iPadの電源が突然入らない・iPadが起動しないケースあります。こんな時、すごくうんざりするでしょう。iPadは娯楽のためだけではなく、ビジネスにも使用されます。特にその中に非常に重要な作業が行われている、或いは重要なデータが含まれる場合、その問題をすぐに修復しなければなりません。

この記事では、iPadが起動しない問題を修正する五つの簡単で迅速な方法を示しています。

1.iPadを充電する

iPadが起動しない最も一般的な原因は、完全放電の状態になっていることが考えられます。寒い日でバッテリーの電力が急速に失われることはよく見られ、その結果、デバイスの電池が予想よりもはるかに早く消耗します。一方、熱く過ぎると、警告サインが表示された後、ソフトウェアが自動的にオフになり、デバイスを正常の温度に戻させます。

iPadは0%になると、再充電して画面が点灯するまでに少し時間がかかります。また、再充電に時間が掛かるため、最低でも1時間は充電を行うようにして下さい。

2.強制再起動を行う

一番目の解決策が役に立ちない場合、iPadの強制再起動を試してみてください。強制再起動を行うとデバイスのメモリがクリアされるため、一時的なiOSのエラーが解消します。操作手順は次の通りです。

1.音量上げるボンタンを押します。

2.音量下がるボタンを押します。

3.Appleロゴが表示されるまで電源ボタンを長押しします。

3.データ損失なしで、iPadが起動しない問題を修正する

上記の方法を試しても、iPadが起動しない場合、残念ながらiPadOSが原因である可能性が大きいです。通常、このような問題が発生した場合、データをバックアップし、古いソフトウェアを削除し、新しいiPadOSをインストールする必要があります。ファームウェアを更新するため、すべてのデータを消去しなければなりません。

しかし、iiMyFone Fixppoを使用すると、データを失うことなくiPadOS不具合をたやすく修復、iPadOS関連するすべての問題を一瞬間で解決できます。非常に便利なツールであり、Cnet、TechRadarなどのハイテク企業に信頼されます。

無料で試す無料で試す

Fixppoを使用し、データを失うことなく、iPadが起動しない問題を修復したいなら、次のステップに従ってください。

ステップ1.ソフトをインストールし、起動してから、標準モードを選択します。Padに接続し、「次へ」をクリックします。

Fixppo 問題修正

ステップ2.デバイスの情報が自動的に検出され、利用可能なすべてのiPadOSバージョンを表示します。インストールしたいファームウェアをダウンロードして続行します。

iPadが起動しない

ステップ3.すべての準備ができたら、iPadOSのバージョンを確認し、問題がないことを確認します。「修復開始」をクリックすると、iPadの修復が始まります。終了後、iPadは再起動し、正常に機能し始めます。

iPad 電源が入らない

4.リカバリモードでiPadを初期化する

それでも問題が解決しない場合、リカバリモードを使ってiTunesでiPadを初期化する必要があります。iTunesはiPad上のすべてのファイルを消去するため、バックアップしないとすべてのデータが失われる点に注意してください。

  • iPadをPCとLightningケーブルで接続します。
  • PCでiTunesを起動します。
  • iPad(FaceIDあり): 「電源ボタン」と「音量小ボタン」をリカバリーモードの画面が出るまで同時に長押しします。iPad(ホームボタンあり): PC接続しているLightningケーブルを一度抜き、「ホームボタン」を押しながらPCと接続します。
  • iPadにリカバリーモードの画面が表示されたら、iTunesに復元の確認メッセージが表示されます。「復元」をクリックして下さい。
  • 再度確認メッセージが表示されます。「復元と更新」、もしくは「復元とアップデート」をクリックします。
  • 画面に表示されるステップに従います。デバイスが初期化されます。

iPadを復元

5.Apple Storeに修理を依頼する

これらすべての方法を試しても問題を解決できない場合、ハードウェアの問題が原因である可能性は高いです。その場合、デバイスをApple製品取扱店に持って行き、その後、専門家が問題を診断し、修正することができます。

結論

ハードウェアの問題以外、FixppoがすべてのiPadOS問題を修正できると言えるでしょう。iPadが起動しない問題だけではなく、様々なほかのiPadOS問題も修復できますため、心配することなくiPadを使用できます。

無料で試す無料で試す