近年、AIの進歩により、テキストを自然でリアルな音声に変換できる音声読み上げツールが使われる場面が増えてきています。オーディオコンテンツの制作、ウェブサイトのアクセシビリティ向上、教育の分野での利活用など、多岐にわたり、現代のデジタルなコミュニケーションやコンテンツ制作において革命的な進展をもたらしています。

この記事では、無料で始め可能のAI音声読み上げソフト・サイトの総計5つを紹介します。仕事効率化においてAIの潜在的な可能性を探る方はぜひ参考にしてみてください。

ai 音声 読み上げ 無料

Part 1.無料利用可能のAI音声読み上げソフト3選

まずはAI音声読み上げソフトの紹介です。PCを使用して、動作は早くて安定しているツールを導入したい方におすすめします。

1VoxBox

「iMyFone VoxBox」はAI話者が豊富に備える音声読み上げソフトです。PCとスマホの両方でも動作できて、70種類以上の言語にサポートするので、外国人向けの音声内容も手軽に作成できます。入力した文章を自然に読み上げることができるだけではなく、画像とPDFのテキストを抽出して読み上げることも対応しますよ。直感的に操作できるのも優れたポイントとなります。また、ノイズ除去や音声編集、文字起こしなど便利な機能も提供します。

(VoxBoxのAI音声サンプルを聞いて)

play.svg
0:00/0:04

動画マニュアルでVoxBoxの機能と音声を確認⇩

AI読み上げソフト

基本情報

AI音声読み上げの話者 3200個以上
男声、女声、アニメキャラクター、有名人など、キャラクター性強い
カスタマイズ設定 話速、音量、声の高さ、イントネーションを自由に調整可能
動作環境 Windows 7/8.1/10/11、macOS 10.10-13、iOS 13-16、Android 7-13
無料枠 2,000文字まで読み上げ、一部のAI音声
使用料金 完全版/月額2,280円(税込)、25万文字まで読み上げる
(※文字数の単独追加購入は可能)

実体験に基づいたレビュー

おすすめポイント

pros
  • 自分の声の音声サンプルをアップロードしたら、AI音声を作成して任意の文章を読み上げられる。
  • 読み上げた音声はMP3/AAC/WAVファイルとしてダウンロードできるので、動画編集や共有にも役立つ。
  • 音声読み上げの速度は早い、2000字以内なら平均10秒ほどかかる。
  • AI音声サンプルを聞いてから使用でき、無料利用の文字分も提供。

弱点

cons
  • 無料版だと読み上げる文字数に制限がある。

2AI Talk 声の職人

次に紹介するA音声読み上げソフトは「AI Talk 声の職人」です。文章を入力するだけで手軽に高品質な音声ファイルが作成できます。専門用語や略語、製品名などの固有名詞の読み方を予め登録することが可能で、複数の読み上げ話者を指定して対話形式の音声が作成できます。また、入力したテキストを分割して音声保存することも行え、とても便利です。

AI Talk 声の職人 ソフト画面

基本情報

AI音声読み上げの話者 初期2話者
※追加話者は別途料金発生
カスタマイズ設定 抑揚・音高・ピッチ・感情・イントネーション
動作環境 Windows 8.1/10/11
無料枠 公式ページで申し込みを提出したら、2営業日以内に評価版を入手できる
一度に音声保存可能なテキストは200文字まで
使用料金 1年間ライセンス/298,000円(税別)
無制限ライセンス/800,000円(税別)

実体験に基づいたレビュー

おすすめポイント

pros
  • カスタマイズ設定機能が豊富で調整しやすい。
  • 音声読み上げする時に、インターネット接続は不要。
  • 観光案内・館内・社内各種放送や電話自動応答システム用など、多くの大手企業に導入される。

弱点

cons
  • 使用料金が高くて、基本的は一般企業様向け。
  • サポートサービスの提供はない。
  • 会話形式での音声読み上げ操作が難しい。

3VOICEPEAK

もう1つのAI読み上げソフトは「VOICEPEAK」です。最新のAI音声合成技術を駆使し、テキスト入力による音声読み上げだけでなく、感情パラメータによる喜怒哀楽の表現も可能となっています。落ち着いたかやわらかく優しい音色など、スタイル別の男性と女性の声が収録されており、体験版から試すことができます。個人ユーザー様のご利用はもちろん、教育機関の方や法人様などの商用・業務用途でのご利用も対応します。

VOICEPEAK ソフト画面

基本情報

AI音声読み上げの話者 7名
カスタマイズ設定 イントネーション・音量・抑揚・感情表現
動作環境 Windows 11/10、macOS 10.13 またはそれ以降
無料枠 体験版ダウンロード可能
文章100文字まで、男性1名、女性1名のナレーターのみ
使用料金 29,800円(税込)

実体験に基づいたレビュー

おすすめポイント

pros
  • 男女や子どもなどの複数の話者で読み上げが出来る。
  • 商用利用は可能。

弱点

cons
  • 体験版だと使える機能の制限が多い。
  • 完全版の価格は少し高い。

Part 2.無料利用可能のAI音声読み上げサイト2選

続いては、ソフトのインストール手間が省け、ブラウザですぐに利用できるAI音声読み上げサイトの2つも紹介します。

1Notevibes

「Notevibes」は、入力した文章を221種類の自然な響きの声に変換してくれるサイトです。日本語以外にも他の18言語に対応しており、無料でMP3形式に変換してくれます。完全版にアップグレードすると、変換ごとに最大10,000文字までで、大量のテキストを一括で読み上げる必要がある方にぴったりです。

Notevibes 公式ページ画面

基本情報

AI音声読み上げの話者 221名
カスタマイズ設定 速度・ピッチ・強調・音量
無料枠 300文字まで読み上げ、MP3形式として保存
使用料金 個人/月額19ドル
商用/月額99ドル

実体験に基づいたレビュー

おすすめポイント

pros
  • 複数の言語に対応していて、TTS変換が迅速。
  • サブスクリプションの有効期限が切れた場合でも、生成されたオーディオファイルを再配布できる。

弱点

cons
  • 日本語化されない説明があり、少し分かりにくい。
  • 個人プランユーザーでは読み上げの話速とピッチが変更できない。

2Canva

最後に紹介するのは「Canva」というAI音声読み上げサイトです。動画の種類に合わせてふさわしい声を選べ、文字読み上げ以外にも、動画の無料テンプレートやYouTubeオープニング動画、加工機能、音楽素材などが利用可能です。音色または感情表現が異なる話者を備え、英語などの多言語にも対応します。音声読み上げと動画編集を同時に行えたい方におすすめします。

Canva AI音声合成 公式ページ画面

基本情報

AI音声読み上げの話者 200+
カスタマイズ設定 ピッチ・スピード
無料枠 一部の音声のみ(日本語の無料音声はない)
読み上げは10分まで
使用料金 BASIC/月額29ドル、2時間まで読み上げる

実体験に基づいたレビュー

おすすめポイント

pros
  • 有料版では商用利用可能。
  • 20種類以上の言語に対応。

弱点

cons
  • 音声読み上げ速度が若干遅い。
  • 無料版だと読み上げた音声はファイルとして保存できない。

最後に

以上でAI音声読み上げソフトとサイトを5つご紹介しました。無料版のツールを使えば、文章を音声読み上げしてくれますが、機能制限が厳しかったり、サポート体制がしっかりしていないなどのデメリットもあります。頻繫に読み上げる必要がある方は、やはり有料版にアップグレードすることがおすすめです。

また、ご紹介した中でも「iMyFone VoxBox」は、無料枠で使える機能が豊富ですし、操作も簡単で使いやすいため、手軽に文章による音声読み上げを行えます。ぜひ下で入手して試してみてはいかがでしょうか?