iCloudとは、iPhoneユーザーにとって、写真や連絡先、動画などのデータをバックアップするのに役立ちます。また、メッセージやボイスメモ、メモなどを友人や家族と簡単に共有することもできます。しかし、iCloudでバックアップできるデータは5GBしかありません。5GBを超えると、iCloudストレージを購入しなければなりません。

iCloudバックアップをPCにダウンロードして保存する方法

もし、iCloudストレージを購入したくないなら、iCloudでバックアップしたデータをお使いのパソコンに送る方法もあります。また、iCloudストレージの空き容量を増やしたり、iOSやiPadOSをアップデートしたり、誤操作でデータの損失を防いだりする場合、iCloudバックアップにある写真などのデータをPCにダウンロードして保存するのは、データを安全に保つための非常に効果的な方法の一つです。

iCloudで同期したデータをPCに保存するにはいくつかの方法があり、この記事では、iCloudバックアップをダウンロードする3つの方法を詳しく紹介します。

Part 1.各方法のメリット・デメリット一覧

  方法1.iOSデータ復元ソフト 方法2.iCloud公式サイト 方法3.Windows用iCloud
メリット
  • iCloudのデータを選択的にPCにダウンロードできる
  • PCにダウンロードする前にプレビューできる
  • データを損失することなくPCにダウンロードできる
  • ストレージの制限なし
  • 以前削除したデータを復元してPCにダウンロードできる
  • アプリをダウンロードする必要がない
  • 無料
  • コンピューターから写真、メモ、連絡先のようなデータをアップロードできる
デメリット
  • 有料(無料体験できる)
  • 通話履歴、トーク履歴、マイフォトストリームなど、一部のファイル種類へのアクセスはサポートしない
  • サードパーティ製のアプリで作成したファイルはコピーできない
  • アクセスできるのはiworkのファイルのみで、PDFなどの文書にはアクセスできない
  • ファイルを確認するには、アップグレードが必要
  • データは選択できない

Part 2.iCloudバックアップをPCにダウンロードして保存する方法3選

1専用ソフトでiCloudバックアップを確認してPCに保存

iCloud公式サイトから一部のデータ種類のみ(写真、メモなど)をパソコンにダウンロードできます。しかし、証拠として大切なトーク履歴など他のデータもiCloudにバックアップしましたが、紛失を防ぐためにそれをパソコンに保存したい場合は、どうすればいいですか。

「iMyFone D-Back」はデータ復元ソフトとして、iCloud公式より多くのデータ種類を復元できるため、この問題を完璧に解決します。さらに、複雑な操作は一切いりません!ほんの3ステップのみで、iCloudバックアップからデータを簡単に取り出すことができます。とてもおすすめです。

D-Back iPhoneデータ復元
D-Backの優れた機能!
  • iCloudバックアップから写真ボイスメモ連絡先など22種類以上のデータを復元できます。
  • データをプレビューしながら選択的に復元することをサポートします。
  • バックアップがなくてもiPhoneのデータを復元してパソコンへ転送することができます。
  • 自宅で失われたデータを復元できるので、プライバシー漏洩の恐れはありません。
無料体験 無料体験

今すぐ操作方法をチェックしましょう!

▼ iCloudの中身を見てからパソコンへ転送する手順:

ステップ 1.パソコンでD-Backを無料でダウンロードし、起動します。「iCloudからリカバリー」オプションで右の「iCloudバックアップ」を選定します。

iCloudバックアップ復元の選定

ステップ 2.操作画面の指示に従って、お使いのiOSデバイスの状態を選択しましょう。もし現在使用中のデバイスであれば、デバイスをリセットしなければなりません。重要なデータがあるなら、バックアップしておきましょう。

iPhoneの状態を選択

ステップ 3.すべてのデータがiOSデバイスに復元することが完了したら、次の画面で写真などパソコンにダウンロードしたいiCloudでバックアップしたデータ種類を選択します。そして、右下の「スキャン」をクリックすると、選定したすべてのデータをスキャンし始めます。

バックアップデータ 選択

ステップ 4.スキャンが完了すると、検索結果はすべてインターフェースに表示されます。閲覧しながらiCloudからPCにダウンロードしたい特定のファイルを選択して、「PCに復元」をクリックすると終わります。

バックアップ パソコン ダウンロード

Tips

合わせて読む:

『容量があってもiCloudにバックアップできない時の対処法』

2iCloud公式サイトからバックアップをPCにダウンロード

iCloud.comにアクセスしてサインインすると、写真などのバックアップを確認でき、便利ですね。iCloudストレージがいっぱいになる時は、バックアップを最適化する必要があります。こんな時、iCloudから写真などのバックアップデータをパソコンに保存してから、iCloudのデータを削除するのはストレージの確保方法です。

PC上のiCloudに同期したデータにアクセスしたい場合は、下記の手順に従ってください。

ステップ 1.パソコンでiCloud.comにアカウントとパスワードを入力してサインインします。

ステップ 2.写真、メモやメールなどアイコンをクリックしてデータを選択します。

ステップ 3.選択が完了すると、「ダウンロード」アイコンをクリックしてすべてのデータが一括でPCに保存します。

iCloudバックアップ ダウンロード

3Windows用iCloud経由でバックアップをPCにダウンロード

公式サイト以外、Windows用アイクラウドを使って、iCloudからバックアップをダウンロードすることも可能です。これを有効にすると、お使いのどのデバイスからでも、写真、ビデオ、メール、ファイル、ブックマークにアクセスできるようになります。

ステップ 1.まずはWindows用iCloudをダウンロードします。iCloudアカウントの作成に使用したApple IDでサインインしてください。

ステップ 2.次に、有効にしたいiCloudサービスを選択して「適用」をクリックします。

ステップ 3.iCloud Driveと写真を有効にすると、Windows用iCloudはそれらのファイルを保存する新しいフォルダをWindows Explorer内に作成します。撮影した新しい写真やビデオは、「iCloud Photos」というフォルダに自動的にダウンロードします。

※このフォルダにアップロードした写真も、お使いの端末で見ることが可能です。

Windows用iCloud

注意

この方法では、お使いのデバイスのiCloud設定から写真をタップして、「フォトライブラリ」を有効にしなければなりません。

Tips.iCloudストレージの管理法

iCloudにサインアップすると、自動的に5GBの無料ストレージが使えるようになります。iCloudの一番の魅力は、アカウントでサインインしていれば、特別な設定はいらずiCloudは自動的にさまざまなデータをバックアップしてくれます。

しかし、大量の写真や動画を保存した、または大容量のデータを保存しているアプリがある場合は、5GBでは十分足りないと感じた時もよくありますね。使用容量が上限に達すると、写真、ビデオ、データの更新を停止します。

では、「iCloudストレージがいっぱいです」というメッセージを表示されるなら、どうすればいいでしょうか。

対応策①:不要なファイルやアプリのデータのバックアップを無効化にします。または自動バックアップをオフにして、手動でバックアップします。

対応策②:iCloudにバクアップしたをパソコンにダウンロードして、その後、iCloud内のデータを削除して容量を確保できます。

対応策③:自分のニーズを応じて、追加容量を購入します。

Tips

具体的な操作方法は、以下を参照してください。

関連記事:『iCloudとバックアップの容量を調整する方法』


おわりに

iCloudでバックアップした写真、メッセージやメモなどのデータのは、iCloud公式サイトから直接コンピューターに簡単にダウンロードできますが、チャット履歴などのサードパーティ製アプリケーションのバックアップは、デバイスをリセットすることで復元するしかありません。

そこで、もしバックアップ内のすべてのデータをパソコンに保存したい場合は、上記のデータ復元の専門家iMyFone D-Backを使うことをお勧めです。このソフトを使うと、iCloudでバックアップしたデータをPCに移す以外に、以前削除したデータを復元することもサポートします。興味があれば、ぜひ下記のボタンでこのソフトをダウンロードして試みしてみましょう。