せっかくiCloudのストレージプランを購入したのに、バックアップからiPhoneを復元する際に様々な原因で、最も「iOSデータ復元」に関する問題が多いです。確かにiCloudでデータ復元において、「パソコンなしでもよい」、「ユーザビリティが高い」っていう賞賛すべき点の一方、「非常に時間がかかる」、「通信の影響」などの欠点も言われているそうです。

今回は専業のiOSデータ復元ソフトD-Backで選択的にiCloudのデータを復元する方法について紹介したいと思います。並びにそれを従来より公式の方法と比べて、優れている点を賞します。

1.iCloudでバックアップを復元する手順

iOSデータ復元、機種変更或いはアカウントの引き継ぎなどの際に、都合上、iDeviceにとってバックアップの復元はiCloudを利用するのを甚く推奨します。パソコンなしでも、WIFIによって何処でも自由にデータ復元を行います。

iCloudからiPhoneデータを復元するについて、以下の手順を参照してください。

ステップ1:iDeviceのホーム画面から「設定」-「一般」-「リセット」の順に進み、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。そしてパスワードを入力して、デバイスの初期化を始めます。

ステップ2:初期化されたiDeviceを起動して、「Appとデータ」画面が表示されるまでセットアップ画面の指示に従って、「iCloud バックアップから復元」を選択します。

ステップ3:iCloudアカウントをサインインし、バックアップのバージョンを選択します。復元が済むまで、通信ネットワークに接続したままにしてください。

icloud バックアップ 復元

2.iCloudの欠点をまとめ

iCloudは便宜の一方、iCloudからデータを復旧するのは決して安全というわけではありません。例え、iCloudから復旧する時間が長くなって進まなくないとか、iCloudのバックアップは上書きや初期化で既存のデータを消去したとか、それともエラー・不具合により大事なデータ一瞬で消えてしまったことなど、ネット上にそういった悪い点の指摘、SNSでの他者批判や文句はかなり多いです。

1上書きしやすい

iCloud経由でデータ復元するには、上書きや初期化で既存のデータを消去することまたバックアップの損失が避けるがちます。iCloudの利用規約により、iCloudのシステム上の故障が発生した場合にiCloud上に保存されているデータが破損や消滅したりしても、iCloudを提供しているAppleの補償はありません。

2 WIFIに依頼し過ぎる

iPhoneのデータのバックアップ機能はネットワーク通信に依頼するため、通信速度と安定性などによって復元する効果は違います。

時々、iCloudのバックアップ機能を利用しているから、サイインインできない、膨大な時間をかけ、バックアップ/復元は進まないというトラブルが出ていくようです。それともデータ通信料が発生する可能性もあり、iPhoneが壊れたり、紛失した時、iCloudのバックアップからiPhoneの完全な復元も出来ませんので、注意が必要です。

3 有料ストレージの制限

iCloudは、5GBを超えると「iCloudの利用料金を支払わなければならなりません。情報がほとんどスマホに蓄積している現在、iPhoneの容量が人によっては、写真などのデータにより、5GBを超えるケースも出てきています。ただし、一旦購入してご心配なく使い続けてもいいです。

3.進化的に専門ソフトで簡単に素早く復元!

もう時間を台無しにならないように、手間を省いて手軽なツールを利用しましょう!iMyFone社専用のiOSデータ復元ソフト「D-Back」を頼んて直接にPCでiCloudのバックアップから復元しましょう。一応パソコンでダウンロードして、無料で選択的にiCloudバックアップからお持ちのデータをご覧ください!

データ復元ソフト

8,000,000+ ダウンロード

何故D-Backを選ぶか

  • 「広範囲対応」機種変更、不具合で復元できないまたはiCloudバックアップを取っていない場合は、写真やビデオ、連絡先、メッセージなど18種類以上のデータの復元が可能です。
  • 「公式より自由」iTunes・iCloudバックアップからをプレビューしながら、素敵なインターフェースで選択でまたは一括で復元できます。
  • 「個人情報保護」自宅でiDeviceのデータ復旧を行い、みんなのプライバシーを守ります。
  • 「iDeviceに専用」最新版のiPhone 13/mini/Pro/Pro MaxやiOS 15を含み、ほぼすべてのiOS端末や最新のiOSバーションに適しています。
  • 「安全保障」永遠に無料でアップグレードかつ30日間返金保証!生涯無償でテクニカルサポートします!

このソフトでiCloudからデータを復元する方法は次の通りです。

1プログラムを立ち上げる

本ソフトで画面での「iCloudからリカバリー」を選びます。

iCloudからリカバリー

2iCloudを登録

左の「iCloud」をクリックし、iCloudバックアップファイルにアクセスするには、Apple IDとパスワードを入力して、iCloudに登録します。

iCloudにサインイン

3ご希望の種類を選択

次のウィンドウで、復元したいデータ種類を選択して「スキャン」をクリックします。

ご希望の種類を選択する

4復元したいデータを選択

復元できるデータがインターフェース上で表示されます。必要なものをチェックしてリカバリーしましょう。

復元したいデータを選択する

Note:

  • 試用する場合は、データをリカバリーすることはできません。ただし、バックアップのデータをスキャンしてプレビューするのは可能です。
  • 初めて利用するなら、保存先を指定したあと、プロセスの完了済みまでよく待ちます。そして指定のフォルダを参照して、iCloudバックアップファイルから抽出されたデータを確認できます。
  • iCloudの欠点が嫌いなら、もしくはiDeviceからデータを復元不能になったら、本ソフトの「iOSデバイスからリカバリー」又は「iTunesバックアップからリカバリー」機能利用すれば、同じく復元したいデータかだけを抽出して復元できます!

4.より一層アピール!D-Backの「メリット」をまとめ

判断目安 D-Back iTunes iCloud
復旧率
選択的に復元 × ×
バックアップなしで復元 × ×
iTunesバックアップから復元 復元前にプレビュー プレビュー不可 ×
iCloudバックアップから復元 復元前にプレビュー × プレビュー不可
パソコン 必要 必要 不要
使い方 簡単 困難 困難
値段 3,980円【生涯無料アップグレード】 無料 5GBの無料ストレージ
推奨レベル

5.「iCloudバックアップから復元」に関する問い合わせ

1ホントにD-Back経由でiCloudバックアップから18類のデータを復元できますか?

はい、iCloudに関するデータ復元において、メッセージメモボイスメモ写真の各関連記事でご覧になってください。

2iCloudバックアップからデータを復元するにはiDeviceを初期化しなければならないか?

いいえ、iOSデータ復元専門家を用いて選択的にデータを復旧できます。関連記事の初期化せずにiCloudのバックアップを復元する方法をご参考ください。

3バックアップなしでiPhoneからデータを復活できますか?

バックアップなしでもiOSデータ復元も行えます。関連例文の【解説】バックアップなしで削除されたiPhone写真を復元する方法を参考にしてください。

4上書きされたバックアップから無料でデータ復元ができませんか?

復元業界において、iOS復元サービスを提供しておりませんが、弊社は無料体験版を用意しているため、復元したいデータをプレビューするまで無料で行えます。

終わりに

これで、iCloudより優れる復元ツールの紹介を終わります。いかがでしょうか?ソフトが無料で提供しておりますので、早めに我が社専用のiOSデータ復旧ソフトを体験しましょう。

ちなみに、無料でサポートサービスも用意しており、お気軽にお問い合わせください。