iPhoneの故障や水没によって急にiPhoneのデータが消えてしまったという経験があるという方は多いのではないでしょうか?大切なデータを入れていた場合、困ってしまいますよね。

そんな時に役に立つのがiPhoneデータ復元ソフトです。iPhoneの中に入っている連絡先や写真、動画などのデータを復活させることができるので、使っている方も多くいます。そこで今回は、iPhoneのデータ復元ができるおすすめソフトをご紹介していきます。

Part 1.おすすめのデータ復元ソフト一覧表

まず初めに、今回紹介するデータ復元ソフトはどんな特徴があるか以下の一覧表でチェックしてみましょう!

  D-Back iPhone Data Recovery PhoneRescue MobiSaver FoneLab
復元方法
  • スマートモード
  • iOSデバイス
  • iTuneバックアップ
  • iCloudアカウント
  • iCloudバックアップ
  • iOSデバイス
  • iTuneバックアップ
  • iCloudバックアップ
  • iOSデバイス
  • iTuneバックアップ
  • iCloudアカウント
  • iOSデバイス
  • iTuneバックアップ
  • iCloudバックアップ
  • iOSデバイス
  • iTuneバックアップ
  • iCloudバックアップ
アプリ復元 LINE、WhatsAppのみ WhatsAppのみ
対応OS iOS 9-最新のiOS 15 iOS 5-最新のiOS 15 iOS 6–iOS 14 iOS 8-iOS 12 iOS 14まで
動作環境
  • Win 10/8/7
  • macOS X 10.9-macOS 11
  • Windows 10/8.1/8/7/
    Vista/XP
  • macOS X 10.7-macOS 11
  • Windows 10/8/7/Vista
  • macOS X 10.8-macOS 11
  • Windows 10/8.1/8/7/
    Vista/XP
  • Windows 10/8.1/8/7/
    Vista/XP
  • macOS X 10.7-macOS 10.15
試用版
永久版金額 ¥6480 ¥7711 ¥7678 ¥11990 ¥6169

Part 2.iPhoneデータ復元ソフト5選

ではここからは、先ほど取り上げたiPhoneのデータ復元ができる5つのソフトの詳細についてご紹介していきます。

1D-Back

「D-Back」とは、誤って消してしまったり、初期化してしまったデータを復元できるソフトです。3ステップでデータ復元を完了することができるので、初めて行う方でも安心して行えます。また、最新更新したバージョンでiCloudバックアップ復元を強化したが、他のソフトと比べてより多くのデータ種類が復元できる点は抜群です。

このソフトを使って誤削除した写真を復元する動画マニュアルを見てみよう!

基本情報

復元できるデータ種類 日常的に使われる写真ビデオメッセージメモ、WhatsAppやLINEなどのSNS、通話履歴やブックマークなど総計18種類
試用版でできること データのスキャンとプレビュー
ホームページ https://jp.imyfone.com/iphone-data-recovery/
おすすめ度

メリット

  • 復元方法が多様で、データの復旧率が比較的に高い。
  • 最新版のiOS 15ベター版もサポートされる。
  • 復元できるデータ種類が多い、各種のニーズが満足できる。

2iPhone Data Recovery

おすすめの2番目のiPhoneデータ復元ソフトは「iPhone Data Recovery」です。同じく最新のiOS 15まで対応しているが、iPhoneのiOS更新によってデータ紛失に役立ちます。無料体験版と完全版にサポートされるデータ種類が違いますが、この点を気をつけてくださいね。

iPhone Data Recoveryのインターフェース画面

基本情報

復元できるデータ種類 写真やビデオ、メッセージ、メモ、WhatsAppやLINEなどのSNS、通話履歴やブックマークなど総計16種類
試用版でできること 連絡先の復元(5つ)、動画や画像の復元(1つ)
ホームページ https://www.apeaksoft.com/ja/iphone-data-recovery/
おすすめ度

メリット

  • 無料版でも復元が可能。
  • 対応のパソコンOSが全面的で、より多くのユーザーが活用できる。

3PhoneRescue

次は「PhoneRescue」を推薦したいです。iPhoneデータを復旧することができるソフトとして、iOSデバイス・iCloud・iTunesからのバックアップはもちろんですが、iPhoneのパスコードの削除もできるので、パスワードを忘れた場合でも復元できるのは嬉しいポイントです。

PhoneRescueのインターフェース画面

基本情報

復元できるデータ種類 写真やビデオ、メッセージ、メモ、WhatsAppやLINEなどのSNS、通話履歴やメッセージなど総計17種類
試用版でできること データのスキャンとプレビュー
ホームページ https://www.imobie.jp/phonerescue/ios-data-recovery.htm
おすすめ度

メリット

  • パスコード解除も可能。
  • シンプルなUIデザインとなっているので、誰でも簡単に操作できる。

4MobiSaver

もう一つのiPhoneデータ復元ソフトは「MobiSaver」です。画像や動画以外にも通話履歴や音声メモ、アプリ内の画像まで復旧できるのも嬉しいポイントです。ただし、対応のiOSバージョンはまだ少ないが、Macもサポートされないという点は少し残念です。さらに、完全版の値段も少し高いでしょう。

MobiSaverのインターフェース画面

基本情報

復元できるデータ種類 写真やビデオ、メッセージ、メモ、WhatsAppやLINEなどのSNS、通話履歴やメッセージなど総計12種類
試用版でできること メッセージ、連絡先、写真、ビデオ、音楽、文書を1個のみ復元可能
ホームページ https://jp.easeus.com/iphone-data-recovery-software/pro.html
おすすめ度

メリット

  • 無料体験版でもデータファイルを1個復元できる。

5FoneLab

最後に紹介したいiPhoneデータ復元ソフトは「FoneLab」です。3ツのモードから復元することが可能となっていますし、バックアップをとっていない状態でもデータを復元することができるので、便利に使うことができます。ただし、無料体験版ではスキャンのみできるが、データのプレビューはできないのでご注意くださいね。

FoneLabのインターフェース画面

基本情報

復元できるデータ種類 写真やビデオ、メッセージ、メモ、WhatsAppやLINEなどのSNS、通話履歴やメッセージなど総計16種類
試用版でできること データのスキャンのみ
ホームページ https://jp.easeus.com/iphone-data-recovery-software/pro.html
おすすめ度

メリット

  • インターフェースのUIはかわいい。
  • WindowsとMacの両方にも対応している。
  • 手ごろな価格で完全版を入手できる。

Part 3.iPhoneデータ復元ソフトを選ぶポイント

1復元方法の多様性

より復元できる方法が多いソフトを選んでおけば、iPhoneがどのような状態になっていても復元することができますし、自分のその時に必要な処理を行うことができるので便利でしょう。

他に、PS4や任天堂Switch、Wiiなどのゲーム機の利用者も数多いですが、これらを使ってゲーム実況することも可能です。

2対応するデータの種類

自分が想定しているデータ以外にも、紛失して困るデータがあるかもしれません。そのため、できるだけ多くのデータが復元できるソフトを選んでおけば、何か起きても安心でしょう。

3アップデートの頻度

多くのソフトが定期的にアップデートを行い、できることを増やしています。そのため、よりアップデートの頻度が高いソフトを選んでいれば、より最新の状態で復元率を体感することができるでしょう。


最後に

いかがでしたか?iPhoneのデータを復元できるソフトはさまざまありますが、そのソフトによって復元できる種類は大きく異なります。最も使いやすいソフトを選びたいという方は、個人的にはより多くのデータを復元することができる「iMyFone D-Back」が最もおすすめしたいですが、ぜひ試みてください!