iPhoneの定期的なバックアップは、写真や動画、連絡先などのデータを守るためにも重要です。Apple公式のクラウドサービスであるiCloudでバックアップすることで、iPhoneの容量を圧迫することなくデータを保管できます。

この記事では、iCloudでバックアップする方法について詳しく紹介します。iCloudのバックアップが長時間終わらない場合の対処法も併せて説明しますので、ぜひお読みください。

方法1. iCloudバックアップとは?

icloudのアイコン

iCloudバックアップとは、Appleの公式クラウドサービス「iCloud」上にデバイスのデータを保存しておくことです。iCloudバックアップでは、写真や動画だけでなく、iPhoneの設定やアプリの配置なども保存できます。

さらに、iPhoneひとつでバックアップが完結でき、一度データを保管すると複数のデバイスでアクセス可能です。バックアップの履歴機能を使うことで、過去3回分まで遡って復元できる点も魅力です。

Part2.iCloudバックアップのやり方

ここからは、iCloudバックアップのやり方を具体的に説明していきます。

まず、iCloudバックアップを行うにあたり、次の4つの条件を確認しておきましょう。

  • デバイスがWi-Fiネットワークに接続されている
  • バックアップできるだけの空き容量がiCloud内にある
  • デバイスの、「iCloud バックアップ」がONになっている
  • デバイス画面がロックされている

続いて、iCloudバックアップの取り方を解説します。

Step 1.デバイスがWi-Fiネットワークに接続されていることを画面で確かめます。

Step 2.デバイスで「設定」アプリを開き「ユーザー名」>「iCloud」を選択します。

Step 3.使用容量と空き容量をチェックして、「iCloudバックアップ」をONにします。

Step 4.「今すぐバックアップを作成」を選択すると、バックアップがスタートします。

iCloudバックアップを作成

Tips.iCloudストレージ

デフォルトのiCloud設定では5GB分のストレージを利用できます。バックアップしたいサイズが、iCloudの空き容量より大きくなってしまった場合は、iCloudストレージを有料でアップグレードするか、保管したいコンテンツを削除しましょう。

関連記事:「iCloudバックアップを削除と整理する方法まとめ」

なお、iCloudバックアップのやり方と復元方法については、下記の動画説明がわかりやすいので参考にしてください⇩

Part3.iCloudバックアップが進まない時の対策

iCloudバックアップが終わらない

iPhoneのバックアップが遅い場合、いくつかの原因が考えられます。代表的な4つの原因は下記のとおりです。

  • ネット環境を改善する
  • 使用しているアプリを閉じる
  • iCloudバックアップのデータ量を減らす
  • 他のソフトを利用する

各原因の詳細と解決する対策法について解説していきます。

1ネット環境を改善する

WiFiネットワークの速度が遅いときに、iCloudバックアップがなかなか進まないケースが多く見受けられます。4GやLTEといった携帯の通信回線でもバックアップはできますが、ある程度通信量を確保する必要があるためWi-Fiネットワークを利用しましょう。

対策法 → 高速Wi-Fiなどでネット環境が安定している場所や時間を選んで、iCloudバックアップを再度試してみてください。

2使用しているアプリを閉じる

デバイスで使用中のアプリやソフトがあると、その分データ量が増え、iCloudバックアップに使える通信量が圧迫されます。結果、バックアップ完了までに時間がかかってしまうので、なかなか遅くなります。

対策法 → 使っていないアプリやソフトは閉じてからバックアップを始めましょう。この機会に、ダウンロードしただけで未使用のアプリやソフトを削除することもおすすめです。不要なアプリを減らすだけでも、データ容量が軽くなって効率的なバックアップが実現します。

3iCloudバックアップのデータ量を減らす

写真や動画、PDFなどのドキュメントもデータ容量が大きくなりやすいため、バックアップに時間を要して終わらないとなります。

対策法 → iCloudにバックアップするデータ自体を減らすことが有効です。バックアップするiPhone内のデータを選択して必要なものだけiCloudに移動ことも可能です。手順は「iCloud」>「ストレージを管理」>「バックアップするデータを選択」から、バックアップしないデータをOFFにして「オフにして削除」をタップします。

4他のソフトを利用する

上記の方法でもiCloudバックアップが進まない場合は、他のソフトを使ったバックアップ方法がおすすめです。今回皆さんに紹介したい「iMyFone D-Back」は、iPhoneなどのデータを効率よく復元できる専用ソフトです。

D-Backの主なメリット

D-back iPhoneデータ復元

800万以上のダウンロード

  • パソコン上での操作は3ステップのみで、シンプルなUI表示がわかりやすく、誰でも簡単にデータをパソコンに保存することが可能です。
  • 間違えて削除してしまった動画などのデータも復元でき、ワンクリックだけで3つのモードでiPhoneやiPadをスキャンして動画をパソコンに移動できます。
  • 写真や動画だけではなく、メッセージLINEのトーク履歴メモ、アドレス帳など、なんと18種類以上のデータがサポートされます。
  • 最新のiOS 15とすべてのiPhone/iPad/iPod touch(iPhone 13/mini/Pro/Pro Maxを含む)をサポートします。

豆知識. iCloudバックアップ時間の目安はどのくらい?

iCloudバックアップにかかる時間の目安は、iPhoneのモデルやストレージ使用量などの条件によって異なります。通常のiCloudバックアップの場合、終了まで約1時間弱かかるとされています。

より短時間でiCloudバックアップを終えたい場合は、上記の対策方法とともに、ケーブル接続でのバックアップも試してみると良いでしょう。


最後に

iCloudバックアップは、iPhone内のデータを簡単に保存できる便利なシステムです。大切なデータが何かのタイミングで消えてしまう前に、日頃からバックアップを取っておくようにしましょう。iCloudバックアップの仕方は記事内のやり方を参考にしてください。

また、iCloudバックアップに時間がかかる場合にも上記対策を試してみましょう。対策方法に効果が見られない場合は、データ復元ソフトの「iMyFone D-Back」を使うとスムーズです。無料で始められるので、ぜひここでダウンロードしてみてください!