Q:「iPhone"iPhone"を復元できませんでした。デバイスが見つかりません。」と表示されてしまいます。助けてください。

– ○○さん

特に何もしていませんが、iPhoneがリンゴループになって無反応なので、iTunesに接続して復元しようとしたら「iPhoneを復元できませんでした。デバイスが見つかりません。」と表示され、にっちもさっちもいかないことがありますか?このような不明なエラーは、iOSのアップデート後によく発生するらしいです。

この文章は、「iPhoneを復元できませんでした」エラーについて、いくつかの対処方法をご紹介します。ご参考になれば幸いです。

iPhoneは復元できませんでした

パート1.データを消去せずに「iPhoneを復元できませんでした」問題を修正

「iPhoneを復元できませんでした。デバイスが見つかりません。」とエラーは表示された場合は、専門的なiOS不具合修復ツールを利用するのは最も安全で効率的です。「iMyFone Fixppo」を利用すれば、iPhoneのデータを消去することなく、僅かな3ステップでiPhoneを復元できない問題を解決できます。

なお、復元エラーだけではなく、iPhoneがiTunesに認識されない、同期できない、リンゴループ、起動障害など、あらゆるiPhone/iPad/iPod touch不具合の対策を提供し、簡単に解消することが可能です。

iphoneシステム修復ツール

800万以上のダウンロード

iMyFone Fixppo - 超強力iOS不具合対策

  • 「iPhoneを復元できませんでした」などの不明なエラーを数分で修復可能

  • iTunes不要、データを消去せずにiPhone /iPad /iPodを様々なトラブルから復元

  • スキルや専門知識が不要、パソコン初心者でも安心して利用可能

  • 幅広い互換性を持ち、すべてのiOSとすべてのiOSデバイスに適用

無料で試す無料で試す

ステップ1.ソフトを起動して、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。そしてホーム画面から「標準モード」を選択します。

標準モード iOS修復

ステップ2.デバイス情報と利用可能なファームウェアが自動的に検出されますので、確認して問題がなければ「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ3.「開始」ボタンをクリックして修復作業を実行し、処理が完了するまでしばらくお待ちください。

iOS修復完了

修復が完了したら、iPhoneが復元できないエラーが修正され、正常状態で再起動します。

パート2.「iPhoneを復元できませんでした」問題を修正する4つの通常方法

iOS修復以外に、他の4つの通常方法で「iPhoneを復元できませんでした。デバイスが見つかりません。」問題を修正可能です。

方法1.アップル純正のUSBケーブルを試す

お使いのUSBケーブルはアップル純正のアクセサリではないと、接続がiTunesに拒否され「iPhoneを復元することができませんでした。デバイスが見つかりません」エラーが出る場合があります。その時は、デバイスに付属する純正のLightning USBケーブルを試してみてください。

特に接続ができたりできなかったりする場合は、ケーブルを新しいものに変更、または他のUSBポートを使って、様子を確認してください。

方法2.iTunesを最新バージョンにアップデートする

iTunesは最新バージョンではない場合、復元や同期などを実行するとより頻繁にエラーを起こしてしまうみたいです。「iPhoneを復元できませんでした。デバイスが見つかりません。」が表示されiPhoneを復元できない場合は、まずお使いのiTunesは最新バージョンであるか確認してください。古いバージョンだと、iTunesを最新版に更新してからもう一度iPhoneの復元を試しましょう。

Mac版の場合:最新バージョンの iTunes (iTunes 12.8 まで) にアップデート可能です。Mac で App Store を開き、App Store のウインドウの上部で「アップデート」をクリックします。そして、iTunes のアップデートが提供されている場合は、「インストール」をクリックします。(※ Mac をmacOS Catalinaにアップデートした後、iPhone /iPad /iPod touchをバックアップ、復元、同期するには、Finderを使います。)

iTunesをアップデート Mac

Windows版の場合:iTunesウインドウ上部のメニューバーから、「ヘルプ」>「更新プログラムを確認」の順に選択します。そして、画面の指示に従って、最新バージョンをインストールします。

iTunesをアップデート Windows

方法3.iPhoneの強制再起動を試す

軽度なiPhone不具合で「iPhoneを復元できませんでした。デバイスが見つかりません。」エラーを引き起こした場合は、iPhoneを強制再起動して問題を解消することも可能です。強制再起動の方法は、モデルによって若干異なりますので、下記をご参照ください。

iPhone 8/8Plus/X以降の場合

① 音量を上げるボタンを押してからすぐ離れます。

② 音量を下げるボタンを押してからすぐ離れます。

③ Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

iPhone 7/7Plusの場合

Appleロゴが表示されるまで、電源ボタンと音量(-)ボタンを同時に長押しします。

iPhone 6s以前の場合

Appleロゴが表示されるまで、電源ボタンとホームボタンを同時に長押しします。

iPhone 強制再起動

方法4.リカバリーモードでiPhoneを復元する

上記三つの通常方法で「iPhoneを復元できませんでした。」問題を修正できない場合、もう一つiPhoneを手動でリカバリーモードにしてから復元を試してみる方法があります。接続に問題が発生したiPhoneをリカバリーモードまたはDFUモードに入って、iTunesに認識されるようになるケースが多いので、試してみる価値はあると思います。だだし、この方法で復元するとデバイスのデータがすべて消去されますので、バックアップを取っていない方にはお勧めしません。

iTunesを起動し、iPhoneパソコンに接続します。接続したままの状態で手動でiPhoneを強制再起動します。iTunes画面で以下のポップアップが表示されたら、「復元」をクリックします。これで、iPhoneが正常に復元されます。

iTunesでiPhoneを復元

より簡単に各解決方法を理解できるよう、上記五つの対策の比較表をまとめました。

成功率 所要時間 操作難易度 データに対する影響
iOS修復ツール 100% 短い 簡単 なし
USBケーブル変更 10% 短い 簡単 なし
iTunes更新 50% 長い やや複雑 なし
強制再起動 30% 短い 簡単 なし
リカバリーモードで復元 80% 長い 複雑 データが完全消去

最後に

以上は「iPhoneを復元できませんでした。デバイスが見つかりません。」とエラーが出たときの5つの解除方法です。やはり、iOS不具合修復ツール「iMyFone Fixppo」はもっとも成功率が高く安心でしょう。数ステップで手軽に済ませますので、初心者やパソコンに苦手な方に最適です。

無料で試す無料で試す