概要:
今世界中では、LINEとWhatsAppみたいなチェットアプリが流行っている為、日常的にその影響が私たちには不可欠になってしまうつつそうです。だが、このような大切な思い出のアプリはiPhoneで保持されていて、APPをうっかり削除してしまって、またはiPhoneの破損、紛失のせいで、その写真とビデオようなデータが失われる可能性があります。本記事はiOS端末でiPhoneから完全に削除したApp画像および動画などのデータを復元する解決策を提出します。同時にプロなデータ復元ツールを紹介し、共にプロなデータ復元ツールを紹介します。

1:誤削除だ!iPhoneのアプリのデータがどうしよう

イメージできる?不注意で大切なアプリの写真と動画を削除した場合、焦るうちに、優先的に何をすべきでしょうか。

ここで、ラインを例としてご説明します。iOS端末でLINEのトーク履歴を復元するには、端末からLINEアプリを一度アンインストールする必要が不可欠です。そして、再インストールLINEアプリを登録して、必要のある個人情報を入力してください。そうすると、「トーク履歴の復元」の画面が出てきます。こちらはバックアップを取得している事に限り。 バックアップを取得しておくと、簡単に復元可能となります。

もし操作が苦手な方がいらしゃったら、直接お問い合わせフォームを利用して、ラインのヘルプセンターへ「よくある質問」を確認してください。「ヘルプページのよくある質問」や「LINEかんたんヘルプ・LINE Payお問い合わせ」に必要な回答が掲載されていないかチェックしてみましょう。それでも解決できず問い合わせる場合に、準備しておくべき情報などもまとめました。

他にはDropboxからラインのトークのバックアップをダウンロードして、内容を確認して、改めてLINEで会話を再開する方法もあります。

お手数ですが、これ以外の仕方ないのではないでしょうかなぁ?

2:専門ソフトでiPhoneから削除したAPP写真とビデオを復元

iCloud/iTunesのバックアップを取っているかどうかに関わらず、iPhoneの既存のデータを見つからない場合は、iMyFone D-BackというiPhoneデータ復元専門ソフトを使うのがお勧めです。初心者向けに簡単で、APP写真とビデオを含む18種類以上のデータをサポートしています。前にあった問題に対してAPP写真とビデオを復元する前に、まず無料試用版をダウンロードして、過去の隠すデータの読み込みができるかどうか確認してください。

専門特徴一覧:

  • iOSデバイスから簡単に復元できることで、加えてバックアップのないデータでも復元可能です。
  • iTunesやiCloudのバックアップファイルからデータを抽出することも可能!
  • 公式方法より自由、バックアップからご希望のデータだけを復元することができます。
  • バックアップデータを戻しても、iPhoneの既存データへの上書きする恐れが一切ありません。

下記の無料版先にをダウンロードして試してみましょう!

復元手法一覧

さらに大人気のデータ復元ツールでAPP写真とビデオを回復する手順をご紹介致します。iPhone上に見当たらないデータをスキャンするには、プログラムをダウンロードしてパソコンにインストールし、以下の手順に従ってください。

1接続とスキャン

iOSデバイスからりかばりーする

メイン画面から「iOSデバイスからリカバリーする」を選択し、「開始」をクリックします。次に、復元されたいiPhoneをパソコンにつなぎ、ソフトはデバイスを認識するまで待ちます。 そして「次へ」をクリックしてください。

2選択肢を明確にして、復元をし続ける

復元したいアプリのデータを選択する

回復したいファイルの種類一覧表で、復元したいデータの種類を選びます。ここで、「アプリの写真とアプリの動画」にチェックが入れるだけでいいです。そして 「スキャン」をクリックして続行します。

3結果がしっかりする前に待つ

復元したいアプリのデータを選ぶ

スキャンが完了したら、結果一覧表から復元したいファイルを選んで「リカバリー」をクリックし、PCに保存します。(「削除されたファイルのみ表示」をクリックすれば結果を絞ることができます。)

以上で完了致します。ただ数分で失われデータを取り出すなんて、すごく便利でしょう。

Note:

※ iTunesやiCloudでバックアップが取っているかどうか大丈夫!上記の「iOSデバイスから復元する」で失われたデータを全部救い出来ます。

iTunesやiCloudでバックアップが取っている方も下記の「iTunesから復元する」と「iCloudから復元する」の操作でデータを回復します。

下記の通りご覧ください。

3:見つからないAPP写真とビデオをiTunesバックアップからPCに取り出す

D-BackでiTunesのバックアップからiPhoneのデータを復元

公式的な復元手順はHPでのiPhone、iPad、iPod touch をバックアップから復元するのようになります。

iTunesのバックアップがあれば、完全に削除したデータを復元することが可能です。ところが、全てのデータを復元したくない場合は、どうすればいいのでしょうか?または、デバイス容量不足のせいで、全てのデータを復元できなくなったら、解決法はありますか?デバイスの代わりに、PCにデータを保存するのは可能ですか?

そいう場合にもiOSデータ復元ソフトiMyFone D-Backを推薦します!

詳細の手順は以下となります。

1ソフトを開きとスキャン

iTunesバックアップからリカバリーする

メイン画面から「iTunesバックアップからリカバリーする」を選択し、「開始」を経って、ご希望のiPhoneをパソコンに接続し、ソフトがデバイスを認識するまで待ちます。 「次へ」に進みます。

2復元したいデータを選択を選んだ後、復元をし続ける

iTunesバックアップからリカバリーする

回復したい一覧表で、復元したいデータの種類を決定して、「アプリの写真とアプリの動画」にチェックが入れるだけでいいです。そして 「スキャン」をクリックして続行します。

3結果が出る前に待つ

スキャンが完了したら、結果一覧表から復元したいファイルを選んで「リカバリー」をクリックし、PCに保存します。(「削除されたファイルのみ表示」をクリックすれば結果を絞ることができます。)

4:iCloudバックアップからAPP写真とビデオを取り戻す

D-BackでiCloudのバックアップからiPhoneのデータを復元

公式的な復元手順はHPでのiPhone、iPad、iPod touch をバックアップから復元するのようになります。

詳細の手順は前例とほぼ同じです。

1「iCloudから回復する」でスキャン

iCloudからデータ復元

「iCloudから回復する」を選び、「開始」をクリックします。

2iCloudにサイインインする

iCloudからデータ復元

iCloudバックアップファイルにアクセスするために、iCloudにサインインします。

3回復したい選択肢を選び

iCloudからデータ復元

次のウィンドウで、失われたアプリのデータを含むiCloudバックアップファイルを選択します。「次へ」をクリックしてから、「アプリ写真」と「アプリ動画」を選択して「スキャン」をクリックします。

4希望の回復する選択肢をリカバリー

スキャンが完了すると、結果はすべてインターフェースに表示されます。ご希望のデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。

5データをコンピューターに移して、他のデバイスで復元する

パソコンに保存した後、復元したデータをデバイスに転送して戻すことができます。

Tips:

上記の2つの公式的な回復法に対して、より解決できる対処法はD-Backでございます。データを回復はより便利より簡単!

最も、上書きや初期化で既存のデータを消去するのが嫌な場合は、本ソフトの「iCloud / iTunesバックアップからリカバリー」機能利用すれば、復元したいデータかだけを抽出して復元することができます。手順は上記とほぼ同じで、簡単なステップで済ませます。

結論

iPhone上で削除されたAPP写真とビデオを復元する方法を紹介しましたが、いかがでしたか。復元方法はいくつかありますが、「iMyFone D-back」をご利用の仕方がお勧めです!

我が社が持つ技術力や、長年培ってきたデータ回復に関するノウハウを最大限に活用することによって、製品は効果的で素早く、試用版も提供致します。是非iPhoneデータ復元ソフトを楽に使おうお勧めします。無料体験版がありますので、一度使ってみると、好きになることを信じています。

今悩んでいる方はぜひこれらの方法をお試してください。ご参考になれば幸いです。