iPhoneのストレージがいっぱいになると、アプリのダウンロードやアップデート、写真や動画の保存などが制限される可能性があります。以下は、iPhoneのストレージを増やすための方法としていくつかの提案です。

iPhoneのストレージを増やす

Part 1.iPhoneのストレージを増やす一般な方法ーパソコンなし

まず、iPhone本体からストレージを増やす方法を紹介します。

1不要なデータの削除

最初に、不要な写真、動画、アプリ、メッセージ、キャッシュデータなどを削除して、空きスペースを作成します。

2iCloudストレージの利用

iCloudストレージを利用して、写真、動画、ドキュメントなどをオンラインで保存します。これにより、デバイスのローカルストレージを節約できます。

【まとめ】iPhoneをバックアップする方法

3メッセージの管理

長期間使用しないメッセージや添付ファイルを削除して、メッセージアプリのストレージ使用量を減らします。

4アプリのキャッシュのクリア

一部のアプリはキャッシュデータを保存するため、これらのキャッシュを定期的にクリアしてスペースを解放します。

iPhoneでキャッシュを削除する方法

5不要なアプリの削除

使わなくなったアプリやゲームをアンインストールして、ストレージを開放します。

これらの方法を使用することで、iPhoneの容量を増やすことができます。

Part 2.iPhoneのデータをパソコンでバックアップし、ストレージを減らすーパソコンあり

上記の方法を試しても、iPhoneの容量が足りない場合、デバイスにあるデータをパソコンに移して、ストレージを減らすことをおすすめします。iPhoneのストレージも減らすし、データを削除するする必要もありません。

iPhoneのデータをパソコンに移すなら、iOSデータ専門家「iMyFone D-Back」を利用することは最も便利です。以下はその具体的な操作法です。

D-Back iPhoneデータ復元
D-Backの優れた機能!
  • 写真ビデオメモ音声メモなど、幅広い種類のデータをバックアップできます。
  • データをバックアップできる以外に、以前削除したデータを復元することも可能です。
  • 操作が簡単で、初心者でも手軽に操作できます。
  • 個人情報やデータが安全に保護され、第三者に漏洩する心配がありません。
無料体験 無料体験

▼ iPhoneのデータをPCに移す手順:

ステップ 1.上記のボタンによって無料版ソフトをダウンロードしてから、「デバイスからリカバリー」を選択してください。そして、バックアップしたいiOSデバイスをパソコンに接続します。

iOSデバイスから復元

ステップ 2.バックアップしたいデータ種類を選択して、「スキャン」ボタンをクリックします。

iPhone データをスキャン

ステップ 3.バックアップしたいデータを選択して、「PCに復元」をクリックすると選んだデータはパソコンに移行し始めます。

iPhone データを復元

このガイドを参考にして、iMyFone D-Backを使用してiPhoneのデータをパソコンにバックアップし、デバイスのストレージを増やすことができます。さらに、以前削除したデータを復元してバックアップすることも実現できます。

iPhoneのデータをPCに取り込む動画マニュアル⇩

iPhone 写真 パソコンに取り込む
合わせて読む: 【完全ガイド】「iCloudストレージがいっぱいです」と表示された場合の対処法

終わりに

今回、iPhoneのストレージを増やす方法を紹介してきました。いかがでしたか?iPhone本体から容量を増やすことができない場合、D-Backを利用してiPhoneのデータをパソコンに移すことをおすすめします。無料版もありますので、ぜひお試しください。

D-Backロゴ

iMyFone D-Back

iPhoneデータをバックアップ&復元するに不可欠な強力ツール!