iPhoneの高品質カメラは、ユーザーがいつでもきれいな写真を撮ることができるので、何百万人ものユーザーを魅了しています。

しかし、誤って削除であれ、最新のiOSのアップデートであれ、さまざまな理由で、まだバックアップしないデータが失われる可能性があります。

本記事では、このような状況の対応策として、消えた大切な写真を復活させる方法を紹介いたします。まずはデータ復元に関する知識から見てみましょう!

Part1.iPhoneのデータ復元とは?

iPhoneのデータ復元とは、破損したデータを誤った作業を行う前の状態に戻すということです。

iPhoneは、Android端末のようにSDカードを代表する外部記録媒体には対応していません。パソコンに接続して写真を取り出す際には、iPhone本体の操作も必要になります。

しかし、iPhone本体が起動不可能になった時にはデータを取り出すことも難しくなります。こんな時、バックアップを取っていれば簡単に自分でデータを復元できるのです。

つまり、バックアップをせずに故障やデータを間違って消してしまったなど、不測の事態が起きてしまった場合、データも一緒に失う可能性が高いです。

Part2.バックアップなしでiPhone写真の復元は可能?

データを失った人からよくこのような質問を聞かれます。幸いにもその答えは「はい」です。

バックアップを取らずに、削除した写真を復元することも可能です。ただし、復旧の成功率はケースによって異なります

Note

  1. デバイスの使用を停止し、データ復旧ツールを利用 ⇒ 復旧の成功率が高い

  2. デバイスの使用を続いている ⇒ 復旧の成功率が低い

その原因は?

iPhoneはSQLiteデータベースを使用してデータを保存します。誤ってまたは意図的に写真やビデオなどのデータを削除しましたが、実際にはiPhone中にまだデータを残っています。

その代わり、元のデータが占有するスペースは「使用可能」にマークされ、データは隠された状態になります。

そこで、隠されたデータを読み込むために、データ復元ツールが必要となります。もしデバイスを使用し続くと、データは新しいデータによって上書きされてから、データ復元ツールを使ってもデータを復元することはできません。

Part3.削除された写真はどれぐらい復元できますか?

正直に言うと、長い時間前に削除したデータが復元できるケースがあって、ほんの少し前に削除したデータが復元できないケースもありますので、計算することはできません。

実際には、データが上書きされているかどうかにかかっています。様々なデータはiPhone上で異なる方法で保存されているので、簡単に上書きできるデータがあり、長く保存されるデータもあります。

そこで、削除したデータを上書きされないように、2つかのヒントを紹介します。

Note

  1. すぐにiPhoneの使用を停止するということを考えるべきです。 これにより、データが上書きされてしまう可能性を減らし、すべての写真を復元する可能性も高くなります。

  2. 初期化によるデータ損失は、誤って削除やウイルス感染などの理由で失ったデータとは大きく異なることを理解する必要があります。デバイスをリセットすれば、失われたデータを復元する可能性は非常に低くなります。

Part4.iPhoneから削除した写真を復元する必要なツール

「iMyFone D-Back」 は、iOSデバイスから失われたデータを復元できる強力なツールです。Appleの最新iOS 15もサポートされ、iTunesやiCloudバックアップから失われたデータを復元することができます。

さらに、バックアップがない場合でも、直接にiOSデバイスからデータを復元することができます。Cult of MacやPCWorldなどの有名なWebサイトによって大好評を博しました。

データ復元

800万以上のダウンロード

iMyFone D-Backの特徴:

  • バックアップなしでもiOSデバイスから写真を復元できます。
  • 検索結果の一覧表示をプレビューして、iPhoneから写真を選択的または完全に復元できます。
  • ウイルス攻撃、破損、誤削除、またはiOSシステムのアップグレードなど、さまざまな理由により失われたデータを回復できます。
  • 連絡先、メッセージ、ボイスメモビデオ、WhatsAppメッセージなど、iOSデバイスから20種類以上のファイルに対応しています。

バックアップなしでiPhoneから削除した写真を回復する方法

このiPhoneデータ復元ソフトウェアは、バックアップなしの写真をiPhone 13/12/11/XS/XR/X/8/7/SE/6sなどのiOSデバイスから簡単に復元できます。下記の動画マニュアルをご参照下さい⇩

iPhoneの写真を復元 動画

ステップ1.iMyFone D-Backを起動

パソコンでこのソフトをダウンロードしてインストールしてから起動します。「iOSデバイスからデータ復元」オプションで「開始」ボタンをクリックします。

iOSデバイスからデータ復元

ステップ2.PCに接続、iPhoneをスキャン

iOSデバイスをパソコンに接続して、デバイスを成功に検出されます。次に、「写真」を選択してから「スキャン」をクリックします。

データ スキャン

ステップ3.削除した写真をプレビューして復元

スキャンが完了すると、復元可能な写真はすべて一覧表示されています。それらをプレビューし、必要な写真をチェックしてください。復元したい写真を選択して、右下隅の「復元」をクリックします。

※「削除されたファイルのみを表示」を選択し、削除した写真のみをプレビューすることもできます。

データ復旧

この方法でiOSデバイスだけではなく、iTunesまたはiCloudバックアップファイルから削除した写真も復元できます。無料の試用版を提供していますので、写真を回復できるかどうかを確認したほうがいいと思います。


Tips:定期的にバックアップして大切なデータを守ろう

データを破損したり、写真やデータを誤って削除したりすることがある場合は、iCloudまたはiTunesを使用して定期的にバックアップする必要があります。iMyFoneグループから提供する別のツール「iMyFone iTransor」を使用することもできます。

これは無料のバックアップソフトとして、iTunesやiCloudより優れた機能があります。

1.専門ツールを使用すると、すべてのバックアップがコンピュータに保存され、以前のバックアップファイルが上書きされません。

2.iPhoneのデータを選択的にバックアップできます。たとえば、iPhone全体ではなく、メッセージ、WhatsAppデータ、WeChatデータのみをバックアップすることができます。これにより、時間とコンピュータのストレージも節約できます。