削除されたデータ、失ったデータの復元、機種変更する前にコンテンツの転送など、iCloudのバックアップファイルからデータを取り戻したい動機がいくつかあります。しかし、デバイスの初期化はデータの損失につながることが多いから、ほとんどの人はiCloudバックアップを復元する前にデバイスの初期化(リセット)を避けます。

この記事では、iPhone、iPad、iPod touchを初期化せずにiCloudバックアップからデータを復元する方法を2つ紹介します。

iCloudバックアップから直接復元するデメリット

iCloudバックアップから直接復元するのは確かにiPhoneを利用して操作するだけで便利ですが、デバイスを初期化しなければなりません。ここで初期化する前に考慮すべき短所が3つまとめました。

  • iPhoneの既存データは最近のiCloudバックアップに同期しない場合、復元した後、iCloudで最後にバックアップを作った時点からiPhoneを復元するまでの間にあるデータは全て永遠に失われます。
  • コンテンツをプレビューして選択的に復元することができません。バックアップの中に復元したいデータを含むかどいうかを確認できません。
  • iCloudバックアップがかなり大きいサイズだとと結構時間がかかります。

そこで、初期化されることを防ぐために、iCloudバックアップから大切なデータをプレビューし、選択的に復元できる方法を2つ紹介します。

part 2:初期化せずにiCloudバックアップを復元する方法

2.1 iCloudバックアップのデータを選択的に復元

iMyFone D-BackはiPhone / iPad用の最高のiCloudデータ抽出・復元ツールで、デバイスをリセットせずにiCloudバックアップファイルからデータを選択的に復元できます。さらに、全種類のiOSデバイスと交換性があり、iTunesのバックアップファイルからデータの抽出、復元もできます。

D-BackでiCloudバックアップから復元する方法を動画でご紹介します。

YouTube Video

さぁ~今すぐ無料体験版を試して、復元したいデータをiCloudバックアップに含むかどうかを確認しましょう。

ステップ1:インストールが完了したらプログラムを起動して、メイン画面から「iCloudバックアップから復元する」を選択します。「開始」をクリックしてiCloudをサインインします。

imyfone d-back データ復元

ステップ2:使用可能なリストから、データを復元するのに使う最新のバックアップファイルを選択して、「次へ」をクリックします。

iCloud バックアップ ファイル

ステップ3:スキャンした後で結果を一覧表で表示します。復元したいコンテンツをプレビューして、復元したいデータを選択し、「リカバリーする」をクリックします。

iCloudバックアップ 中身

ステップ4:保存先のファイルを選択します。PCからフォルダーを選択するか、新しいフォルダーを作り、アプリケーションの復元プロセスを完了するまで待ちます。完了したら、フォルダーを開いて復元されたコンテンツを確認できます。

iCloudバックアップ 復元


2.2 iCloud.comからデータをダウンロードして復元

iCloudのバックアップファイルにアクセスするために「iCloud.com」を利用する方法もあります。iCloud.comから写真、メモなど、一部のバックアップデータを復元することが可能です。

最近削除されたフォルダでデータを復元する手順:

ステップ1:ブラウザーでhttps://www.icloud.com/にアクセスします。

ステップ2:iCloud.comにサインインしてから復元したいデータの種類を選択します。

ステップ3:「最近削除した項目」フォルダで削除されたデータを確認します。

ステップ4:復元したいメモを選択して、左上隅のある「復元する」をタップしたら、削除されたメモを復元します。

iCloud.com 復元

Tips:

この方法の不足点はLINEの添付ファイル、SNS、iMessage、ボイスメモなど、特定の種類のデータにはアクセスできない可能性があります。

最後に

この記事を通じて、初期化せずにiCloudバックアップを復元する方法を詳しく紹介しました。iMyFone D-Backは安全かつ操作しやすいし、無料でiCloudバックアップの中で復元したいデータがあるかどうかを確認できるので、強くお勧めします。ぜひお試してください。