iPadで誤ってメモを削除することは珍しくありません。メモには重要な情報が含まれている場合が多いため、メモを紛失した際、非常に不便になるかもしれません。削除してしまったメモを復元することは不可能ではありません。 この記事では、iOS 15/14を含めてほぼすべてのiOSデバイスと互換性のある、4つの潜在的な解決案を紹介します。

最近削除した項目でメモを復元する

iPhoneまたはiPadのメモアプリでは、メモをリストから削除してもすぐ消えたことではありません。完全に削除されるまで、さらにその時点から30日の間でデバイスのどこかに保存されます。つまり30日の間であれば、削除されたメモをデバイスから直接復元できます。iPadで最近削除されたメモを復元する方法は次のとおりです。

ステップ1:iPadで「メモ」アプリを開き、「戻る」の矢印をタップし、「フォルダー」の画面に移動します。

ステップ2:「最近削除された」フォルダーをタップし、「編集」を選択し、「ノートを選択」をタップしてから復元したいメモを選択してください。

ステップ3:「移動」ボタンをタップし、「メモ」フォルダーを選択すると、削除されたメモが「メモ」フォルダーに移動されたことがわかります。

iPad 最近削除した項目

ご注意

  • この機能の不足点は、iPadでメモを復元できるのは30日以内のみです。つまり、削除日から30日を超えた「最近削除された」フォルダーからメモを復元することはできません。
  • 最近削除した項目は空いている場合、削除したメモはiPadで完全に削除されと意味して、この機能を利用して復元することはできません。

バックアップなしでiPadのメモを復元する(iPadOS 15対応)

「最近削除した項目」で復元できない場合、一番簡単なやり方はデータを復元ツールをご利用することです。iTunes / iCloudバックアップファイルがない場合でも、失われたメモをiMyFone D-Backで復元することができます。このデータ復元ツールは四つの復元モデルがあります。バックアップがありでも、無でもデータを安全かつ上書きの恐れがなくて復元できます。

バックアップなしでiPadからメモを復元するビデオチュートリアルを見ましょう。

iOSデバイスのメモを復元

バックアップファイルを使用せずにiPadでメモを取り戻す方法については、引き続きお読みください。

ステップ1:パソコンでデータ復元ソフトを起動します。「iOSデバイスからのリカバリーする」を選択し、「開始」をクリックして続行します。iPadをパソコンに接続し、プログラムがデバイスを完全に認識するまでしばらくお待ちください。 次に、「次へ」をクリックしてください。

d-back データ復元

ステップ2:リストから「メモ」を選択し、「スキャン」をクリックします。 次に、iPadのスキャンを開始し、削除または消えたメモを探します。

ipad メモ スキャン

ステップ3: スキャンの数分後、iPadで削除されたメモや消えたメモを含め、すべての復元可能なメモを見つけてプレビュー用に一覧表示します。これらのメモの具体的な内容を確認できます。必要なすべてのメモを選択したら、「リカバリーする」をクリックし、iPadで削除したメモを元に戻すことができます。

ipad メモ 復元

Tips:

バックアップからメモを復元したい場合は、他のリカバリモードで同様の手順を簡単に繰り返します。具体的には「初期化せずにiCloudのバックアップを復元する方法」をご覧ください。

iPadで消えたメモをメールで復元する

「メモ」アプリをメールアカウントに関連付けている場合は、メモがメールと同期されている可能性があります。iPadで削除したメモを取り戻すことができるかどうかを確認するには、次の手順をご覧ください。

ステップ1:ウェブサイトでメールアカウントにログインし、アカウントのウェブインターフェースからメモにアクセスできるかどうかを確認します。

ステップ2:メモを見つけたら、iPadの設定>メール>連絡先>カレンダーに移動してください。適切なメールアカウントを選択し、「メモ」設定を「オン」に切り替えます。

ステップ3:メモがメールアカウントで既にオンになっている場合は、オフにしてから再度オンにすると、メモを再同期できます。

これで、メモがiPadに再び表示されるはずです。メモをメールアカウントと同期しなかったら、削除されたメモのiTunes / iCloudバックアップがあるかどうかを確認します。バックアップがある場合は、iPad / iPad mini / iPad Proで削除されたメモを回復するために以下のの方法を試してください。

iPadで消えたメモをバックアップから復元する

iPadをiCloudまたはiTunesでバックアップしたことがある場合は、いずれかのバックアップからメモを復元してみてください。しかし、復元する前に、削除したメモが以前にiCloudまたはiTunesで正常にバックアップされているかどうかを確認する必要があります。

iCloudバックアップを確認する方法は次のとおりです。

ステップ1:iPadでiCloudまで移動してください。

  • iOS 10.3以降を使用している場合は、「設定」>「あなたの名前」>「iCloud」に移動してください。
  • iOS 10.3では「iCloudストレージ」をタップしてください。
  • iOS 10.2以前を使用している場合は、「設定」>「iCloud」>「ストレージ」>「管理」に移動してください。

ステップ2:デバイス名をタップし、最後のバックアップの日付を確認します。次に、iCloudバックアップからデータを復元できます。

ステップ3:「設定」>「一般」>「リセット」に移動し、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップしてください。

iPhoneを初期化する

ステップ4:「アプリとデータ」の画面で「iCloudバックアップからの復元」をタップし、Apple IDでiCloudにログインしてください。

ステップ5:「バックアップの選択」に進み、iCloudで使用可能なバックアップのリストから適切なバックアップを選択してください。

d-back データ復元

iPadのメモがよくiTunesにバックアップされる場合、iTunesのバックアップからメモを復元する簡単な方法があります。iTunesの概要ページに移動し、最新のバックアップを確認してから、適切なバックアップからiPadを復元し、削除されたiPadのメモを取り戻すことができます。

itunes データ復元

ご注意

iTunesまたはiCloudバックアップファイルから復元する方法を選択する場合、iPad上の現在のデータがすべて置き換えられます。上書きされる恐れがあるので実行する前に再びデータを失わないようにご注意ください。


結論

データの損失を防ぐ最善の方法は、定期的にデータをバックアップすることです。 デバイスでデータの損失が発生した場合は、上記の四つの方法を試して、削除されたメモを復元できる可能性は非常に高いです。メモがデバイスから完全に削除されている、またはiTunes・iCloudでバックアップしてない場合、iMyFone D-Backがこの問題を簡単に解決できます。バックアップファイルの有無にかかわらず、iPad / iPhoneから消えたメモを取り戻すことができます。