iPhoneユーザーでは、標準ブラウザのSafariを使うのが好きな方が多いでしょう。よくアクセスするウェブサイトをお気に入りというフォルダに保存すれば、次回でそこで迅速に開けるので非常に便利です。

そのため、Safariのブックマークが突然に消えたのは大変です。原因といえば、誤って削除したり、iCloud同期の不具合が出来たりすることが挙げられます。本記事では、そういう悩みを解消するために、なくなったiPhoneのブックマークを復元する方法をまとめて紹介します。

iPhone Safari ブックマーク お気に入り 消えた

Part 1.不具合を修正して消えたSafariのお気に入りを復元

iPhoneのSafariで必要のブックマークが消えたと気づいた時、まずは以下の2つのことを確認しましょう。ただ一時的な不具合かもしれませんが、その場合は簡単に修正できます。

1SafariまたはiPhoneを再起動

Safariで日頃に色々なWEBサイトを閲覧しますので、大量のデータやキャッシュが保存されます。それが溜まり過ぎると、動作が重くなったし、お気に入りで何もないことが発生しやすいです。

そのため、一度Safariアプリを閉じて再起動しましょう。ホームボタンを2回押すか画面の下から中部までスワイプするか開いたアプリ一覧を確認し、Safari画面を上にスライドすればそれが閉じされます。

Safari 再起動

また、iPhoneを一度再起動するのも1つのリフレッシュ方法です。

モデル別にiPhoneを再起動する方法

iPhone 再起動

2安定のネットワークを接続して再確認

iPhoneのSafariはiCloudと同期すると設定している場合、ネット状態が悪くなったら、同期がうまくいかないのでSafariのブックマークの一部が表示されません。そんな時、WIFIの電波状況や接続を確認して改善すれば、消えたSafariのお気に入りが戻るかもしれません。

Part 2.専門ソフトで消えたSafariのお気に入りを復元(バックアップなし)

上記のことを修正しても消えたSafariのブックマークが見つけられない場合、それを誤って削除されたかもしれません。でも、それでも一部のデータはまだiPhoneに残る可能性がありますが、スキャンすれば再度復元できます。

簡単にそれを取り戻したい方、または普段バックアップしていない方に、ここでは大人気の専門的なiOSデータ復元ツール「iMyFone D-Back」をおすすめします。わずか3回のクリックだけで消えたSafariのブックマークを復元できるが、高い復旧率でCult of Mac、Makeuseofなどの有名なメディアサイトに推奨されています。

D-Back iPhoneデータ復元
D-Backの優れた機能!
  • iPhone既存データの上書きはなくてデータを復元
  • iPhoneの消えたSafariお気に入りをプレビューして、部分または全体を復元できる
  • iTunes/iCloudバックアップ内のすべてのブックマークを無料で確認して回復するのも可能
  • 自宅でもなくなったブックマークを見つけられるので、修理店に頼む時のプライバシー漏洩の恐れはない
無料で探す 無料で探す

関連記事をご参考ください:「iMyFone D-Backは無料ですか?」の答えがここに!

D-Backを使って消えたSafariのブックマークを復元する手順

ステップ 1.上記のボタンをクリックして、ソフトをパソコンにダウンロードして起動します。後は左側で「iOSデバイスからリカバリーする」>「開始」をクリックしましょう。

iOSデバイスから復元

ステップ 2.iPhoneをパソコンに接続し、「次へ」をクリックします。復元したいファイルの種類から、「Safariブックマーク」を選択して、右下隅の「スキャン」をクリックします。

Safariブックマークを選択

ステップ 3.結果画面で復元したいブックマークのを選んで「リカバリーする」をクリックします。後は復元済みまで待ちましょう。

消えたSafariブックマークを復元

Part 3.iTunesバックアップから消えたSafariのお気に入りを復元

前にパソコンのiTunesを使ってiPhoneをバックアップしたことがあれば、そこから消えたSafariのブックマークを復元するのも可能です。

iTunesバックアップから消えたSafariのお気に入りを復元する手順

ステップ 1.パソコンでiTunesを開き、iPhoneを充電ケーブルで接続します。

ステップ 2.上側のiPhoneのアイコンを押して、「概要」を選びます。

ステップ 3.「バックアップを復元」を選択して、消えたSafariのお気に入りを含むバックアップファイルを選択し、復旧ボタンを押します。「暗証番号」がある場合は先に解除します。

iTunesバックアップ 復元

ご注意:

この方法ではSafariのブックマークを含む、バックアップしたすべてのデータをiPhoneに一度復元します。必要のデータが上書きされ、時間がかかる恐れがあります。

iTunesバックアップ内のデータを確認してから、Safariのお気に入りだけを復元したい場合、先ほど紹介したiPhoneデータ復元ソフトの利用がおすすめです。D-Backでのやり方を確認⇒)

Part 4.iCloudから消えたSafariのお気に入りを復元

iTunesの他、公式のバックアップや復元方法としてのiCloudもあります。以下は、そこからSafariのブックマークなどを取り戻す3つの仕方です。

1iCloud同期を再度オンにしてSafariのお気に入りを復元

以前にiPhoneのiCloud設定でSafariをオンにしたことがあれば、SafariのブックマークはiCloudに自動的に同期されます。後はそれをオフにして、iPhoneでSafariのお気に入りなどを削除しても、同期されたデータに影響しません。

そのため、iCloud同期を再度オンにしてiPhoneのブックマークを復元するのは可能です。また、すでにオンになっている場合でも、オン・オフを切り替えて同期の不具合によるブックマーク損失問題が解決できます。

iCloud設定でSafari同期を再度オンにする方法

ステップ 1.「設定」>上部の「自分のApple ID」をタップします。

ステップ 2.「iCloud」を選びます。

ステップ 3.スクロールして「Safari」項目を見つけ、右のスイッチをオンにします。又は、一回オフにしてから再度オンにします。

Safari iCloud同期 オン

ご注意:

以前に設定でこの同期をオンしたことがなければ、上記のようにしてもブックマークを復元できません。また、同期のタイミングによって必要のものが復元できないこともご注意くださいね。

2iCloud.comで削除したSafariのお気に入りを復元

iCloudにSafariのブックマークがバックアップされた場合、ブラウザでiCloud.comにアクセスして、お気に入りだけを復元するのは可能です。

iCloud.comでSafariブックマークを復元する方法

ステップ 1.iCloud.comにアクセスし、Apple IDとパスワードを入力してサインインします。

ステップ 2.「アカウント設定」をクリックします。

ステップ 3.「詳細設定」項目にある「ブックマークの復元」を選択します。

ステップ 4.表示されたバックアップリストから、Safariのブックマークが消えた前の日付のものを選択して「復元」をクリックします。

iCloud.com ブックマークの復元

ご注意:

この方法で復元する前に、バックアップの中身が見えません。復元しても必要のウェブサイトが見つけられない場合もあります。

3iCloudバックアップから削除したSafariのお気に入りを復元

iPhoneの本体だけでもiCloudバックアップから削除したSafariのお気に入りを復元できます。ただし、一度初期化する必要があるので、復元するにかえって今のデータが損失される恐れもあります。

iPhoneでiCloudバックアップを復元する方法

ステップ1.最新のバックアップを確認

「設定」>「自分の名前」>「iCloud」>「ストレージを管理」>「バックアップ」を開きます。図例の示すような「バックアップ」からデバイスをタップし、最新のバックアップの日時とサイズ、バックアップしたデータ種類を確認します。

iPhoneでiCloudバックアップを確認

ステップ2.リセット

「設定」>「一般」>「リセット」順番にを押して、「すべてのコンテンツと設定を消去」をクリックします。

ステップ3.iCloudからブックマークを復旧

「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択し、Apple IDで登録します。お好きな「バックアップを選択」を選んで、iCloudで使用可能なバックアップのリストから回復します。

icloudから復元

Tips.iPhoneのSafariのお気に入り・ブックマークに関するよくある質問

上記の紹介した方法を試した後、消えたSafariのお気に入りのウェブサイトを見つけられるはずです。ここでは、補足情報として、iPhoneのSafariのブックマークを使用する時に、ユーザーが困っている問題をまとめて答えます。

Q1.iPhoneのSafariで、お気に入りやブックマークはどこにある?

Safariを開いて、下部の中央にある「共有」ボタンをタップすると、「ブックマークを追加」と「お気に入りに追加」が表示され選択できます。

後は、Safari画面の下部の「開いた本」をタップして、一番左の項目で追加したウェブサイトのリストがあります。


Q2.Safariのお気に入りとブックマークの違いは?

実際に、お気に入りはブックマークの1つのフォルダです。ブックマーク項目でまた別のフォルダがあります。

ブックマークを追加する時、フォルダを指定しないとデフォルトでウェブサイトはお気に入りに保存されます。また、もう1つの異なるところは、「+」ボタンで新規タブを開いたら、お気に入りに登録しているサイトはアイコン一覧で表示され、すぐにアクセスできるということです。

最後に

今回は、iPhoneから削除されたり消えたりしたブックマークを復元することを中心に解説しました。バックアップがあればすぐにそこで復元できますが、そうではない場合は、一番安全で効率的な対策、iPhoneデータ復元ソフトを利用しましょう。

試用版があり、復元する前に結果を確認できますので、必須なiPhoneデータ管理ツールとしてパソコンに入れておいて損はないと思います。今すぐ無料版を試してみましょう!