「朝起きてiPhoneを見ると絶えず再起動し続けていたんです。リカバリーモードにして復元しようとしても、“iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました。”というメッセージが表示されるのです。iOSは11です。誰か助けてくれませんか?」

iPhoneが独りでに再起動をループし続けるのはよく聞く問題です。この問題はソフトウェアとハードウェア両方に原因がありますが、デバイスを復元するのは解決の一つの方法です。しかしもし何らかの原因でエラーが発生して復元できないとき、どうすればよいでしょうか?この記事ではいくつかの解決方法を紹介したいと思います。

iPhone復元エラーの5つの解決方法(iOS 14/13/12対応)

以下の手順により問題を解決することができます。自分に合った解決方法を発見するまで、いくつか試してみるといいでしょう。

iTunes エラー9

方法1.iTunesのバージョンを確認する

iTunesがのバージョンが古いため、iPhoneの復元中にエラーが出てしまうケースが多いです。「iPhoneを復元できませんでした。」と不明なエラーが表示される場合は、まずiTunesのバージョンを確認してください。

iTunesを開き、ウインドウ上部のメニューバーから、「ヘルプ」>「更新プログラムを確認」をクリックし、利用可能な最新版があるかをチェックします。新しいバージョンが表示されたら、「iTunesをダウンロード」をクリックして、指示通りにiTunesをアップデートしてください。Macの場合は、App Storeウインドウから「アップデート」>「インストール」をクリックします。

iTunesを最新バージョンにアップデート

方法2.セキュリティソフトウェアを確認する

セキュリティ(アンチウィルス)ソフトウェアによってAppleサーバーへのアクセスが妨害されている可能性もあります。結果として、デバイスを復元しようとするとiTunesにエラーコードやエラーメッセージのポップアップが表示されます。この場合、一時的にセキュリティソフトウェアを停止してから試せばよいでしょう。

方法3.デバイスのUSB接続を確認する

接続不良によりエラーが出ることもあります。デバイス付属のUSBケーブルを使いましょう。もしお持ちでない時は、Appleの違ったケーブルを用い、もしくは別のUSBポートや別のコンピューターに接続してみましょう。

方法4.iOS修復ツールを使ってエラーを修正する

もし上記のどの方法でもダメだった場合、可能性としてあり得るのはソフトウェア関連の問題です。その際には、iOSに関連したどんな問題も修復するために作られたiOS専用修復ツール「iMyFone Fixppo」が役に立つかもしれません。以下にその機能を紹介します。

iMyFone Fixppo(iOS 14/13/12/11対応)

  • リンゴループや再起動を繰り返す、リカバリーモード/DFUモードから動かないなど、iOSに関連したほとんどのシステム不具合を修復できます。

  • 「標準モード」、「アドバンスドモード」、「リカバリーモードを起動&解除」など3つの修復モードがあり、数々のiOSトラブルを最大限にカバーしています。

  • とてもシンプルに使うことが可能で、データを失わずにiPhoneを数ステップで復元できます。

  • 幅広い互換性を持ち、最新のiOS 14までを搭載するすべてのiPhone/iPad/iPodをサポートしています。

無料で試す無料で試す

iMyFone Fixppoを使ってiPhone復元エラーを修復する方法

プログラムをダウンロードしてインストールし、以下の手順に従ってください。

ステップ1.プログラムを起動し、「標準モード」をクリックしてください。

標準モード iPhoneを修復

デバイスをコンピューターに接続すると、デバイスをDFUモードかリカバリーモードにすることを要求されます。

iPhoneをDFUモードにする

ステップ2.修復の前にデバイスに最新のファームウェアを取得する必要があります。利用可能なファームウェアが検出されたら、「ダウンロード」をクリックしてください。

ファームウェアをダウンロードする

ステップ3.ファームウェアがダウンロードされるまで待ちます。修復の「開始」をクリックするとすぐに、デバイスの修復が始まります。2、3分ほど経つと、デバイスは通常の状態に戻り、iPhoneの復元エラーも修正されるはずです。

iPhoneを修復する

もしス「標準モード」で問題を修復できない場合、アドバンスドモードを試す必要があります。手順は似ていますが、アドバンスドモードはお手持ちのデバイスのデータを全て消去してしまうので注意してください。

方法5.ハードウェアを確認する

ハードウェア関連で問題が起きているケースでは、お手持ちのデバイスまたはコンピューターのコンポーネントが損傷している場合があります。デバイス、コンピューター、もしくはケーブルまでもチェックしましょう。もしお手持ちのデバイスが損傷を受けていない場合は、他のコンピューターへの接続なども試してみてくさい。

最後に

以上、iTunesでiPhoneを復元中に不明なエラーが発生した時の対処法まとめです。もし、iOSデバイスの復元時にコンピューターで「iPhoneを復元できませんでした。」が表示され、9、4005などのエラーコードが出た場合は、ぜひこの記事を参考にしてください。

無料で試す無料で試す