概要:

従来により、iPhoneユーザーは「動画復元」をする際に、ほとんどiTunesを使うものです。何故なら、iTunesはAppleの標準ソフトで、専門的にiOSが搭載されたデバイスと同期する機能がサポートします、無料でお好きなタイミングでバックアップできます。無料だとはいえ、iTunesを使ってデータ復元するのは安全とは単なる妄想に過ぎません。実際にネット上でiTunesに関する問題に多々で、データ復元するのにもう推薦しません。

iPhone/iPadに対して、iTunesバックアップで動画だけを復元する為、本文では解決策を提案し、共に掛け替えの専門ソフト「iMyFone D-Back」でiTunesバックアップの動画を復元する方法について紹介したいと思います。

1:iTunesのデメリットについて

iTunesは「Mac版」と「Windows版」に区分けられ、ここで総合的にそちらのデメリットを紹介致します。

1データの上書き

iTunesは最新のバックアップのみを保存します。つまり、iTunesのバックアップファイルは常に新しいデータに上書きされています。選択的に回復できない為、時間が長くて手続きもかかります。

2直接起動できないためランチャーで使えない

Windowsストアアプリは、ファイルを直接クリックしても実行できません。そのため、、Windowsストアアプリに対応していないランチャーアプリケーションは起動できません。

3自動アップデートをすると不具合に対処できない

アップデートによる不具合があっても、アップデートを停止させておいたり、戻すことはできないのがデメリットになるかと思います。

4パソコンの容量を浪費する

iTunesでデータ復元するには、パソコンを持っている人のみが対象のサービスとなり、パソコンのストレージに直接保存するので、パソコンの容量によってバックアップが取れない場所もあり、パソコンの容量を制限します。

2:iTunesで動画復元する際に起きた問題まとめ

色んな弱点があってこそ、グーグルで「iTunesデータ復元」に関する検索ボリュームは珍しくないのではありません!なので、iTunesは管理ソフトとして完璧ではありません。例を挙げて説明致します。

すべてのファイルを選択

1バックアップが損失した

iCloudのオンラインストレージによるデータ管理も同様に、iTunesのパソコンや外付けストレージによるデータの保存も確証されたものではありません。例えば、オンラインストレージの破損や、パソコンの故障によるデータの破損なども起きうる事ではありますので注意が必要です。

または、ほぼ全てのデータがバックアップされますが、アプリについては確実に移行が出来ないケースも起き得ますので、データ移行をする際には、万全な状態で挑むことが必要です。

2iTunesで復元の残り時間は長過ぎる

「iPhone復元が終わらない?」という質問が少ないものです。iTunesを利用したiPhoneバックアップの復元時間を左右する要素は、「バックアップの容量」と「パソコンの処理速度」、「ライトニングケーブル」です。一つだけの原因さえで回復過程に影響を与えます。

3不具合が生じる傾向がある

iTunesバックアップからiPhoneの動画を復元するには、バックアップの量とパソコンの処理機能により、各場合は異なっています。但し、作業時間が長く続けると、リンゴループなどの異常が生じるものかもしれません。

その他の問題
  • 不明なエラーが起きたという警告が表示される。
  • ディスク容量が不足しているという警告が表示される。
  • バックアップが壊れているか互換性がないという警告が表示される。

というわけで、実にiTunesは標準の管理ソフトとして安全ではありません。

3:お替わりの専門ソフトを使ってビデオと動画だけで復元する

「iMyFone D-Back」iPhoneデータ復元ソフトは、iOSデバイスから失われたデータを復元できる強力なツールです。iTunesやiCloudバックアップから失われたデータを復元することができて、バックアップがない場合でも、直接にiOSデバイスからデータを復元することができます。Cult of MacやPCWorldなどの有名なWebサイトによって大好評を博しました。

データ復元

800万以上のダウンロード

iMyFone D-Backの特徴:

  • バックアップなしでもiOSデバイスからビデオと動画だけでを復元できます。
  • 検索結果の一覧表示をプレビューして、iPhoneから動画を選択的または完全に復元できます。
  • ウイルス攻撃、破損、誤削除、またはiOSシステムのアップグレードなど、さまざまな理由により失われたデータを回復できます。
  • 連絡先、メッセージ、ボイスメモビデオ、WhatsAppメッセージなど、iOSデバイスから20種類以上のファイルに対応しています。

1バックアップなしでiPhoneから削除した動画を回復する方法:

このiPhoneデータ復元ソフトウェアは、iPhone 13シリーズを含むすべてのiOSデバイスのバックアップから簡単に復元できます。下記の手順をご参照下さい:

ステップ1.iMyFone D-Backを起動する

すべてのファイルを選択

パソコンでソフトを起動し、「iOSデバイスからデータ復元」オプションで「開始」ボタンをクリックします。

ステップ2.PCに接続、バックアップをスキャンする

認識されたデバイスを選択する

iOSデバイスをパソコンに接続して、デバイスを成功に検出されます。

ステップ3.ビデオと動画をプレビューして復元する

ビデオと動画の種類を選択する

さらに、復元したいファイルのタイプ(ビデオ/アプリ動画)を選択してから「スキャン」をクリックします。そして、バックアップからデータの読み込みを始めます。

ビデオと動画のファイルを選択する

スキャンが完了すると、復元可能な動画はすべて一覧表示されています。それらをプレビューし、必要なをチェックしてください。

復元したいビデオと動画を選択して、右下隅の「リカバリーする」をクリックします。

これはデータ復元ソフトを通じてiTunesバックアップからビデオとアプリ動画を復元する方法です。iOSデバイスだけではなく、iOSデバイスまたはiCloudバックアップファイルからデータも復元できます!

Tips:定期的にバックアップして大切なデータを守ろう

iTunesでデータを破損したり、データを誤って削除したりすることがある場合は、iCloudまたはiTunesを使用して定期的にバックアップする必要があります。iMyFoneグループから提供する別のデータ復元する必要なツールを使用することもできます。

iMyFone D-BackはWindowsとMacのユーザーに無料の試用版を提供していて、iTunesやiCloudより優れた機能があり、皆さんに強く推薦致します!どうぞご試用ください。