iPhone、iPadなどのiOSデバイスのデータをバックアップする場合、iTunesを使って行うのがベストな方法の1つとされています。操作は簡単で、iTunesがインストールされているPCにデバイスを接続するだけで、バックアップを取ってくれます。

iPhone/iPadのデータが消えてしまった場合、iTunesバックアップから簡単に削除されたデータを取り戻すことが可能です。そこで本記事では、iTunesバックアップからデータを復元方法を紹介します。

iTunes経由でiPhoneを初期化してバックアップを復元

デバイスを初期化して、iTunesバックアップを復元するのが簡単かつ便利な方法ですが、既存のデータをすべて消去されるので要注意です。

手順1:デバイスをパソコンに接続して、iTunesを起動します。

手順2:iPhone/iPadのアイコンをクリックして、概要画面に進みます。

手順3:「バックアップ」欄で「「バックアップを復元」をクリックして、復元したいバックアップデータの日時を確認し「復元」を選択します。

itunes データ 復元

Tips

①初期化されると、iPhone/iPad上のすべてのデータが消えてしまうので、事前に大切なデータをPC/外付けSSDにエクスポートすることをお勧めします。

②既存のデータを損失したくない方は、こちらもiTunesバックアップの中にちゃんと確認して、必要なデータだけを復元する方法が用意されています。

iTunesバックアップの中身を確認して選択的に復元

iTunesのバックアップから動画や写真の一部を復元したいだけなのに、今のiPhoneにあるものを全部消去するのは嫌なんですよね?

ここでは、iMyFone D-BackというiOSデータ復元ツールをお勧めします。iPhone/iPadを初期化しなくても、iTunesバックアップの詳細を確認して、必要がある部分を選択して復元することができます。

  • プレビュー機能を備えて、iTunesやiCloudバックアップの詳細をいちいち確認することができます。
  • 写真、動画、メッセージ、連絡先、メモ、LINEトーク履歴など、22種類以上のファイルの復元が可能です。

iTunesバックアップからデータ確認&復元のチュートリアル動画

データ復元 ビデオガイド

D-Backデータ復元ソフトでiTunesバックアップの確認&復元

Step 1.D-Backを起動し、メインページから「iTunesバックアップから復元」バックアップを選択します。

itunesバックアップ データ 復元

Step 2.「開始」をクリックし、復元したいデータを含むiTunesバックアップファイルを選択し、「次へ」をクリックします。

itunesバックアップファイル

Step 3.表示されるウィンドウで、チェックしたいデータの種類を選択した後、「スキャン」をクリックします。

itunesバックアップ スキャン

Step 4.データの検索が完了すると、iTunesバックアップの中にあるデータがすべて表示されます。必要なデータを確認してから「復元」をクリックしてPCに保存します。

バックアップ  データ復元

終わりに

「iTunesバックアップからデータを確認&復元方法」を紹介しました。iTunesを使えば、多くの種類のデータをバックアップすることができますが、復元するときにはすべてのデータを一括で復元することしかできません。

ツール復元ツールを使えば、バックアップファイルから復元したいデータだけを取り出して、非常に便利で、データの損失もありません。