iOSデバイスに関してい一番やっかいな問題は何だと思いますか?間違いなくリンゴループだ!何もしていないのにiPadが画面にりんごマークが表示されたままフリーズし、ときに勝手に再起動されます。

リンゴループに陥ってしまたら、ホーム画面への移動や画面等の操作ができなくなります。リンゴループになった主な原因は、脱獄やアップデート、ウイルス攻撃などです。

今回は、修理店に行かなくても自力でリンゴループの問題をわずか数分で対処する方法をご紹介していきます。

iPadのリンゴループを効率的に対処する4つの方法

リンゴループを修復

↑↑詳しい操作手順の動画マニュアル↑↑

1そのままに放置しておく

このような症状が突然現れた場合は、一時的な故障の可能性が高いです。このまま放置しておくと数時間後には直るケースが多いようです。

iPadのリンゴループを改善した後、少なくとも30分間充電してください。

2 iPadを強制再起動

iPhone/iPadユーザーなら最初に実行するのが強制再起動です。リンゴループに陥ってしまったiPadを強制再起動すると、高確率で不具合を改善することが可能です。

①電源が落ちるまでiPadの上部にある電源ボタンとホームボタンを同時に長押しします。

②電源が完全に切れた後、電源ボタンをを押し続けます。

3 データを損失せずにiPadのリンゴループに修復

リンゴループになって電源が切れない、或いはアップデート直後の場合は、システムの不安定さが原因である可能性が高いです。こんな時には、iOS不具合修復ツールの利用は一番便利な方法です。

ここでは、iMyFone Fixppoをお勧めします。専用のiOS修復ツールとして、リンゴループだけでなく、iPad / iPhone / iPod touchなどのデバイスに関連するすべてのiOSの問題を直ることができます。さらに、iTunesが修正できない問題でも、簡単に解決してくれます。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Fixppoを使用してiPadのリンゴループを対処する方法

Step 1.プログラムを起動し、メインの画面から【標準モード】を選択してください。

標準モード

Step 2.USBケーブルを使用してiPadをパソコンに接続してください。 リンゴループでフリーズしているiPadはFixppoによって検出されます。【プログラムで検出できるように、iPadをDFUまたはリカバリモードにする必要があります。】

ipad パソコン 接続

Step 3.iPadが検出されると、プログラムはすべての適切なファームウェアを提供します。次に、ご希望のバージョンを選択して【ダウンロード】をクリックしてください。

iPad リンゴループ

Step 4.ファームウェアがダウンロードされたら、「開始」をクリックすると、FixppoがiOSシステムの修復を開始します。

iPad リンゴループ 修復

4 iTunes経由でリンゴループに陥ったiPadを復元(データ損失)

リカバリーモードに入ると、iPadのリンゴループの問題がiTunesで修理され、iPadを通常の状態に戻すのに役立ちます。ただし、リンゴループに陥っていたiPadのバックアップは不可能なので、復元すると、すべてのデータが消去され、デバイスが工場出荷時の設定に復元されることは要注意です。

①iTunesを起動し、iPadをパソコンに接続します。

②デバイスをリカバリモードにするには、電源ボタンとホームボタンを同時に10秒間押し続けてください。

③電源ボタンを離し、iPadの「iTunesに接続」画面が表示されるまでホームボタンをそのまま押し続けてください。

iPad リカバリーモード

これで、【アップデートまたは復元を必要としているiPad(iPad)に問題があります】というポップアップが表示されます。【復元】ボタンをクリックし、操作をもう一度確認してください。 次に、デバイスが復元され、iPadのリンゴループの問題が解決されます。

iPadを復元

まとめ

リンゴループ(再起動を繰り返す)の症状が起きる原因には、さまざまなものがありますが、原因を特定できないものもあります。今回ご紹介した方法は、どれも簡単にできるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

上記の方法でも修復できない時は、iPad内部の故障である可能性があるので、早急に修理を依頼しましょう。

無料ダウンロード 無料ダウンロード