iPadでは、オンスクリーンキーボード、外部キーボード、Apple Pencil、または指を使ってテキストフィールドに情報を入力できます。iPadのオンスクリーンキーボードは、主に画面が大きいため、iPhoneのキーボードよりも改善され、より快適になりました。そして、通常の入力には適していない場合、外付けキーボードに接続することも可能です。

しかし、主な問題は、そのようなオンスクリーン/外部キーボードを使用するときに、キーボードは不具合が発生することもたまにあることです。

これらのiPadのキーボードに関する問題は、日常業務に干渉するかもしれまんせん。この記事では、頻繁に発生するiPadのキーボードの問題のいくつかを、対応する解決策とともに以下に説明します。

よく見られたiPadキーボードの不具合

主にオンスクリーンキーボードや外付けキーボードの不具合です。

① オンスクリーンキーボードの場合

  • iPadのキーボードが画面の真ん中に表示される
  • iPadのキーボードが機能しない
  • iPadのキーボードの遅延またはフリーズした
  • iPadのキーボードが二つに分かれてしまう
  • iPadのキーボードが表示されない

② 外付けキーボードの場合

  • 外付けキーボード(Bluetooth)が接続できない

2.iPadのオンスクリーンキーボードは問題がある時の対処法

2-1.キーボードが画面の真ん中に表示される問題の対処法

Appleは基本的に、iPadのキーボードに2つの特定の位置設定を提供しています。 キーボードには、ドックタイプとドッキング解除タイプがあります。ドッキングタイプではキーボードが画面の下部に配置され、ドッキング解除グタイプではキーボードが真ん中に配置されます。

そこで、誤ってドッキング解除モードをアクティブにした場合、キーボードは画面の真ん中に表示されます。以下はiPadのキーボードが画面の真ん中に現れる問題の対処法です。

ステップ1:キーボードが画面の真ん中に表示されたら、キーボードアイコンを長押しする必要があります。

ステップ2:次に、「固定」オプションが表示されたら、それをタップするとキーボードを元に戻すことができます。

ipad キーボード 真ん中

これにより、画面下部にキーボードが表示されべきです。

2-2.文字入力の反応が遅いまたフリーズした問題の対処法

iPadのオンスクリーンキーボードで何かを入力しているのに、キーボードが入力速度に追いついていない場合、これはキーボードが遅れていることを意味します。多くのiPadのユーザーが直面している問題もあります。iPadのキーボードでこの問題を解決するために試すべきであるいくつかの方法があります。

① キーボードの交換学習をリセット

キーボード辞書をリセットすることで、問題を解決できるかもしれません。手順は以下のようです。

ステップ1:iPadの[設定]に移動して[一般]をタップします。

ステップ2:次に、[リセット]をタップし、リストを下にスクロールして[キーボードの交換学習]を選択します。

ステップ3:パスワードを求められたら、パスワードを入力してください。

キーボードの交換学習

② すべてのアプリを再起動

特定のアプリがキーボードの機能に干渉している場合があります。その場合は、すべてのアプリを閉じてから再起動してみてください。

ステップ1:ホームボタンをダブルタップするか、ホームジェスチャバーをスワイプします。

ステップ2:左または右にスワイプして開いているアプリを表示し、アプリを1つずつ閉じることができます。

ipad アプリを再起動

※それでも問題が解決されない場合は、プロのiOS / iPad OS修復ツールを使用して問題を解決することをご検討ください。

2-3.キーボードが表示しない/機能しない

多くの場合、特定の問題がキーボードの表示を妨げているかもしれません。 これは非常に一般的な問題であり、iPadOSのあらゆる種類の問題によって引き起こされる可能性があります。

① ハードリセット

ただのハードリセットを行うと、iOS / iPadOSデバイスでよく見られるいくつかの小さな問題だけでなく大きな問題も解決できることは誰もが知っているでしょう。 したがって、iPadのキーボードが遅れたりフリーズしたりした場合は、すぐにハードリセットを試してください。この方法で問題をすぐに解決できるはずです。

これを行うには、電源ボタンとホームボタンを同時に10秒間押し続けてください。

② iPadOSの修復

iPadのキーボードが正しく機能せず、一部の設定を変更しても問題が解決しない場合は、iPad OSが破損しているか、OSの問題がキーボードの機能を妨げている可能性があります。

このような状況では、設定で何も調整することができず、専用のリカバリプログラムを使用してiPad OSの問題を修正する必要があります。そうしないと、キーボードが正常に機能しなくなります。もちろん、iTunesを使った復元も可能です。 しかし、iMyFone Fixppoのような専用の回復ツールを使用すると、より効率的になります。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Fixppoを使用してiPadのキーボードの問題を解決する方法は次のとおりです。

ステップ1:プログラムをパソコンにインストールしてから開きます。「標準モード」を選択し、iPadをパソコンに接続します。

標準モード iOS修復

ステップ2:次に、画面の指示に従ってiPadを接続し、[次へ]をクリックします。

ipad パソコン 接続

ステップ3:次に、プログラムは利用可能なファームウェアを検索します。 リストから1つを選択し、[ダウンロード]をクリックします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ4:ダウンロード後、[開始]をクリックしてiPadOSの問題を処理し始めます。 復元後、iPadが再起動します。

iOS修復完了

このiPadOS不具合修復ツールは、最先端の技術と機能を使用し、iPadOS / iOSの問題を解決します。 したがって、iPadでのキーボードの問題はすべて、このプログラムの使用を介して確実に解決されます。

③ iTunes経由でデバイスの復元

上記のすべての解決策が機能しない場合は、iTunesを介してデバイスを復元することをご検討ください。 キーボードやiPad OSに問題があった場合は、簡単に対処することができます。

ステップ1:iTunesがすでにインストールされているパソコンにiPadを接続します。

ステップ2:アプリを開き、iTunesパネルからiPadを選択します。

ステップ3:[iPadを復元]をクリックし、もう一度確認します。

ipad 復元

3.iPadの外付けキーボードが接続できない時の対処法

毎日、長い時間入力する必要がある場合、オンスクリーンキーボードで作業することはあまり実用的ではありませんので、iPadは外付けキーボードに接続できます。

しかし、iPadのBluetoothキーボードが機能しない場合はどうすればよいでしょうか?実際、この問題を解決できる簡単な解決策があります。接続はBluetooth経由で行われるため、デバイスをペアリングおよびペアリング解除することで問題を解決できます。 iPadの外付けキーボードに関する問題の対処法は次のとおりです。

ステップ1:まず、デバイスのペアリングを解除します。これを行うには、[設定]に移動し、[Bluetooth]をタップします。

ステップ2:「I」をタップしてから「このデバイスの登録を解除」をタップします。

ステップ3:次に、キーボードのBluetoothボタンを押し、ペアリングするための検出モードをオンにします。

ステップ4:ここで、もう一度[設定]に移動します。Bluetoothをオンにすると、キーボードがデバイスのリストに表示されます。iPadのPINコードの入力が求められるかもしれないので、それを入力してください。

ipad Bluetooth

Bluetoothキーボードを使用している場合、これはBluetooth関連の問題を解決する非常に簡単な方法です。上記の手順に従うだけで十分です。

まとめ

基本的に、外付けキーボードに問題がある場合は、Bluetooth設定をリセットするか、デバイスを切断して再度接続するだけで問題が解決されるはずです。

しかし、オンスクリーンキーボードの問題は対処がより困難です。 この記事で掲載されていたすべての対処法は、特定のキーボードの問題に対処することを目的としているが、それらすべてに対処できる解決案を探している場合は、iMyFone Fixppooをダウンロードして使用するのをご検討ください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード