「大事な写真・連絡先・メッセージがうっかり上書きされた」などiTunesの使用で発生するトラブルを経験したことがありますか?日頃から慎重に使用しても、突然にそういう予期せぬ事態に遭ったら、対策をご存知ではないのでしょうか?

ファイルの上書きはiPhoneをつないだPCの誤操作により引き起こされやすいです。一度上書きされてしまうと、iPhoneの操作だけでは取り戻せません。今回は、iTunesバックアップから上書きによって失われてしまったファイルの復元方法を網羅して詳しく解説いたします。

1.【初心者必見】「上書き」について疑問を投げ掛け

 1.1「上書き」の由来

上書きとは、パソコン/スマホなどのファイルや記録メディアにデータを書き留める際、元のデータの上に新たなデータを書き込み、もしくは文字入力の際に、元の文章の上に新たに書き込むということです。それもオーバーライト(Overwrite)や、重ね書きと呼ばれています。

 1.2「データが上書きされた」原因

iTunes初心者は、「iTunesの使い方法」を習得できますが、iTunesが「自動的に同期する」設定になっていると、パソコンとiPhoneを接続すると同期が始まるという既定のルールを知っていないかもしれません。

つまり、iTunesは最新のバックアップのみを保存し、データ復旧する際にiTunesのバックアップは原則として新しいデータに上書きされています。些細なミスですべてのデータを失う可能性があります。

 1.3「データの上書き」の解決策

一旦データが上書きされたら、「デバイスのバックアップ」の履歴でiTunesバックアップデータが残っているか確認してください。iTunesバックアップから元のデータ復元することは可能です。

iPhoneはSQLiteデータベースを使用してデータを保存していて、誤ってまたは意図的にデータを削除・上書きしましたら、iPhone中にまだデータを残っています。データ復元専門家に限って、そういうデータを復元できます。

注意:

「デバイスのバックアップ」の履歴で復元できるバージョンの情報が表示され、ご希望のバージョンを選んでもう一度復元できます。

2.データ復旧の専門家でiTunesバックアップから上書き/削除されたデータを復元

iTunes経由でiPhoneを上書きされたら、元のデータを復元したい場合は、iMyFone社が発売のD-BackというiPhoneデータ復元ツールによって、簡単なステップで上書きしたファイルを取り戻せます!

「iMyFone D-Backは無料ですか?」の答えがここに!

D-Backデータ復元ソフト

8,000,000+選んだ人気商品

  • 高い復旧率:上書き・誤削除・不具合で復元できない或いはバックアップを取っていない場合は、三つの機能の組み合わせにより、紛失したデータをすべて掘り起こし復旧します。
  • 無料スキャン・プレビュー:実際に復元する前にファイルをプレビューしてデータを確認できるし、選択的に或いは一括で復元できます。
  • 幅広く対応: LINEのメッセージや、写真動画連絡先メッセージなど18種類以上のデータを復元できます。
  • 個人情報保護: iDeviceをデータ復旧業者に預けることなく自宅でデータ復旧を行え、お客様のプライバシーを保護できます!
  • 安全保証: 生涯アップグレード無料かつ安全性を保証できます!iPhone 13/mini/Pro/Pro MaxやiOS 15を含み、ほぼすべてのiOS端末や最新のiOSバーションに適しています。

 2.1iTunesバックアップからデータを復元する手立て

詳細の手続きは初心者向けて設計いたします。下の例を挙げて説明します。まず、iPhoneをパソコンとケーブルで接続しiPhone上書き復元ソフトD-Backを起動します。

ステップ1:iPhoneをパソコンに接続した後、ホーム画面の「iTunesバックアップからリカバリーする」を選んで、「開始」ボタンを押します。

iTunesバックアップからリカバリーする

ステップ2:デバイスを認識した後、スキャンを行います。

iPhoneを認識する

ステップ3:さらに、復元したいデータの範囲選択枠でご希望のデータにチェックを入れ、右下の「リカバリー」で選んだ場所を対象にスキャンを行います。

ご希望のデータにチェックを入れる

ステップ4:最後に、調べた結果画面に復元できる当該のデータを選んで、右下の「リカバリー」をクリックして復元します。念のため、データが上書き前の状態に戻っているかを確認して復元作業は終了です。

復元したいデータを選ぶ

もっと詳しい操作方法はこちらのガイドを参照してください

  • ご注意
  • ※ データが上書きされると、iPhoneの機種変更、リセットなどをお控えください。そうすると、消えてしまったデータがもう一度上書きされ、回復に不可能になる傾向が高いです。
  • ※ D-Backの「iOSデバイスから復元する」、「iCloudバックアップからリカバリー」機能を利用すれば、バックアップなしでも/iCloudバックアップからプレビューしながらデータを選択的に復元して、公式の復元作業より高速より便宜です!

3.iOS端末上の上書きに関する問い合わせ

1iTunesバックアップからデータを確認&復元することが可能ですか?

可能ですけど、異常なトラブルが生じた場合には復元しかねます。関連記事のiTunesバックアップからデータを確認&復元方法を参考にしてください。

2iCloudバックアップを上書きしても元のデータを取り戻せますか?

iCloudバックアップは基本的に上書き保存です。しかし、最大3世代分のバックアップを保存できるため、誤ってバックアップしてしまっても、古いバックアップから復元可能です。iOSデータ復元専門家を用いて簡単に済ませます。

3バックアップなしでiPhoneからデータを復活できますか?

バックアップなしでもiOSデータ復元も行えます。関連例文のiTunesバックアップからデータを確認&復元方法を参考にしてください。

4上書きされバックアップから無料でデータ復元ができませんか?

業界において、復元サービスは原則として有料ですが、我が社は無料体験版を提供していますので、復元したいデータをプレビューするまで無料でご覧になれます。

やむを得ず場合、あるいは一々試して手間をかかりたくない、面倒だと思う場合、iOSデータ復旧ソフト「iMyFone D-Back」の利用をお勧めします。他の写真、ビデオやラインのトーク履歴など18以上のファイル形式に対応するほか、など様々のデバイスからも復元できます。たった3つのステップでスムーズにデータを復元し、誰でも自力でiDeviceのデータを取り戻せます。

終わりに

平日から色々なバックアップ方法を設定しても、完全に対応できるとは保証できません。なので、iOSデータ復元ソフトを予備策前もってダウンロードしてインストールしたほうが最善です。日頃から定期的にバックアップなどの設定をお勧めですが、万が一以上の問題に遭ったら、この復元マニュアルを参照しながら、ぜひお試しの「iMyFone D-Back」を使ってください。