質問
以前に使用していたiPhone 6s(iOS 10.3.1)をSIMカードを入れずに使っていたのですが、アクティベーションエラーになり、画面で「アクティベーションサーバにアクセスできないため、このiPhoneをアクティべートできません」というようなメッセージが出てしまいました。どうすればいいでしょうか。

iPhoneは日常生活では欠かせないものですが、色々なタイミングでエラーが起こるケースがよくあります。iPhoneの事を詳しく知らなくても簡単に使える反面、エラーが出た時にどうしたらよいかわからなくなってしまう方もいるんでしょう。本記事では、iPhone/iPadがアクティベーションエラーになる原因と対処法を解説します。

1.アクティベーションエラーが出た原因とは?

新しいiPhoneのアクティベートをしようと思った時、または古いiPhoneを再利用したい時は、iPhoneの画面で「アクティベートできません」「デバイスからアクティベーション情報を取得できなかったため、iPhoneをアクティブにできませんでした」などのエラーを発生したケースもよくあります。

iPhoneのアクティベートができない原因はいくつかあると思います。エラーの原因をしっかり調べないと、最適な解決法を見出すのも難しいでしょう。さて、なぜiPhoneはアクティベーションエラーが出てくるのですか。主に以下の原因が考えられます。

  • ① SIMカードなし
  • ② iOSバーションが古い
  • ③ インターネットの接続状況が悪い
  • ④ Apple IDログインに一定の回数失敗してBANされた
  • ⑤「iPhoneを探す」を悪用された
  • ⑥ iOSのトラブル・不具合

2.アクティベーションエラーが出た時、まず試すべき3つのこと

2-1.SIMカードの利用

iPhoneのアクティベートを行う時に、SIMカードを正しく入れるかどうかをチェックしてください。カードを着装した場合は、位置や向きを間違えたら、カードが認識されていないかもしれません。着装しなかった場合は、まずは旧SIMカードに入れたほうがいいです。どっちでもできない場合は、通信事業者にお問い合わせください。

2-2.iPhoneの強制再起動

iPhoneを強制に再起動することで、「アクティベートできません」というエラーを解決可能です。iPhoneの強制再起動方法は、iPhoneの機種によって手順が異なります。ここでは、機種ごとの強制再起動を紹介します。

iPhone 8/8Plus/X以降の再起動方法

① 音量を上げるボタンを押してからすぐ離れます。

② 音量を下げるボタンを押してからすぐ離れます。

③ Appleロゴが表示されるまで、ずっとサイドボタンを押します。

iPhone 7/7Plusの再起動方法

Appleロゴが表示されるまで、電源ボタンと音量を下げるボタンを長押しします。

iPhone 6s以前の再起動方法

Appleロゴがでるまで電源ボタンとホームボタンを長押しすると強制再起動できます。

iPhone 強制再起動

2-3.Wi-Fi接続状況の確認

インターネットの接続が悪い時、iPhoneはアクティベートできない可能性があります。上記の方法を試してもiPhoneのアクティベーションができなかった場合は、インターネットの接続状況を確認する必要があります。利用可能なWi-Fiが複数ある場合で行うことにお勧めです。

3.データを損失せずにアクティベーションエラーを修正一iMyFone Fixppo

iPhoneで「アクティベートできません」のエラーになり、上記の方法で解決できない、あるいはiPhone内に保存しているデータを失いたくない時は、iOS不具合修復ツールiMyFone Fixppoを利用すれば簡単に解決できます。

ソフトの使用中にデバイス内の情報に触れることがないためデータやプライバシーが脅かされるような心配もありません。また、簡単な操作性で専門知識がなくても安心してご利用いただけますので、初心者に最適なiOS / iPadOS / tvOS 不具合修復ツールとも言えます。

iphoneシステム修復ツール

800万以上のダウンロード

iMyFone Fixppoをおすすめる理由

  • 様々なiOS/iPadOS/tvOS不具合・問題は自宅でも手軽に対処可能
  • 標準モードでデータを損しせずにiOS不具合を修復可能。また、ワンクリックでリカバリーモードを起動/解除できるので、機械オンチにも安心
  • 専門知識がなくても、iOS 14へのアップデート失敗や復元エラー、起動障害など数多くのシステムトラブルからお使いのiPhone/iPadを救出
  • 全てのiPhone・iPad・iPodをサポート(iPhone 12を含む、iOS 14まで対応)

無料で試す無料で試す

では早速解決方法を見ていきましょう

ステップ1.デバイスをコンピュータに接続

デバイスをコンピュータに接続してから、iMyFone Fixppoを起動して、「標準モード」を選択します。

システム修復ツール 起動

ステップ2.ファームウェアをダウンロード

プログラムは自動的にデバイスのモデルを検出し、利用可能なすべてのファームウェアバージョンも表示されますので、 ご希望のバージョンを選択して、「ダウンロード」をクリックします

ファームウェアのダウンロード

ステップ3.アクティベーションエラーを修復

画面に表示されるデバイス情報とファームウェア情報をもう一度確認してから、問題がなければ、「修復開始」ボタンをクリックします。

システム修復 開始

4.DFUモードとiTunesを利用してアップデートを行う

DFUモードとはiPhoneが不具合、問題が起こった時にiOSを強制的に復元して、最新のものにアップデートする方法です。古いiOSのバーションを更新することで、iPhoneはアクティベートされていませんという問題を直すことができます。ただし、こうすると、iPhone内のすべてのデータは消去されるので、大切なデータを失うかもしれません。最悪の場合には、iPhoneに別のトラブルが発生する危険性もあるため、あくまでも最終手段として考えましょう。

ステップ1:iPhoneとパソコンを接続した後、iTunesを起動します。

ステップ2:iPhoneでDFUモードに入ります。

DFUモードの起動方法

ステップ3:iTunesの画面に「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました」とメッセージが表示されます。表示を確認したら、「iPhoneを復元」をクリックします。

ステップ4:復元とアップデートが開始されます。処理が完了するまでしばらく待ちます。

iOSバーション アップデート

まとめ

iPhoneはアクティベーションエラーが出た時の解決法を紹介しました。原因が分からない場合は、一つずつ試してみて下さい。

大抵は自分側の誤操作ので、カンタンに解決できると思います。もしiOS不具合が原因でiPhoneのアクティベートができない場合は、システム修復ツールにお勧めです。古いデバイスの場合は、データを損失せずにアクティベーションエラーからiPhoneを救出可能です。また、いつiPhoneがトラブルを起こっても問題のないよう、日ごろからデータのバックアップをとっておくことをおすすめします。

無料で試す無料で試す