにデータがどのように保存されているかを知っておく必要があります。iPhoneはSQLiteというデータベースにデータを保存しており、一部のデータを削除しても、そのデータはiPhoneから完全に削除されたわけではありません。ただ見えないところに隠されて、実はまだiPhone上に残っています。

ただし、削除されたデータはずっとiPhoneに保存されるわけではありません。なぜなら、新しいデータを作成すると、削除されたデータが上書きされてしまう可能性があるからです。注意しないと、削除されたデータは復元不可能な状態になるかもしれません。

消したデータを復元する可能性を最大化するために知っておくべき知っておくべき3つのこと!

  • 今すぐiPhoneの使用を停止することで、削除されたデータを上書きされる可能性が低くなります。
  • 工場出荷状態へのリセットは通常の削除とは異なり、データは完全に消去されるので、これによって削除するデータの復元は非常に難しいです。
  • メッセージ、メモなどのデータと比べて、メディアファイルの構造が複雑であるために、復元するのはより困難です。

2.iPhoneの削除された写真を復元する方法4つ紹介

方法1.iMyFone D-BackでiPhoneから削除した写真を復元

定期的にiCloudやiTunesにバックアップしていれば、バックアップから削除された写真を復元することができます。しかしバックアップを取らずに完全に写真を削除した場合は、専門的なiOSデータ復元ツールが必要になります。ここでは、高い復旧率でCult of Mac、Makeuseofなどの有名なメディアサイトに推奨されているデータ復元ツールiMyFone D-Backを紹介していきたいと思います。

iMyFone D-Backは、iPhoneから直接データを復元できるほか、iCloud/iTunesバックアップからデータを迅速に抽出することもサポートしています。

データ復元ソフト

800万以上のダウンロード

データ復元ツールの主な機能について

  • 削除した写真をプレビューしながら、選択的に復元するか、一括で復元することができます。
  • 写真だけではなく、このツールはメッセージ、ビデオ、トーク履歴など、18種類以上のデータを復元可能です。
  • 誤って削除、アップデート、ウイルス感染、水没などが原因で失われた写真の復元ができます。
  • スマートリカバリー、iOSデバイス本体やiCloudバックアップ、iTunesバックアップからデータ復元という4つの復元モードで、写真の復旧率を高めます。
  • ほぼすべてのiOS端末や最新のiOSバーションをサポートしており、無料試用版を提供しています。

削除した写真を復元する詳しい手順について

ステップ1:まずはソフトを起動します。お使いのデバイスをパソコンに接続した後、ホーム画面の「iOSデバイスからデータ復元」で「開始」をクリックします。

復元モード 選択

ステップ2:次に、復元したいデータの選択画面で、「写真」を選択して、「スキャン」をクリックするとデータの読み込みを開始します。

データタイプ 選択

ステップ3:スキャンが完了すると、結果の一覧表示から復元したい写真をプレビューしながら選択的に復元します。

写真 復元


データ復元の動画をご覧ください

YouTube Video

方法2.iPhoneの「最近削除した項目」から手軽に写真を復元

写真を削除してからすぐに気がついたなら、簡単に復活できます。iPhoneの「写真」アプリで削除した写真・画像は、削除してから30日間「最近削除した項目」内に保存されます。その後、30日間経過すると、端末から写真を完全に消去されます。

iPhoneの写真アプリを起動してから、「アルバム」タブから、「最近削除した項目」を選択して、削除した写真をチェックします。誤って削除した写真があれば、一括で復元可能です。

Tips:iOS 8およびそれ以降を搭載したデバイスはこの方法を使えます。

ゴミ箱 写真復元

方法3.iCloudバックアップから削除した写真を復元

設定のバックアップで写真のバックアップ機能をオンにしていれば、電源とWiFiを繋がっている時に自動的にiPhoneのデータをバックアップしてくれます。バックアップがあれば、簡単な手順で、失われたメ写真を復活させます。

iPhoneの設定から「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」を選び、リセットした後、復元するバックアップを選択します。

iCloudバクアップから写真復元

方法4.iTunesバックアップから削除した写真を復元

パソコンで定期的にバックアップを取る習慣を持っている方は、iTunesバックアップを利用して、写真を復元可能です。まずバックアップしたデータは削除した写真を含むかどうかを確認してください。

ケーブルでiPhoneとPCを接続してから、iTunesを立ち上げ、概要画面で「バックアップを復元」を選択します。

Tips:操作する前に既存のiPhoneデータをバックアップすることをおすすめします。

iTunesバックアップ 写真復元

最後に

以上が、iPhoneから削除した写真を復元する方法の紹介でした。iCloud/iTunesバックアップから削除した写真を復元するのはデバイスを初期化しなければなりませんので、既存のデータも失う可能性があります。もし削除された写真はバックアップされなかった場合、既存のデータも失うなら、困りますね。データ復元ソフトを使えば、消した写真は復元できますし、iPhoneに保存している現時点のデータも失いません。事前に無料試用版で復元可能な写真をチェックすることができて、とても便利です。