iCloudメールとは、iCloud利用者が無料で取得できるメールアドレスです。iCloudはiPhoneやMacなどといったiOSデバイスを利用しているユーザーにとって便利な機能です。しかし、iCloudメールアドレスの作り方と変更方法がわからい初心者も少なくないでしょう!

iCloudメールアドレスの作り方と変更方法

そこで、この記事ではiCloudのメールアドレスの作り方と変更方法について詳しく解説します。iPhoneを使っているけれど、iCloudメールを使っていない方や取得したけれど変更したい方はぜひ参考にしてください。

Part 1:iCloudメールアドレスの作り方

まずはiCloudのメールアドレスの作り方を紹介します。iPhoneユーザーであれば、無料で誰でも取得できるので、持っておくと便利です。

▼ iCloudメールアドレスの作り方:

ステップ 1.まず、設定アプリを開き、「iPhoneにサインイン」をタップします。

ステップ 2.次に、「Apple IDをお持ちでないか忘れた場合」をタップしてから、「Apple IDを作成」を選択しましょう。

ステップ 3.それから、指示に従って操作するだけでいいです。

iCloudメールアドレスの作り方

Tips:

このメールアドレスで受信したデータはこのデバイス上だけでなく、このiCloudアカウントを使っているすべてのデバイス上に保存されています。

Part 2:iCloudメールアドレスの変更方法

一度iCloudのメールアドレスの文字列を設定してしまうと、「○○@icloud.com」の○○部分を変更することはできません。ただし、Apple IDのログインに必要なメールアドレスをiCloudメールから他のメールアドレスに変更することはできます。

▼ Apple IDに紐づくメールアドレスの変更方法:

ステップ 1.まず、「appleid.apple.com」を開き、サインインしましょう。

ステップ 2.次に、「サインインとセクション」>「Apple ID」を選択します。

ステップ 3.Apple IDとして使用する新しいメールアドレスを入力すると完了です。

Apple ID 変更

ご注意:

iCloudメールではなく、Gメールや携帯会社のメールを登録する場合は、正しいメールアドレスかを確認するために一度メール認証を行う必要があります。

Part 3:iCloudバックアップからデータを復元する方法

iPhoneを紛失したり壊したりして、中にあるデータを取り出す必要が場合、あるいは新しいiPhoneを手に入れる場合、iCloudバックアップからデータを復元するのはよく見られています。しかし、公式の方法では、復元したいデータはiCloudバックアップにあるかどうかを確認できません。しかも、iCloudバックアップにあるすべてのデータを一括に復元するので、手間や時間をかかりすぎます。

そのため、プロなデータ復元ソフト「iMyFone D-Back(ディーバック)」でiCloudバックアップの中身をプレビューしてからデータを選択的に復元する方法をおすすめします。

直感的にやり方を学びたいなら動画マニュアル⇩

iCloudバックアップから連絡先のみを復元する

▼ D-BackでiCloudバックアップを見てから復元する手順:

ステップ 1.上記のボタンによってD-Backを無料でパソコンにダウンロードしてから、左側三番目の「iCloudからリカバリー」を選択します。次に、右にある「iCloudバックアップ」をクリックします。

iCloudバックアップから復元

ステップ 2.お使いのiPhoneの使用状態を選択してから案内に従ってリセットする必要があるかどうかを確認しましょう。

iPhoneの使用状態を選択する

ステップ 3.それから、復元できるデータ種類の一覧が表示されます。復元したいデータ種類にチェックを入れて「スキャン」をクリックします。

データ スキャン

ステップ 4.データの情報を確認してから「PCに復元」を選択するだけでいいです。

データ 復元

iMyFone D-Backを使えば、復元したいデータをプレビューで確認することができます。更に、写真動画連絡先など22種類以上のデータを復元できます。操作も簡単で、パソコンが苦手な人にも手軽に操作できます。

追記:iCloudメールアドレスに関するFAQ

続いて、補充情報として、iCloudメールアドレスに関するFAQもまとめます。お役に立てば幸いです。

1Apple IDのアドレスを変更するとどうなる?

1.メールアドレスの変更のみならサクッと変更可能

2.アプリの引き継ぎや課金ができなくなる可能性がある

3.サブスクは再契約が必要

4.モバイルSuicaやWalletアプリも再設定が必要

5.iCloudを再設定しないとデータが消失する恐れがある

2Apple IDのメリットは?

Apple ID を取得することでご利用できるサービス:

1.iCloud でデータを保存する

2.App Store からアプリをダウンロードする

3.FaceTime でビデオ通話をする

4.「探す」機能を利用する

3Apple IDって、何がいい?

Apple IDにはメールアドレスを割り当てます。有効なアドレスであればなんでも構わないが、Appleからの連絡が届く窓口になるため、なるべく長く使えるものがいいです。


まとめ

こちらの記事では、iCloudメールアドレスの作り方と変更する方法を詳しく紹介してきます。いかがでしょうか?

更に、iCloudバックアップからデータを選択的に復元できるソフト紹介します。データ復元に専用ツールD-Backを使うと、iCloud以外にiTunesやiPhone本体からも取得できます。しかも、データの復元率も高いため、万が一の時に備えてぜひ以下のボタンでこのソフトを無料でダウンロードしておきましょう!