MP4ファイルとは、Windows 10などで一般的に使われる動画形式のことです。ただし、何か原因でMP4ファイルが再生できなかったり、再生途中で止まったりすることもあります。それはお悩みではないでしょうか?

動画編集などを進む時にMP4が再生できないと、作業が止まってしまいますし、とても困りますよね。今回は、Windows 10でMP4が再生できまい・見れない原因や修復する方法について解説していきます!また、いくつかの優れたMP4再生フリーソフトも紹介します。ぜひ読んでください!(今すぐMP4が再生できない問題を解決>>)

MP4 再生できない

Part 1.MP4が再生できない原因

まずは、WindowsでMP4が再生できない原因について確認しましょう!まとめて言えば、以下の4つあります。

  • MP4ファイルが破損している
    WindowsからMP4ファイルをダウンロード中に途中で切断されたり、エラーが発生したりすると、ファイルが破損する可能性があります。また、ネットワーク状態の不安定やMP4形式の変換中の問題により、MP4ファイルが再生できない可能性もあります。この場合、再生できないMP4ファイルを修復することによって、簡単に対処できます。
  • パソコンのシステムに一時的な不具合が発生
    使用しているパソコンのシステムに一時的な不具合が起きている可能性があります。また、パソコンの性能やストレージが不足している場合、MP4ファイルも順調に再生できません。
  • 動画再生ソフトがMP4ファイルに対応していない
    動画を再生するソフト(プレイヤー)がMP4ファイルに対応していないことも原因の1つです。MP4は一般的な動画ファイルフォーマットですが、一部の古いまたは特殊な再生ソフトではサポートされていないことがあります。同時に、再生プレーヤーのプログラムクラッシュや誤ったインストールによって、MP4が正しく再生できない可能性もあります。
  • MP4ファイルを再生するためのコーデックがない
    コーデックは、ビデオや音声を圧縮してファイルサイズを小さくしたり、高品質な映像や音声を再生するための方式や規格を指します。MP4ファイルは一般的にH.264(ビデオ)とAAC(オーディオ)のコーデックを使用します。これらのコーデックがインストールされていない場合、MP4ファイルが正常に再生されないことがあります。

MP4が見れない原因は意外に多いですね。続いては、対応する対処法をそれぞれ説明していきます。

Part 2.MP4が再生できない問題に効果的な対処法

MP4が再生できない時、次の6つの方法を試して解決してみよう!

1専用のツールで再生できないMP4ファイルを修復

MP4ファイル本体の破損が原因である場合、それを修復するために最も迅速の方法は第1位の動画修復ツール「iMyFone UltraRepair」の利用です。このWindowsとMacの両方に対応済のソフトで、たっだ3ステップで壊れて見れないMP4動画を修復できます。さらに、MP4だけではなく、MOVやAVIなど数多くの動画形式を修復することも可能です。市場に出回っている他の同様のソフトより強力な高度な修正機能を用いて、あらゆる理由で破損したMP4動画を修する成功率は高いです。数百万人の利用者から多くの好評を受けています。

UltraRepair 動画修復
UltraRepairの特徴4選!
  • 高度な修復モードがあり、破損、再生失敗、低画質などの動画再生に関連する問題を解決できる。
  • 複数の動画を一括で修復して保存できる。
  • MP4、MOV、AVIなどの様々な動画フォーマットに対応。
  • 古い、ぼやけた動画を高画質化にして、ビデオの詳細を復元できる。
  • 最新のWindows 11/macOS 13.4をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード

下の動画で、再生できないMP4ファイルを修復する方法をすばやく見ることができます。

再生できないMP4を修復

以下は、UltraRepairを使用してMP4を修復するためのテキストによる説明

ステップ 1.上のボタンを押し、ソフトをダウンロードして起動したら、「ファイルを追加して修復を開始します。」をクリックして、再生できないMP4ファイルをアップロードします。

UltraRepair 再生できないMP4動画を追加

ステップ 2.完了すると、インポートした動画のファイル名、サイズ、長さ、解像度が表示されます。右下の「修復」をクリックして修復を開始しましょう。

UltraRepair 再生できないMP4動画を修復

ステップ 3.ポップアップウィンドウにMP4動画が正常に修復されたことが表示されます。「コピーとして保存」をクリックして全部を保存します。

UltraRepair 修復したMP4動画を保存

こうした後、Windows 10でMP4ファイルは正常に戻って再生できるようになります。非常にシンプルでしょう!

2パソコンを一度再起動

パソコン本体に不具合が生じているためMP4が再生できない可能性があるが、それを修正する最も簡単の方法は1回再起動することです。こうすると、ほとんどWindowsの一時的なエラーが改善できます。再起動し終わったら、もう一度MP4ファイルを再生してみてください。

3Windows標準搭載の動画プレイヤーでMP4を再生

MP4ファイルが再生できないのは、再生しようとしている動画プレイヤーはMP4に対応していないかもしれません。そのため、一度別の動画再生ソフトを試してみましょう。

Windowsパソコンであれば、「Windows Media Player」という標準搭載のMP4対応の再生プレイヤーがおすすめです。デフォルトでは「映画&テレビ」で動画を再生するが、それに切り替えるのは簡単です。

Windows Media Playerを使ってMP4を再生する方法

ステップ 1.再生するMP4ファイルを右クリックします。

ステップ 2.「プログラムから開く」>「Windows Media Player」をクリックします。

ステップ 3.「別のプログラムを選択する」をクリックして、より多くのメディアプレイヤーが選択できます。それぞれ試してみよう!

Windows Media Player MP4ファイルを再生

Tips:

「Windows Media Player」を見つけられない場合、それがインストールされないかもしれません。「スタート」>「設定」>「アプリ」>「オプション機能」という順でクリックして、一覧で「Windows Media Player」があるかどうかチェックしよう。なければ、一番上の「機能の追加」をクリックしてそれをインストールしてください。

MP4ファイルはWindows 10で「フォト」または「映画&テレビ」アプリを利用して再生できます。

「フォト」/「映画&テレビ」アプリを使ってMP4を再生する方法

ステップ 1.再生するMP4ファイルを右クリックします。

ステップ 2.「プログラムを開く」>「フォト」/「映画&テレビ」を選択します。

Windows 10 フォト MP4ファイルを再生

4動画編集ソフトでMP4を他の形式に変換

MP4ファイルが再生できない場合、MOVやFLVなど、それを別の動画形式に変換すれば正常に見れるようになることが報告されます。根本的に問題を解決することではないものの、応急処置として試してもいいですね。

今のところ、数多くの動画編集ソフトはMP4ファイルを別の形式に変換するという機能が備えています。ここでは個人的に使いこなす「Filme(フィルミ)」を例として、具体的なやり方を紹介していきます。このソフトはパソコン初心者でもとても扱いやすく、20種類以上の動画形式にも対応するので、皆さんにも非常におすすめですよ。

Filmeを使って再生できないMP4を別の形式に変換する方法

ステップ 1.上記のリンクをクリックして、Filmeの公式サイトにアクセスしてそれをダウンロードします。

ステップ 2.起動したら、「新しいプロジェクトを作成する」を選択します。

ステップ 3.メディアライブラリーから再生できないMP4を読み込んでから、それをタイムラインにドラッグして配置します。

再生できないMP4ファイル 取り込む

ステップ 4.インターフェイス右上の「出力」ボタンをクリックして、出力画面の「形式」項目で、MP4以外のフォーマットの1つを選びます。

ステップ 5.右下隅の「出力」をクリックして変換した動画を保存します。後は再生できるかどうか確認しましょう!

動画出力形式 選択

Tips.

より多くの動画変換ツールを比較したい方は、以下の記事も合わせて読んでください。

関連記事:『【厳選】無料の動画変換ソフト・サイト8つ』

5MP4再生に対応するコーデックをインストール

MP4再生に対応するコーデックをインストールしたい場合、「K-Lite Codec Pack」のインストールを試してみてください!K-Lite Codec Packは広範なコーデックを提供し、多くのマルチメディアフォーマットに対応しています。そのため、MP4ファイルだけでなく、他の動画および音声フォーマットにも対応しています。再生問題の解決に役立つことが期待されます。ただし、注意して使用し、ウイルス対策ソフトウェアを常に最新の状態に保つことをお勧めします。

MP4再生に対応するコーデックをインストール

MP4再生に対応するコーデックをインストールする手順

ステップ 1.最新バージョンのK-Lite Codec Packをダウンロードします。Basic版を選択すると、必要最低限のコーデックが含まれています。

ステップ 2.K-Lite Codec Packをインストールすると、再生プレーヤーとして「Media Player Classic - Home Cinema」が含まれています。MP4ファイルを再生する際には、このプレーヤーを使用することをお勧めします。

ステップ 3.インストールが完了したら、MP4ファイルを再生してみてください。通常は、K-Lite Codec Packに含まれるコーデックを使用して、MP4ファイルを再生することができるようになります。

6Windows 10でトラブルシューティングを実行

MP4が再生できない場合、Windows 10のトラブルシューティングを実行することで、さまざまなビデオ再生問題を診断し解決することができます。以下は一般的なトラブルシューティング手順です。

Windows 10でトラブルシューティングを実行手順

ステップ 1.タスクバーの左下にあるWindowsロゴをクリックし、スタートメニューから「設定」アイコンをクリックまたはタップします(歯車のようなアイコン)。

ステップ 2.設定ページで「更新とセキュリティ」を選択します。

Windows設定 更新とセキュリティ

ステップ 3.左側のメニューから「トラブルシューティング」を選択し、右側の「追加のトラブルシューティング ツール」をタップします。

Windows トラブルシューティング

ステップ 4.「ビデオの再生」を見つけて、「トラブルシューティング ツールの実行」をクリックします。指示に従ってトラブルシューティングを進め、修復を試みます。

Windowsトラブルシューティング ビデオの再生

トラブルシューティングが完了したら、コンピューターを再起動して変更を適用します。そして、MP4の再生を再試行します。

Part 3.【Tips】WindowsでMP4を簡単に再生できるフリーソフト

WindowsでMP4動画を再生できるフリーソフトは多くあります。以下はいくつかのお勧めのMP4再生ツールです。

1Windows メディアプレーヤー

「Windows メディアプレーヤー」はMicrosoftが提供するWindowsシステムに組み込まれたデフォルトのメディアプレーヤーです。MP4、WMV、AVI、MP3など、幅広いファイルフォーマットに対応し、CDやDVDの動画再生も可能です。同時に、Windows機能とのシームレスな連携により、メディアを簡単に管理できます。

Windows 動画メディアプレーヤー

2VLCメディアプレーヤー

「VLCメディアプレーヤー」はほとんどのメディアファイルを高度に再生できる無料な動画再生ソフトです。動画(MP4、MKV、AVIなど)や音声など、さまざまなメディアフォーマットを包括的にサポートしています。Windows、Mac、Linuxなどの多様なシステムで動作し、高い柔軟性を提供します。VLCは特にMP4再生において優れており、使いやすいインターフェースと高度な再生機能を組み合わせ、ユーザーエクスペリエンスを向上させています。また、VLCは豊富な動画再生の設定を提供しています。イコライザーや動画エフェクトの調整、サブタイトルの同期、動画再生速度の変更などが可能です。

VLCメディアプレーヤー

3KMプレーヤー

「KMプレーヤー」は多くのメディアフォーマットに対応して、MP4だけでなく、特殊なコーデックや形式にもサポートしています。高解像度の動画や高ビットレートのファイルもスムーズに再生できる特長があります。ユーザーはKMプレーヤーの外観や動作を細かくカスタマイズできます。スキンの変更、再生速度の調整、字幕の表示オプションなど、使用者の好みに合わせた設定が可能です。また、このツールは再生中の動画から簡単にスクリーンショットを撮影する機能があります。動画の特定のフレームをキャプチャすることができます。

KMプレーヤー

Part 4.MP4が再生できない場合よくある質問

ここでは、補足情報として、「MP4ファイルが再生できない」「MP4が見れない」ことについて、よくある質問をまとめて答えていきます。

1MP4再生に対応するプレイヤーは?

Windowsは「Windows Media Player」、Macは「QuickTime」が標準で搭載されています。インストールされていない場合もあるので、インストールする場合は先述の手順をご覧ください。

そのほかにも、「VLC media player」「5KPlayer」など、無料で使えるソフトウェアがたくさんあるので、探してみるのも良いですね。

2MP4が再生できない問題を避けるのは可能?

コーデックのような技術的な問題、Windowsによっても起きる場合があるので、事前に避けることは難しいでしょう。ただし、ファイル破損が原因でMP4が再生できないことを防ぐのは可能です。ファイルを定期的に管理してウイルス感染対策をちゃんと実行したり、安定の電気接続を確保してMP4ファイルの編集や移動の中断を避けたりすることは有効です。

また、再生できなくなった際に、都度対処すれば、それ以降不具合が起きなくなることもあるのでご安心くださいね。

3MP4ファイルは再生でき、音声が出ない場合、どのように対処?

音声の問題に対処するためには、以下の手順を検討してみてください。まず、スピーカーまたはヘッドフォンの接続を確認します。そして、別のメディアプレーヤーで同じMP4ファイルを再生してみます。次に、コーデックが不足している可能性があるため、K-Lite Codec Packなどのコーデックパックをインストールします。最後、問題が解決しない場合は、UltraRepairを使用して音が出ないMP4ファイルを修復してみてください。


最後に

今回はMP4ファイルが再生できない原因や修復方法についてご紹介してきました。もしこの悩みの解決にお役に立てれば幸いです。

また、ほとんどMP4が見れないのはファイル損傷を起こしているからです。その時、おすすめした高機能な動画修復ソフト「UltraRepair」をぜひご利用ください。初心者にわかりやすく、たった3つのステップでファイルを修復することができるが、以下のボタンを押してダウンロードして一度試してみよう!