LINEは、多くのスマホユーザーが使っている大変便利なアプリです。チャットや通話、写真、動画などファイルの送信など、様々な手段で手軽にコミュニケーションが取れるため、現代人にとって半ば必須のものになっています。しかし、急に「接続できない」という現象が起こる不具合が起きるケースもあります。

LINEにアクセスできない時の対処法

急にLINEへ接続できなくなり、大切な友人のトークが確認できくなって焦った経験をしたことがある人も多いでしょう。本記事では、LINEが接続できなくなった時の対処法をまとめてみました。多岐に渡ったケースを記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Part1:LINEを使う時よくあるエラー表示

LINEが接続できない時によくあるエラーメッセージは「サーバーへ接続出来ません」「LINEにアクセスできません」「インターネット接続を確認してください」というものです。このようなメッセージが表示される原因は、大きく分けて以下の4つが考えられます。

  • ネットワークに問題がある場合
  • 端末本体に問題がある場合
  • LINEアプリに問題がある場合
  • LINEサーバーに問題がある場合

そのため、通信環境や端末、LINEアプリの不具合を一つ一つチェックしていく必要があります。以下では、その手順を見ていきましょう。

Part2:ネットが繋がらない、アクセスできない時の対処法

それでは、ネットに繋がらないときの対処法をパターン別に解説していきます。

2.1. 通信環境を確認 

まずは、通信環境の確認です。スマホはモバイルデータ通信で、LTEや4G回線になります。これらの回線が通信速度制限を受けている場合は、LINEアプリが正常に動作しません。この場合は、Wi-Fi回線に切り替えることで改善します。また、機内モードになっている場合もWi-Fiに接続されていれば影響がないのですが、そうでない場合にはLINEが使えません。機内モードは必ず解除しましょう。

iPhoneで機内モードを設定

機内モード及びWiFiのスイッチは全部デバイスの上から下にスワイプして表示されます。

2.2. 端末を再起動 

一時的な不具合を解消するためにお馴染みの手段である「再起動」を試してみてください。端末を再起動することで、問題が解消されるケースも多々あるためです。

【iPhoneの場合】

ステップ1:サイトボタンと片方の音量ボタンを長押しして、電源スライダが表示されたら、スライドすると、デバイスが閉じます。

ステップ2:30秒ぐらい時間をあけて、もう一度サイトボタンを長押しして、デバイスを起動します。

iPhone再起動

【Androidの場合】

ステップ1:Androidのサイトボタンを長押しします。

ステップ2:すぐに「再起動」が表示されるはずです、再起動をタップして、起動完成です。

Android再起動

2.3. 端末とLINEを最新バージョンにする 

それでも解決しないようなら、端末のOSとLINEを最新バージョンに更新してください。iPhoneとAndroidでは操作が異なるので、別々に説明します。

【iPhoneの場合】

まず、OSの更新から説明します。

ステップ1:設定を開いて「一般」→「ソフトフェア・アップデート」の順に進んでください。

ステップ2:「今すぐインストール」をタップするとOSの更新が開始されます。

iPhoneをアップデート

続いて、LINEの更新です。

ステップ1:「App Store」を開いて、画面右上にある「青色をした人型のアイコン」をタップしてください。

ステップ2:画面下に進むと、「利用可能なアップデート」にLINEが表示されているか確認しましょう。表示されている場合は「アップデート」をタップしてください。

LINEをアップデート iPhone

【Androidの場合】

AndroidのOSの更新はメーカーによって操作が異なるので、Androidヘルプを参照してください。サムスンを例として、Androidをアップデートする手順:

ステップ1:設定を開き、「ソフトウェア更新」をタップします。

ステップ2:「ダウンロード及びインストール」をタップし、更新する必要がある場合は次の画面で表示されるので、「ダウンロード」をタップすると、更新開始です。

Androidをアップデート

次に、LINEの更新について解説します。

ステップ1:「Google Play」を開いてください。

ステップ2:Googleアカウントのアイコンをタップして「マイアプリ&ゲーム」へ進みます。

ステップ3:「アップデート」の一覧にLINEが表示されていないか確認してください。表示されている場合は、「更新」をタップしてアップデートしましょう。

LINEをアップデート

2.4. LINEのキャッシュを削除する(Androidのみ) 

それでもダメなら、LINEのキャッシュを削除してください。キャッシュが原因で不具合を起こしているケースもあります。LINE以外でキャッシュを削除することはAndroidのみできます。

キャッシュを削除する手順は、以下の通りです。

ステップ1:「設定」→「アプリ」→「LINE」の順で進みます。

ステップ2:「ストレージ」→「キャッシュを削除」をタップすると、キャッシュが削除完成です。

キャッシュを削除 Android

こうすると、LINEが軽くなるので、アクセスできるようになるでしょう。

2.5. サポートセンターに問い合わせする 

それでもLINEにアクセスできない場合は、「LINEサーバーに問題がある」と考えられるので、サポートセンターに問い合わせてください。また、珍しいケースですが、特定の機種とOSバージョンが一致する場合に、LINEでエラーが発生することがあります。もしサービス側で不具合が発生した場合には、TwitterのLINE公式アカウントにアナウンスがあるので、そちらもチェックしておきましょう。

問い合わせする仕方:

ステップ1:お問い合わせセンターへ移動します。

ステップ2:「利用国」>「返信用メールアドレス」>「問題発生機種」>「サービス」をLINEを選択します。

ステップ3:「カテゴリー」をLINE起動しない・強制終了しますを選択し、最後の「詳細」で起動時にエラーを選択します。

ステップ4:最後に登録の電話番号とメールアドレスを入力し、「送信」をクリックします。

LINE問い合わせ

こうすると、返信を待つだけです。少し時間かかりますが、うまく解決できます。

Part3:アクセスできないのに大事なトークを確認したい時

ここでは、便利な裏ワザを紹介します。iPhoneやAndroidで「LINEにアクセスできません」と表示された時でも、大切なトークを確認できる方法です。それは、iTransor for LINEを使用することです。このプロなLINEデータ管理ソフトは、簡単なクリック操作でLINEを完全にバックアップでき、バックアップしたファイルからデバイスへ直接LINEに復元できます。また、iOS/AndroidからiOSへLINEデータを直接転送することも可能です。最も大事なのはLINEにアクセスできない時でも大切なトークを確認することができるようになります。

トーク履歴を確認する操作手順:

ステップ1:iTransor for LINEをインストールして、起動します。PCにデバイスを接続します。次に画面の左側にある「Android/iOSデバイスからLINEデータをバックアップ」を選択して、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動する

ステップ2:バックアップが完了すると、「バックアップデータを表示」をクリックします。

iTransor for LINEでバックアップ完了

こうすると、簡単にLINEのトーク履歴を閲覧することができます。ここまでの手順は完全無料となっています。

iTransor for LINEでバックアップをエクスポート

Tips:

機種変更する際、バックアップしたトークは直接iPhoneに復元できます。LINEデータの管理に100%安心できます。

結論

本記事では、LINEにアクセスできない時の対処法について解説しました。以上に述べた対処法を試すことで、LINEに接続できない状況を解消できるでしょう。また、どうしてもLINEにアクセスできないという場合でも、本記事の最後に紹介した「iTransor for LINE」を使ってバックアップを取っておけば、LINEに繋がらなくても大切なトークを確認することができます。トラブルが起きる前に、プロなLINEデータを管理するソフトでバックアップを取っておきましょう。