連絡先を安全に保管したり、Macで使用したりするため、多くのiPhoneユーザーは、連絡先をiPhoneからMacにエクスポートすることを望んでいます。しかし、どうやってエクスポートするでしょうか?この記事は、iPhone(iOS 14対応)からMacに連絡先をインポートする4つの方法について説明します。

方法1.連絡先をiPhoneからMacに直接エクスポート

iMyFone D-Backは、iPhoneの連絡先をMacに選択的にエクスポートできるプロなデータ転送ツールです。(Windowsコンピューターの場合、このソフトも使用できます)。

データ復元ソフト

DL数8,000,000回突破

iMyFone D-Backの主な機能について

  • 必要な連絡先を選択的または完全にiPhoneからMacに直接エクスポートします。

  • 4つのモードから選択可能:スマートリカバリー、iOSデバイスから復元、iTunesバックアップから復元、iCloudバックアップから復元。

  • 写真、テキスト、LINEトーク履歴、メモなどの18種類以上のiPhoneデータをMacにエクスポートできます。

  • DFUモード、アップルロゴにフリーズしているデバイスの不具合を修復するのに役立ちます。

  •                     ほぼすべてのiOS端末や最新のiOSバーションをサポートしており、無料試用版を提供しています。

無料で試す無料で試す

データ転送ツールを使用してPC / MacにiPhoneの連絡先をエクスポートする手順

ステップ1.プログラムを起動し、iPhoneをMacに接続し、「iOSデバイスから復元」オプションを選択します。

iPhoneからエクスポート

ステップ2.データタイプで「連絡先」を選択し、「次へ」をクリックしてスキャンします。

連絡先 選択

ステップ3.プレビューのためにすべての連絡先を検索してリストします。また、iPhoneから削除されたものも見つけることができます。

連絡先 一覧

ステップ4.「復元」をクリックして、エクスポートされた連絡先を保存するため、コンピューターのフォルダーを指定します。

iphone 連絡先 エクスポート

方法2. iCloudでiPhoneの連絡先をMacに書き出し

ステップ1.iPhoneでApple IDが登録されていることを確認します。 「設定」→「iCloud」に移行し、連絡先の同期を有効にします。

ステップ2.MacでiCloud.comにアクセスし、iCloudアカウントにログインします。連絡先アイコンをクリックし、左下の歯車アイコンをクリックします。すべてを選択し、「vCardを書き出す」をクリックします。iPhoneの連絡先はすべてvCardファイルとしてMacにエクスポートされます。

iphone 連絡先 インポート

注意

この方法は操作が簡単ですが、iCloudアカウントとパスワードを忘れた場合なら実現できません。しかも、それは連絡先全体をエクスポートすることしかできず、特定の連絡先をエクスポートすることはできません。そのほか、iPhoneでは、iCloudを同期させる必要があります。

方法3.Macアドレス帳でiPhoneの連絡先をエクスポート

ステップ1.二つ目の方法と同じように、「設定」→「iCloud」に移行し、iPhoneで連絡先の同期を有効にします。

ステップ2.iCloudをセットアップし、MacでiCloudアカウントを有効にします。Macの左上にある小さなアップルアイコンをクリックし、「システム環境設定」を選択し、「iCloud」をクリックし、エクスポートしたい連絡先(アドレス帳)を選択します。

連絡先 エクスポート mac

そして、すべてのiPhoneの連絡先がMacのアドレス帳に同期したことが見られます。

注意

iCloudを起動するたびに、連絡先全体がiPhoneから同期されます。したがって、特定の連絡先をエクスポートする場合は、別の方法を試す必要があります。

方法4. AirDropで連絡先をiPhoneからMacに同期

ステップ1.Wi-FiとBluetoothをオンにし、iPhoneでiCloudにサインインします。

ステップ2.画面の下から上にスライドし、コントロールセンターを開きます。AirDropをクリックし、「このMacを検出可能な相手」をクリックすると、「なし」、「連絡先のみ」と「全員」3つの選択肢があります。「連絡先のみ」のままにしておくことをお勧めします。そして、導出したい連絡先を選択します。

AirDrop 連絡先

ステップ3.MacのFinderのメニューバーの中に「Go」→「AirDrop」を選択します。AirDropウィンドウの下にある「発見を許可する」設定を有効にし、連絡先アプリのファイルだけでなく、すべての人からファイルを受信できます。

注意

この方法を使用する前に、WLANとBluetoothがすべて正常に動作することを確認する必要があります。また、「AirDrop」は、iOS 7以降とOS X 10.7以降のバージョンを搭載しているデバイスにのみ適用されます。

結論

つまり、この記事に4つの迅速な方法が提供されました。この4つの方法を試して、どちらの方法が最適かを判断できます。驚くかもしれませんが、iMyFone D-Backは、エクスポートする前に連絡先をプレビューできる無料の試用版も用意されています。最新のiOS14と互換性があるのでご安心ください。

無料で試す無料で試す