iPadに関してい一番やっかいな問題は何だと思いますか?間違いなくリンゴループだ!何もしていないのにiPadの画面にリンゴマークが表示されたまま起動しないし、ときに勝手に再起動を繰り返す事象も出来ました。

リンゴループに陥ってしまたら、ホーム画面への移動や画面等の操作ができなくなります。リンゴループになった主な原因は、脱獄やアップデート、ウイルス攻撃などです。

今回は、修理店に行かなくても自力でリンゴループの問題をわずか数分で対処する方法をご紹介していきます。

Part 1.iPadがリンゴループになった時の直し方4選

では、さっそくiPadはリンゴマークが表示されて起動しない時の試すべき修理法を見てみましょう!

1そのままに放置しておく

このような症状が突然現れた場合は、一時的な故障の可能性が高いです。乾燥と常温の環境で、このまま放置しておくと数時間後には直るケースが多いようです。

iPadのリンゴループを改善した後、少なくとも30分間充電してください。

2データを損失せずにiPadのリンゴループを修復-成功率高い

しばらく放置してもiPadのリンゴループは解消されない場合、システムの不安定さや深刻なiPadOS不具合は原因である可能性が高いと考えられます。そんな時、iPadOSを修復しなければなりません。

ここでは、一番便利な方法として、専門の不具合修復ツール「iMyFone Fixppo」の利用をお勧めします。iPadOS修理に特化して、リンゴループだけでなく、iPad/iPhone/iPod touchというAppleデバイスに関連するすべてのシステム問題を直ることができます。さらに、iTunesが修正できない問題でも、簡単に解決してくれます。

Fixppo  iPhone不具合修復
Fixppo特徴4選!
  • 既存のデータを損害しないでリンゴループや再起動の繰り返しなど100以上のiOS問題の解決に役立ち、成功率は100%に近い
  • 操作はシンプルで、初心者でも自宅で手軽にiPadを修理できる
  • 無料かつワンクリックでiPadのリカバリーモードを起動・解除できる
  • WindowsとMacの両方、最新のiPadシリーズとiPadOSに対応済
今すぐ不具合修正 今すぐ不具合修正

Fixppoを使用してリンゴループになったiPadを修理する手順

直感的に使い方を把握したいなら動画マニュアルを確認⇩

リンゴループを修正

ステップ 1.上記のボタンをクリックしてソフトをダウンロードして起動します。「Appleシステム修復」>「標準モード」を選択して、iPadをパソコンに接続してください。

標準モード

ステップ 2.iPadが検出されると、プログラムはすべての適切なファームウェアを提供します。次に、ご希望のバージョンを選択して「ダウンロード」をクリックしてください。

iPad リンゴループ

ステップ 3.ファームウェアがダウンロードされたら、「標準修復を開始」をクリックすると、FixppoがiOSシステムの修復を開始します。

iPad リンゴループ 修復

3iPadを強制再起動

iPadの起動に何か不具合が出来た時、強制再起動は効果的な対処法の1つです。リンゴループに陥ってしまったiPadを強制再起動すると、不具合を改善することが可能です。

この方法はiPad単体で実行できるので便利ですが、iPadのリンゴループを直すために数回にするのは必要である場合もあります。また、iPadの機種別に具体的操作も異なるが、間違えないでくださいね!

  • ホームボタン搭載のiPad:Appleロゴが画面に表示されるまで、iPadのホームボタンと電源ボタンを長押しします。
  • Face ID搭載のiPad:音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。上部のボタンをデバイスが再起動するまで押し続けます。

ipad 強制再起動

4リカバリーモードにしてiTunes経由でiPadを復元

リカバリーモードに入ると、iPadのリンゴループの問題がiTunesで修理され、iPadを通常の状態に戻すのに役立ちます。ただし、リンゴループに陥っていたiPadのバックアップは不可能なので、復元すると、すべてのデータが消去され、デバイスが工場出荷時の設定に復元されることは要注意です。

  • ステップ 1.iTunesを起動し、iPadをパソコンに接続します。
  • ステップ 2.デバイスをリカバリモードにするには、電源ボタンとホームボタンを同時に10秒間押し続けてください。
  • ステップ 3.電源ボタンを離し、iPadの「iTunesに接続」画面が表示されるまでホームボタンをそのまま押し続けてください。

iPad リカバリーモード

  • ステップ 4.iTunesでは【アップデートまたは復元を必要としているiPad(iPad)に問題があります】というポップアップが表示されます。
  • ステップ 5.【アップデート】ボタンをクリックして、最新のiPadOSバージョンに更新することでリンゴループ問題を解決してみます。こうすると、データ損失することはありません。
  • ステップ 6.アップデートに失敗した場合、【復元】ボタンをクリックするしかありません。こうすると、iPadのデータはすべて消去されます。

iPadを復元

Part 2.iPadのリンゴループに関するよくある質問

続いては、補足情報として、リンゴループに遭遇した時、iPadユーザーからよく寄らせる質問をまとめて答えます。

1なぜiPadはリンゴループになるのか?

iPadリンゴループの原因といえば、主に以下のことが挙げられます。

  • 新しいiPadOSにアップデートする際に、Wi-Fiや電池が切れてしまったので失敗した
  • 有効期限が切れたiPadOSのベータ版の使用した
  • 今使用しているiPadOSに不具合があった
  • iPadの空き容量が不足
  • 新iPadにデータ転送する途中でエラーが発生した
  • iPadOSファイル破損などiPhone脱獄による問題
  • バッテリーの経年劣化や非正規品の充電器などの部品問題
  • 水没や落下など、iPadの基盤がショートされてハードウェアが故障した

1つの原因に特定するのは実は難しいです。普段iPadを使う際に、リンゴループは発生しないように、これらのことを注意するのは無難です。

2iPadはリンゴループになってiTunesも認識しない?

リンゴループになったiPadは正常の状態ではなくて、iTunesに認識するにはまずiPadをリカバリーモードにしてみてください。

また、iPhoneとパソコンをつないでいるUSBケーブルに接続問題があるかもしれません。別のケーブルを替えたり接続端子を掃除したりしてから、再試行しましょう。

他に、iTunesバージョンが古いのもiPadを認識しない原因の1つなので、合わせて確認してアップデートします。それでも正常に作動できない場合は、代替ソフトとして今回紹介したiPad不具合修復ツール を使用するのも1つの方法ですね。


まとめ

リンゴループの症状が起きる原因には、さまざまなものがありますが、原因を1つに特定できないものもあります。今回ご紹介した方法の中で、iPad不具合修復ツールを使えば、原因に関わらず簡単かつデータを失わなくてiPadのリンゴループ問題を修理することは可能なので、非常におすすめです。ぜひここでダウンロードして試してみてください。

また、上記の方法でも修復できない時は、iPad内部の故障である可能性があるので、早急に修理を依頼しましょう。