今の世の中、PC版でのLINEを使いこなすことは当たり前になってきています。PC版(Windows10)のLINEを使うことで、PCでもスマホと同様に通話をすることが可能です。しかし、“通話ができない”“ビデオ通話の画面が表示されない”“声が聞こえない”などといった声も上がっています。

PC版LINEで通話ができない対処法

そこで本記事では、PC版LINEの通話ができない、聞こえない問題を六つの方法で解決していきます。PC版のLINE通話でお困りの方はこの記事を読めば、解決に導かれていくでしょう。

問題1:通話に関する設定をしていない

LINEの設定で権限が許可されていなければ、通話することはできません。改めて、PC版LINEの通話設定を行いましょう。

解決手順をステップごとに解説していきます。

ステップ1:PC版LINEにログイン

ステップ2:ログイン後、左下の「…」から「設定」を選択

ステップ3:設定を開いたら「通話」を選択

ステップ4:「通話の着信許可」にチェックがあるか確認

ステップ5:通話の相手にもチェックがあるか確認

ステップ6:順番にスピーカー、マイク、カメラを設定

PC版LINEで通話に関する設定

以上の手順で、LINEの設定が完了します。

問題2:Windows10でカメラの権限がない

Windows10では、アクセス権の許可をしなければカメラを使うことができません。

解決手順をステップごとに解説していきます。

ステップ1:タスクバーのスタートから歯車マーク(設定)

ステップ2:「プライバシー」を選択

ステップ3:左下のカテゴリーから「カメラ」を選択

ステップ4:カメラの中の項目をチェック

ステップ5:「アプリがカメラにアクセスできるようにする」をオン

ステップ6:「カメラにアクセスできるアプリを選ぶ」でLINEをチェック

ステップ7:「デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにする」にチェック

Win10PCでカメラに関する設定

以上の手順で、Windows10のカメラの権限がオンになりました。また、LINE以外でカメラを使うアプリを開いていた場合、すべて消しておくことがおすすめです。

問題3:PC版LINEのバージョンが古い

そもそも、「LINEのバージョンが古くて対応していない」なんてこともあります。

次は、LINEのバージョンアップをしていきましょう。

ステップ1:PC版LINEを開き、左下の「…」を選択

ステップ2:「LINE情報」を選択

ステップ3:LINEのバージョンが最新であるか右上で確認する

ステップ4:「最新バージョンです」と表記されているか確認

ステップ5:「今すぐアップデート」と表記されていれば、クリックしてアップデートする

ステップ6:ボタンをクリックすると、アップデートが開始

ステップ7:処理が完了したら「確認」を押してLINEアプリを再起動

PC版LINEをアップデート

この手順により、LINEのバージョンアップが無事に完了できました。ほとんどの場合、ここまでの対応で解決できることが多いでしょう。

問題4:セキュリティソフトの影響

ここまできてもトラブルが解決されない場合は、セキュリティソフトが影響している可能性が高いです。セキュリティソフトにも様々あるので、公式HPや取扱説明書を参考に、LINEアプリをファイアウォール除外リストに追加してください。また、セキュリティソフト自体を別のソフトに変えてみることもおすすめです。

Win セキュルティーソフト

問題5:通信環境が悪い

PCの通信環境が悪いと、利用できないことが多いです。また、無線回線(Wi-Fi)を使用している場合、有線の回線に切り替えると、通信環境が良くなることもあります。さらに、Wi-Fiルーターの再起動を試みることもおすすめです。

問題6:LINEアプリの不具合

LINEのシステム上の不具合の可能性も考えられます。LINEと端末の再起動を行いましょう。手順をステップごとに説明します。

LINEを再起動する方法手順です。

ステップ1:LINEの左下の「…」からログアウト

ステップ2:LINEアプリを一回閉じる

ステップ3:もう一度LINEアプリを開く

PC版LINEをログアウト

次に、PCの再起動も試してみましょう。

ステップ1:タスクバーのスタートをクリック

ステップ2:電源マークにカーソルを合わせる

ステップ3:再起動を選択

Win 10を再起動

再起動を試みる場合は、LINEアプリの再起動から行うことをおすすめします。

Tips:史上最強のLINE補助ソフトでLINEの大事なデータを保護する

LINEの問題を解決するための方法には、再起動や再インストールをするケースが多いです。しかし、再起動や再インストールによって、データなどが突然消えてしまったら嫌ですよね。そんなときに活躍するのがプロなLINEデータをバックアップ・復元・転送・エクスポートするソフト - iTransor for LINEです。この専門的なLINEデータを管理するソフトは、誰でもすばやく簡単に、LINEのバックアップを取れるとても便利なツールです。それ以外、また多くの人気機能が揃えています。(現時点では最新のiOS 15とiPhone 13、iPhone 13mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxを含めてのiPhoneデバイスとすべての人気Androidデバイスと互換性があります。)

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINEの優れているポイント:

  • 【無料のバックアップ・閲覧】無料かつ無制限でLINEのデータをバックアップ・閲覧できル。
  • 【復元】バックアップからLINEデータを直接デバイスに復元できる。
  • 【同OS・異OS間転送】機種変更する際、LINEトーク履歴をAndroid/iOSデバイスからiOSへ転送できる。
  • 【PCにエクスポート・保存】LINEデータをPCにエクスポート、保存できる。保存したファイルはすべてのメディア付けのデバイスに閲覧できる。

なぜiTransor for LINEを選択するか?


iTransor for LINE
iCloud
Googleドライブ
容量制限
なし
あり
あり
同OS転送
容量制限なしできる
容量制限あり
容量制限あり
異OS転送
yes
no
no
PCが必要
yes
no
no
選択的にバックアップ・エクスポート
yes
no
no
上書きされる恐れ
なし

バックアップの操作する仕方:

ステップ1:iTransor for LINEをインストールして起動します。PCにデバイスを接続して、「Android/iOSデバイスからLINEデータをバックアップ」を選択し、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動する

ステップ2:スタートをクリックすると、自動的にバックアップするので、しばらくまってから完了です。

iTransor for LINEでバックアップ完了

ステップ3:完了画面で「バックアップデータを表示」をクリックすると、バックアップファイルが閲覧できます。

iTransor for LINEでバックアップをエクスポート

まとめ

PC版でLINE通話ができない時には、様々な原因があります。本記事の手順に沿って、1つずつ原因を解決していきましょう。大事なLINEのデータが消えないように、iTransor for LINEを使ってデータのバックアップを取っておくことをおすすめします。