<質問>
「LINEに、友だちではない人からメッセージが届いた…」
「友だちに追加していない人からのメッセージは、受け取りたくない…」
そんな悩みを抱えてはいませんか?

LINEでは、友だち以外の人からメッセージが届くと「友だちではないユーザーです」と表示されます。知らない人からの突然のメッセージ受信は、少し不安になってしまいますよね。

この記事では、LINEにおいて友だち以外のユーザーにトークを送る方法や、メッセージを受け取りたくない場合の対処法について、詳しく解説します。

Part1:LINE友達ではないユーザーにトークを送る方法

LINEにおいて、友だちに追加せずにトークを送ることはできません。ID検索で相手を探し当てても、友だち追加ボタンが表示されるのみで、それをタップをしない限りトーク画面は出てきません。

つまり、メッセージを送ってきた相手は、あなたを友だち追加している、ということです。友だちではない人にトークを送るには、送られてきたトークへの返信機能を利用します。

知らない人へトークを送る方法:

Step 1.下側メニュー「トーク」より、友だちに追加していない人から届いたトークを開く。

Step 2.上部に友だち追加のメニューが表示されるが無視して、下側にあるメッセージ入力欄より、そのままトークを返信する。

LINEで知らない人にメッセージを送る

この方法を使えば、友だちに追加しなくてもメッセージが返信できます。また相手側では、普通のトーク画面であなたのメッセージが表示されます。

Part2:相手のトークを受け取りたくない時の対処法

LINEにおいて、友だちじゃない人からのトークを受け取りたくない時は、以下の方法でメッセージの受信拒否を設定しましょう。

受信拒否する方法

Step 1.LINEアプリのホーム画面より「設定(歯車アイコン)」をタップ。

Step 2.「プライバシー管理」を選択する。

Step 3.「メッセージ受信拒否」を「オン」にする。

LINE受信拒否

これで、友だちに追加していない人からのメッセージは届かなくなります。

Part3:LINEの友達でないユーザーとトークを送る時のFAQ

ここからは、LINEのトークを友だち以外のユーザーに送る際における、よくある質問を紹介します。

1相手がトークを開いたら既読つきますか?

友だち以外のユーザーから届いたメッセージを開いても、相手を友だちを追加していない限り、向こうのLINEで既読はつきません。LINEでは、友だち追加していないユーザーからのメッセージを見ても、既読がつかない仕様となっています。

したがって、トークを見たとしても返信を遅らせたり、見なかったことにしたりすることも可能です。

2相手が友達追加しないと返信ができますか?

友だち登録がされていないユーザーにトークを送信しても、相手が「メッセージ受信拒否」をオンにしている限り、相手のトーク画面には表示されませんので、返信も不可能です。

Tips:大事なLINEトークを同・異OS間転送する裏ワザ

LINEは生活に欠かせないアプリとなりました。特に、友だちとの大事なトーク履歴は、永遠に保存したいもの。しかし、iPhoneからAndroidスマホ、またはAndroidスマホからiPhoneへの機種変更を行った場合は、LINEのトーク履歴を引き継ぐことはできません。

そこで、プロの専門家による「iTransor for LINE」という便利なソフトがあれば、確実かつ簡単に、LINEのトーク履歴を異なるOSの端末に移行することができるのです。

ここでは、Android端末から、最新の「iPhone13」に機種変更する時における、LINEトークの異OS転送する方法を解説します。

Step 1.端末をiTransor for LINEがインストールされたパソコンにUSBで接続して、ソフト左側の一番上にある「Android/iOSからiOSへLINEデータを転送」を選択して「スタート」をクリック。

iTransor for LINEを起動します

Step 2.画面の指示に従って、GoogleドライブでLINEのデータをバックアップする。

LINEで旧バージョンをインストール

Step 3.「フルバックアップ」と表示されるので、まずはAndroid端末側で任意の暗証番号を入力し、次にPC側でも同じ暗証番号を入力する。

デバイスに「データを復元」をタップ

Step 4.Android端末側の「設定」より、「アプリ」→「iTransor Assistant」→「権限」の順に進んだ上で、ストレージの権限を「オン」にする。PC側で「完了」をクリックすると、データを転送するために必要なソフトが、端末にダウンロードされる。

Androidアシスタント権限を開く

Step 5.画面の指示に従い、転送先のiPhoneにて同じLINEアカウントでログイン。

iPhoneでLINE登録

これからはデータが全て転送されるまで待機する。ここまでの操作で、LINE上にあるトークや画像・動画ファイルが、簡単に転送可能です。これで安心して、異なるOSの機種変更ができますね!Android、iPhoneを問わず、全てのLINEユーザーにおすすめしたい、イチオシのソフトです。

まとめ

ラインにおいて、友だち以外のユーザーからメッセージが届いた場合は、それを利用してトークを返信しましょう。また、知らない相手からのメッセージを受け取りたくない場合は、あらかじめ「メッセージ受信拒否」を設定しておくといいでしょう。同時にLINEデータをバックアップ、復元、転送などの時公式な方法では実現できない時はバックアップ・引継ぎできるツール「iTransor for LINE」を利用しましょう。トラブルが起きてもいつでも復元ができ、非常に安心です。初心者でも簡単にご利用できるので、今すぐ無料版を試してみましょう!