<質問>
「LINEをiPadからiPhoneへ移行したい…」
「端末を変更する時に、大事なトーク履歴も残したい…」
そんなお悩みを、抱えてはいませんか?

大切な友だちとの思い出を、いつまでも残したいお気持ち、とてもよく分かります。実は、iPadにあるLINEのデータを、iPhoneやアンドロイド、PCに移行する方法があるんです。この記事では、iPadから新しい端末へのデータ移行方法について、詳しく解説します。こちらを読めば、あなたも友だちとのトーク履歴を、永遠に残すことができますよ。

Part1:万能のプロなLINEデータを管理するソフトの利用

「トーク履歴を他の端末に移す」と聞くと、初めての方は「難しいのでは?」「自分にもできるのかな?」と身構えてしまうかも知れませんね。そんなあなたに、操作が簡単な、とっておきの方法があります。iPadからiPhoneへ、LINEのデータを移す上で確実なのが、専用のLINEバックアップソフトを使う方法。おすすめのソフト「iTransor for LINE」を用いた、データ移行方法を紹介しましょう。

この専門的なLINEデータ管理ソフトはiPhoneとAndroidのLINEトーク上にある、さまざまな種類のデータを転送することができます。iPadからiPhone/Android/PCにトーク履歴を転送したい場合はこのソフト一つで十分です。

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINEの主な特徴:

  • 【同OS・異OS転送】iOS/AndroidデバイスからiOSデバイスへLINEトークの転送ができる。
  • 【バックアップ・復元】無料かつ無制限でバックアップしてから、直接iOSへの復元ができる。
  • 【PCにエクスポート】iOS/Androidデバイスから選択的にPCにエクスポートできる。エクスポートしたファイルはすべてのメディア付けのデバイスで閲覧できる。
  • 【プレビュー】無料でバックアップしたLINEバックアップファイルを閲覧できる。

iPadからiPhoneにデータ転送する方法は、たった2ステップ。

ステップ1:端末を、iTransor for LINEがインストールされたパソコンにUSBで接続します。次に、「Android/iOSからiOSへLINEデータ転送」を選択して、「スタート」をクリックするだけ。

iTransor for LINEを起動します

ステップ2:画面の指示通りで転送したいiPhoneに同じLINEアカウントをログインします。

Androidアシスタント権限を開く

たったこれだけで、iPadからLINEデータをiPhoneに転送できるようになります。

iPadからPCにエクスポートするには:

ステップ1:同じくソフトを起動してから、デバイスをPCに接続します。「AndroidとiOSデバイスからLINEデータをバックアップ」をクリックして「スタート」を押します。

iTransor for LINEを起動する

ステップ2:そのまましばらく待ってから、バックアップが完成です。次に完了画面で「バックアップデータを表示」をクリックします。

iTransor for LINEでバックアップ完了

ステップ3:PCにエクスポートしたいトークの前にチェック入れて、「エクスポート」をクリックします。

iTransor for LINEでバックアップをエクスポート

こうすると、簡単にPCにエクスポートし、保存できるようになります。

Tips:

PCへエクスポートしたファイルはすべてのAndroidデバイスで閲覧できます。

メリット:

  • iPadからiPhone/Android/PCどれでもデータ転送できる。
  • 転送するLINEトークはトーク履歴と写真など一緒なので、閲覧しやすい
  • 他にはLINEの復元などの機能がある

デメリット

  • PCが必要
  • バックアップと閲覧以外は製品版購入が必要

Part2:LINEトークをiPadからiPhoneへ引き継ぎする方法

次に、LINEのトーク履歴を、iPadからiPhoneのみ引き継ぎする方法を解説しましょう。

具体的には、iPad上のiCloudでバックアップして、iPhoneへ渡すという手順になります。

ステップ1:iPad側のLINEアプリより「設定」を開き、「トーク」をタップします。

ステップ2:「トークをバックアップ」→「今すぐバックアップ」で、データをiCloudに保存します。

LINEトーク履歴をバックアップ

ステップ3:「設定」画面に戻り、「アカウントの引き継ぎ」をタップしましょう。

ステップ4:「アカウントを引き継ぐ」をオンにします。すると、36時間以内での引き継ぎを促す確認画面が表示されますので、iPhone側にLINEのアプリをインストールしましょう。

LINEアカウント 引き継ぎ許可

ステップ5:ログイン後、認証を済ませると「トーク履歴はバックアップ済みですか?」と表示されます。「はい、トーク履歴を復元します」をタップすると、データを移行させることができます。

LINEトーク履歴を復元

メリット:

  • 公式な方法なので、操作するにはデバイスのみが必要です。

デメリット

  • バックアップの容量制限がある、超える部分は毎月料金を払う必要がある。
  • 上書きされる恐れがある、一体どこまでバックアップしたかはっきり分かることができない。

Part3:iPadからAndroid/PCへデータ移行方法

ではiPadから、アンドロイド端末やパソコンへのLINEのデータ移行は可能なのでしょうか。LINEのアカウント自体は、OSが異なる端末間でも、問題なく引き継ぐことができます。しかし残念ながら、OSが同一となる、iPadからiPhoneへの引き継ぎとは異なり、トーク履歴などの一部データについては移行できません。

したがって、絶対に残したいトーク履歴については、事前の準備が必要となります。

ステップ1:iPad側のLINEアプリを、最新バージョンにしましょう。旧端末と新端末でアプリのバージョンが異なる場合、アカウントの引き継ぎが失敗するかも知れません。

ステップ2:次に、トーク内の画像を、アルバムやKeepに保存しましょう。どちらも、異なるOS間での引き継ぎが可能です。引き継ぎたい画像を長押しして、「Keepに保存」または「アルバムに保存」を選択しましょう。

LINEファイル keepに保存

ステップ3:さらに、残しておきたいトーク履歴を、「テキストファイル」あるいは「トークスクショ」で保存します。

①テキストファイルでの保存の場合

該当のトーク画面において、右上のメニューボタンをタップし、「その他」→「トーク履歴を送信」と進んで、任意の送信先を選択します。

LINEトーク履歴を保存

ただし、テキストファイルですので、スタンプや画像は表示されません、ご注意くださいね。

②トークスクショの場合

1. 保存したいトーク画面のトークを長押しして、メニューから「スクショ」を選択します。

2. その後、スクショする範囲を指定して、「スクショ」をタップするとトークが画像生成されます。

3. 後は、ダウンロードボタンで端末に、そして共有ボタンでKeepに、それぞれ保存します。

LINEトーク履歴をスクショして保存

こうすると、部分的に大事なLINEをバックアップすることできます。

メリット:

  • 料金かからない

デメリット

  • トーク履歴と写真動画の保存はそれぞれ違う場所にあるので、閲覧するには不便です。

まとめ

以上、iPadからiPhone、Android端末へのデータ移行方法について、詳しく解説しました。LINEはもはや、生活必需品といっていいアプリですから、LINEデータを管理するソフトももちろん必要品になります。ここで紹介する専門的なLINEデータを管理するソフトは貴方のすべてのLINEに関する必要が満足できるので、今すぐ、試してみましょう!