iPhoneのアラームやリマインダーで、予定されている特定の会議や、健康的な生活を送るため、早朝のジム及び公園でのトレーニングを通知することが非常に便利です。しかし!iPhoneのアラームが鳴らないため、早起きや会議のスケジュールを逃しました。

しあなたもiPhoneのアラームが鳴らない問題に悩んだら、この記事を読み続けてください。ここでいくつかの簡単な解決策を紹介します。以下のすべての解決策はiOS 14にも適用されます。

アラームが鳴らない時、まず確認すべき5つのこと

①マナーモードを解除する

iPhoneまたはiPadのサイレントスイッチをオフにした、音量が下がっていたなど非常に簡単な原因で、iPhoneのアラームが鳴らなくなります。

サイレントスイッチ:

通常、電話が鳴って邪魔になりたくない場所で「サイレントスイッチ」をオンにします。従って、iPhoneのサイレントスイッチがオンかオフかを確認してください。オンであれば、オフにする必要があります。そうすれば、iPhoneのアラームは通常どおり機能します。

②アラームの音を設定しているかどうか確認する

アラームの音を設定しているかどうか、またその音量の大きさを確認してください。アラームに設定された曲/音の音量の低下はアラームが鳴らない理由になる可能性があります。

③サードパーティのアラームアプリをチェックする

サードパーティのアラームアプリをインストールすることはお勧めしません。iPhoneにある標準の時計アプリと衝突し、最終的にはiPhoneのアラームが鳴らない問題が発生するかもしれません。サードパーティのアラームアプリを削除し、iPhoneを再起動し、iPhoneのアラームが鳴れるかどうかを確認してください。

④iPhoneを再起動する

上記の方法はすべて役に立たないなら、再起動を試してください。iPhoneを再起動することで、50%の確率でiPhoneのアラームが鳴らない問題を解決できます。再起動を実行したいなら、以下の手順に従ってください。

ステップ1:赤いスライダーが表示されるまでスリープ/スリープ解除ボタンを押し続けます。スライダーをドラッグすると、デバイスがオフになります。

ステップ2:少し待ってから、スリープ/スリープ解除ボタンを押し続け、デバイスを再起動します。

iphone 再起動

⑤すべての設定をリセットする

それでもiPhoneのアラームが鳴らない問題を解決できないなら、iOSデバイスのすべての設定をリセットする必要があります。すべての設定をリセットすると、ユーザーに設定された「設定」がすべて削除され、写真、ビデオ、音楽、連絡先などのデータは消去されません。

iPhoneの「設定」に移動し、「一般」に移動し、「リセット」をクリックし、そして「すべての設定をリセット」をクリックします。この後、デバイスが再起動し、iPhoneのアラームが鳴れるかどうかを確認してください。

iphone 再起動

システムの問題なら、アラームを修復する2つの方法

上記の方法を試しても、iPhoneのアラームが鳴らない問題を解決できない場合、システムやソフトウェアの問題かもしれません。ここでは、iPhoneのシステムを修復する二つの方法を紹介します。

データ損失なしでiPhoneアラームが鳴らない問題を修復する

特にiPhoneをiOS14にアップデートしたばかりの人にとって、iPhoneアラームが鳴らない問題はソフトウェアの故障によっても引き起こされる可能性が大きいです。そんな場合、iOSを再インストールし、故障があるファームウェアのインストールによるバグを修復しなければなりません。

しかし、システムの修復といえば、データの損失が心配するでしょう。iMyFone FixppoというiOSシステム修復ツールを使えば、データの損失を心配することはいりません。このソフトウェアは、データ損失なしでiOSシステムの問題を修復できるので便利です。たやすく操作できるため、ユーザーに好まれています。

無料で試す無料で試す

iOSデバイスのすべてのシステム問題を100%の成功率で修復します。標準モード、ワンクリックでリカバリーモードに起動/解除、高級モードという3つのオプションがあります。標準モードを使用するなら、データの損失はありません。

iMyFone FixppoでiPhoneのアラームを修復する方法は次のとおりです。

ステップ1:コンピューターにFixppoをインストールし、画面に表示される三つのオプションから「標準モード」を選択します。

Fixppo 問題修正

ステップ2:ファームウェアを選択し、ダウンロードします。ファームウェアはiPhoneの問題を分析し、修復できます。

Fixppo アラーム 鳴らない

ステップ3:ファームウェアがダウンロードされた後、「修復開始」をクリックします。修復プロセスが終了すると、iPhoneのアラームが正常に機能するようになります。

iPhone アラーム修復

iTunesでiPhoneを初期化する

iPhoneに重要なデータがそんなに多くない場合、iTunesでiPhoneを工場出荷時の設定に復元することもお勧めします。これは、ソフトウェア関連の問題であれば、iPhoneアラームが鳴らない問題を確実に解決します。操作ステップは以下の通りです。

  • iPhoneをコンピューターに接続し、そしてコンピューターでiTunesアプリを起動します。
  • iPhoneはiTunesによって検出されます。次に、iPhoneアイコンをタップします。
  • 「概要」タブに移動し、「iPhoneを復元」を探してタップします。
  • その後、すべてのデータと設定の消去を開始し、iphoneを工場出荷時の状態に復元します。

iPhone 復元

注意

iTunesでiPhoneを復元すると、現在iPhone上のすべてのデータが消去されます。データをバックアップし、そしてデータをコンピューターに導出する必要があります。

まとめ

以上はiPhoneのアラームを鳴らない時の対処法です。もしiPhone本体での操作は解除できない場合、システムの不具合と考えられますので、ソフトを修復しなければなりません。もしiTuneを使い、デバイスの損失を心配したら、iOS不具合修復ツールをぜひ試してみてください。

無料で試す無料で試す