質問
iPhoneがiOS 15に更新した後、スワイプアップできなくなり、コントロールセンターを開けません。どうすればいいですか?

上記は、iOS 15及び古いiOSバージョンに対するよく見える問題です。さらに、iPadでもこのコントロールセンターが出ない不具合が起きる可能性があります。出来た時はかなり不便ですね。

今回は、iPhoneやiPadのコントロールセンターについて、出し方と出にくい時のいくつかの解決策を解説します。

Part 1.iPhone・iPadのコントロールセンターの出し方

間違ったジェスチャーを使用すると、コントロールセンターはうまく呼び出せない可能性があります。まずはiPhone・iPadのコントロールセンターの出し方から確認しましょう。

デバイスのモデルによって操作は違いますが、それぞれは以下となります。

iPhoneの場合

ホームボタンがあるiPhone:ホームボタンの上あたりの位置で、下から上にスワイプします。

ホームボタンがないiPhone:画面の右上隅、バッテリーの辺りの位置で、上から下にスワイプします。

iPhone コントロールセンター 出し方

iPadの場合

モデルに関わらず、画面の右上隅から下にスワイプすればいいです。

Part 2.iPhone・iPadのコントロールセンターが出ない時の対処法

システムの不具合や設定の不適切などの原因で、コントロールセンターが開かない問題が発生します。続いては各種の対策を見てみよう!

1コントロールセンターが出ない不具合を手軽に修復

iPhoneやiPadのコントロールセンターがアクセスできない問題について、通常の方法は後述して、まずはかなり有効な方法から説明したいと思います。それはシステムをリカバリーすることです。プロなiOS不具合修復ツール「iMyFone Fixppo」を使えば、不具合が出来たiPhone・iPadを正常状態に戻させることができます。このソフトには3つの修復モードがあり、機能が正常に作動しない、画面が真っ暗、アップデートできない問題など、iOSのすべての問題をすぐに修正するのは可能です。

Fixppoの優れたポイント!

Fixppo iPhone不具合修復

800万以上のダウンロード

  • 【データを失わない】既存のデータを損害しないでiPhoneのコントロールセンターが出ない問題を修正できます。また、リンゴループ再起動の繰り返しなど50以上のソフトウェア関連の問題も解決できます。
  • 【自己修理】操作が簡単で、専門知識やスキルは必要ではありません。初心者でもワンクリックでiOSシステム修理できます。
  • 【信頼できる】多くの専門的なウェブサイトから推奨されています。
  • 【完全な互換性】最新のiPhone 13シリーズ/iOS 15を含む、すべてのiPhone/iPad/iPodをサポートします。

Fixppoを使用してコントロールセンターが出ない問題を修理する手順

ステップ 1.上記のボタンからFixppoをパソコンにダウンロードして起動します。次に、「標準モード」を選択して開始します。

標準モード

ステップ 2.iPhoneまたはiPadをパソコンに接続します。

ステップ 3.ソフトは自動的にお使いのデバイスを検出します。後はバーションを確認してから、最新のファームウェアをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロードする

ステップ 4.「開始」ボタンをクリックして、コントロールセンターが出ない問題の修復を開始します。修復完了すると通知されます。

システム問題を修復する

2ジェスチャーとデバイス画面を確認

iPhoneはモデルによって、コントロールセンターを開くジェスチャーは違いますが、上記で紹介したコントロールセンターの出し方をちゃんと確認しましょう。これが間違えばアクセスできないのは当然でしょう。

また、iPhoneやiPadの画面に汚れやほこり、水があるかどうかチェックしよう。保護フィルムももう1つの見過ごしやすいものです。これらの影響を受けてコントロールセンターが出にくい場合があります。常にデバイスの画面を綺麗にするのは重要です。

3デバイスを強制的に再起動

上記の2つのことを直してもコントロールセンターが依然として出ない場合、iPhoneまたはiPadを強制的に再起動することをお勧めします。操作する方法は次のようです。

iPhone 8以降の場合:音量大ボタンをすばやく押して放してから、音量小ボタンをすばやく押して放します。そして、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

iPhone 7 / 7Plusの場合:サイドボタンと音量小ボタンを10秒間押し続けると、強制的に再起動されます。

iPhone 6s以前の場合:Appleロゴが表示されるまでホームボタンと電源ボタンを同時に押します。

iPhone 強制再起動

Face ID搭載のiPad:音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。そして、デバイスが再起動するまで電源ボタンを押し続けます。

ホームボタン搭載のiPad:ホームボタンと電源ボタンを同時に押し、Appleロゴが表示されるまでそのまま押し続けます。

iPad 強制再起動

4ロック画面でコントロールセンターにアクセスできると設定

iPhone・iPadがロック中にコントロールセンターが出ない場合、下記のステップに従って、設定アプリで設定を確認してください。

ステップ 1.「設定」を開き、「(Touch)Face IDとパスコード」に移動して、画面ロックパスコードを入力します。

ステップ 2.下にスクロールし、「ロック中にアクセスを許可」で「コントロールセンター」の横にあるボタンをオンにすることを確認してください。

ステップ 3.設定を終了すると、すぐにコントロールセンターにアクセスできるようになります。

ロック画面 コントロールセンター アクセス 設定

ソフトウェアの問題により、それが自動的にオフになる可能性があるため、必ずこれをチェックしてください。

5アプリ内でコントロールセンターのアクセスを有効

アプリ内での動作が許可されないため、コントロールセンターが開かない場合もあります。そのため、設定でこれをチェックする必要があります。

ステップ 1.「設定」>「コントロールセンター」>「App使用中のアクセス」に移動します。

ステップ 2.右側のスイッチをオンにして、緑になることを確認します。

アプリ コントロールセンター アクセス 設定

6コントロールセンターのアイテムをリセット

iPhoneやiPadの設定でコントロールセンターを改めてカスタマイズすれば、コントロールセンターが出ない問題を解決するケースもあります。操作ステップは次の通りです。

ステップ 1.「設定」>「コントロールセンター」の順にタップします。

ステップ 2.下にスクロールして、コントロールセンターに移動できるアイコンが見えます。すでにコントロールセンターに含まれているアイコンは「-」、追加できるアイコンには「+」が表示されています。

ステップ 3.ニーズを応じてコントロールを追加・削除します。

コントロールセンター リセット


最後に

ご覧のように、iPhone・iPadのコントロールセンターが出ない問題の解決方法はたくさんあります。これらの解決策を試してみてください。もしすべてが失敗したら、迷わずシステム不具合修復ツール「iMyFone Fixppo」を使用してください。何のデータも失わずにデバイスを修復できるが、ぜひここでダウンロードして試してみましょう!