音声合成とは、話し手の音声を機械とAI技術で作り出すことです。任意のテキストを入力すると音声に変換できることなので、音声生成を活用すると、人間が情報を読み上げる作業を省略可できます。

本記事では、音声合成ソフトやサイトを紹介します。音声合成の用途もわかるので、テキストを音声化したい方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

音声 合成

Part 1.おすすめの音声合成ソフト4選

音声合成ソフトのメリットといえば、操作が安定し、機能も比較的に豊富であることがあげられます。まずはおすすめの音声生成ソフトについて紹介します。

1VoxBox ‐ AI&多言語対応

総合評価:

「iMyFone VoxBox」は、自然なディープラーニングしたAI読み上げ技術を搭載している音声合成ソフトです。多言語に対応して、文字を入力すると、日本語、英語、フランス語など数多くの言語で自然に音声合成してくれます。海外向けの動画制作や接客対応で活用できますね。さらに、画像/PDF/Wordにあるテキストを認識して読み上げることも可能です。

VoxBoxの機能と使い方を紹介する動画⇩

音声合成ソフト おすすめ

基本情報

多言語対応 46種類以上
声の微調整 日本語は12個、総計は3200個以上のボイスが選択可能
スピード、音量、声の高さ、抑揚を自由に調整可能
他の機能 文字起こし
録音、ファイル形式変換、音声編集
動作環境 Windows 7/8.1/10/11
利用料金 無料版:3,000文字まで読み上げ
有料版:月額/2,280円

VoxBoxのおすすめポイント

  • ボイスが自然に聞こえて、強調したい言葉がある場合も設定できる。
  • 音声合成の速度は早くて、MP3・WAVファイルとして保存可能。
  • デモを試聴してから、音声合成に使用するボイスを選択できる。
  • 文字認識の精度は高くて、読み間違いはあまりない。

VoxBoxの気になるところ

  • まだMacには対応していない。
  • 無料でも音声合成はできるが、より多くの文字を読み上げたい場合、有料版の購入は必要。
合わせて読む: 『VoxBoxを使って文章を音声に変換する方法』

2CeVIO AI ‐ 歌声合成可能

総合評価:

二番目に紹介する「CeVIO AI」はAI技術で人間の声質や癖、歌い方や話し方を高精度に再現できる音声合成ソフトです。トークエディタとソングエディタば別々に販売されていて、必要に応じて購入することは可能です。合成した音声はアニメやゲーム、バラエティ番組などの制作現場で広く利用されており、音声合成技術の進化とともに、ますます多くの分野で活躍が期待されています。

CeVIO AI ソフト画面

基本情報

多言語対応 トークは日本語のみ
ソングは英語歌詞対応
声の微調整 しゃくりあげやビブラートなど歌唱表現が付く
他の機能 キャラごとに挙動や癖が異なる
動作環境 Windows 10/11
利用料金 トークエディタ/9,020円
ソングエディタ/10,780円
ボイス1個/8,778円~

CeVIO AIのおすすめポイント

  • 高品質の音声合成能力を持っており、自然な発音や抑揚のある話し方を実現することができる。
  • キャラクターによって各種のスタイルのボイスが生成でき、歌声にも対応。

CeVIO AIの気になるところ

  • 利用するにはエディタとボイスの両方を購入する必要があり、価格は少し高い。
  • ボイスをエディタに導入したり設定したりすることなど、使い方は少し複雑。
  • 対応する言語は少なくて、高性能なPCが必要。

3VOICEVOX ‐ 無料

総合評価:

次におすすめする音声合成ソフトは「VOICEVOX」です。商用・非商用問わず無料で利用できて、子供っぽいや元気な声など、様々なボイススタイルが選択可能です。軽量なソフトなのでサクサク動作でき、直感的なUIにより、誰でも簡単に操作することは可能です。

VOICEVOX ソフト画面

基本情報

多言語対応 日本語のみ
声の微調整 アクセント、イントネーション、長さなど
他の機能 なし
動作環境 Windows 10/11
macOS Catalina 以降
利用料金 無料

VOICEVOXのおすすめポイント

  • アクセントやイントネーションなどを細かく調整できる。
  • ディープラーニング技術を用いた音声合成エンジンを採用し、キャラクター性に富んだ声質が実現。

VOICEVOXの気になるところ

  • 日本語に特化しているため、他の言語については対応しない。
  • 長い文章を一度に入力すると、音声合成に時間がかかったり、途中でエラーが発生する場合がある。
合わせて読む: 『VOICEVOXを使って音声合成をする方法』

4VOICEPEAK ‐ キャラクター別販売

総合評価:

最後に紹介する音声合成ソフト「VOICEPEAK」は最新AI音声合成技術を搭載したテキスト読み上げツールです。リアルな発音で音声合成ができて、楽しみ、怒りなどのパラメータを調整して各種の感情表現も実現可能です。

VOICEPEAK ソフト画面

基本情報

多言語対応 日本語のみ
声の微調整 速さ、ピッチ、感情、イントネーションなど
他の機能 なし
動作環境 Windows 10/11
macOS X 10.13 またはそれ以降
利用料金 無料版:100文字までの音声合成、商用利用不可
有料版:23,800円~

VOICEPEAKのおすすめポイント

  • 会話型のナレーションの作成は最適。
  • ブロックごとに分割して保存することもできる。

VOICEPEAKの気になるところ

  • 有料版の価格は高い。
  • 外国語はまだ対応していない。
合わせて読む: 『VOICEPEAKを使って文章を音声に変換する方法』

Part 2.おすすめの音声合成サイト2選

一方、音声合成サイトを使用すれば、わざとソフトをダウンロードする手間が省けます。一般的に、機能や選択可能のボイスはそれほど多くないが、初めて利用する人にとっては非常に便利でおすすめします。次では、音声生成げサイトの2つを紹介します。

1narakeet

総合評価:

「narakeet」は日本語音声生成機能によって、オンライン上でテキストを音声に変換できるツールです。無料ではいくつか分で使用できる上に、多言語にも対応しているのは嬉しいポイントです。生成した音声はMP3やWAVファイルとして保存できます。

narakeet 公式ページ画面

基本情報

多言語対応 日本語、英語、韓国語など
声の微調整 音量、話速は調整可能
他の機能 なし
利用料金 無料版:20回くらいで音声合成
有料版:30分のオーディオファイル/$6

narakeetのおすすめポイント

  • 操作が簡単で手軽に使える。
  • 音声合成サイトであるものの、機能は比較的に多い。

narakeetの気になるところ

  • 音声合成ための言語などを詳しく設定する時、インターフェースは英語表記。
  • 音声生成の速度は少し遅い。
合わせて読む: 『narakeetを使って文章を音声に変換する方法』

2CMAN

総合評価:

最後に紹介する音声合成ツールは「CMAN」です。テキストを入力すると、完全に無料で男性や女性の声が生成できます。商用利用も可能ですが、ライセンス表記が必要です。

CMAN 公式ページ画面

基本情報

多言語対応 日本語のみ
声の微調整 速度、ピッチ、イントネーションは設定可能
他の機能 なし
利用料金 無料(※ライセンス表記は必要)

CMANのおすすめポイント

  • シンプルな操作で音声合成は可能。

CMANの気になるところ

  • 一回最大200文字しか音声合成できなくて、一定時間で利用できる回数も制限しています。
  • 音声合成についてはお問い合わせを受けないので少し不安。

Tips.音声合成の用途は?

音声合成はさまざまな場面で活用されています。例えば、以下のようなことが挙げられます。

① ラジオ放送

駅やバスターミナル、空港などの案内放送や緊急時のアナウンスなどです。正確かつスピーディーに情報を伝えられ、視覚障害のある方も内容がわかります。特に多言語に対応する音声合成ツールを使えば、外国人住民へ避難を案内することも簡単に行えます。


② 動画ナレーションの追加

文字入力だけで瞬時に人間に近い自然な音声が生成できるので、声優や本物のナレーターを頼まなくて済んで、貴重な時間とお金を節約します。異なるスタイルのボイスを使えば、対話や1人2役の場面も作れます。


③ 接客対応

留守電話など定型的な内容を音声合成してスピーカーで流せることができ、対応の手間が省けます。在宅勤務で綺麗に音声収録ができない時も、文字を音声に変換することで顧客と円滑なコミュニケーションを取ります。


最後に

本記事では音声合成ソフトやサイトを総計6つを紹介しました。それぞれのツールによって機能や性能が異なり、近年はさまざまな場面で使われています。利用目的やニーズに応じて選択することが大切です。また、音声合成技術は今後ますます進化していくことが予想されます。新しいサービスやソフトウェアの登場にも注目していきましょう。

また、特に一番目おすすめした「iMyFone VoxBox」がディープラーニングしたAI技術で音声合成できるし、多言語に対応して直感で操作できます。音声生成ツールの導入を検討している方はぜひ下で無料版から体験してみてください!