確かに、Appleはスムーズな機能と高度な技術で知られ、世界で最も人気のあるスマホメーカーです。

ただし、他のスマホと同様に、iPhoneでも問題がよく発生します。そして、iPhoneのインカメラだけ使えなくなる症状は、iPhone のユーザーでもいつも直面する問題です。自撮りやビデオ通話をよくする人にとって、インカメラが使えないとかなり不便でしょう

従って、この記事ではiPhoneのインカメラだけが起動しない問題の原因と解決策を示しています。

1.iPhoneインカメラだけが映らない?主な原因は

iPhoneのカメラに関連する潜在的な問題についての基本的な考え方を持った上で、その背後にある可能な理由を見てみましょう。

  • カメラアプリに問題がある
  • ストレージが不足にしている
  • iPhoneシステムの不具合
  • iPhoneのハードウェアの問題 

iPhone本体でインカメラが機能しない問題を解決する方法

解決策1.カメラアプリをオフにする

カメラアプリをオフにすることも、一つの対処方法です。

  • iPhone X以降(iPhone 12を含む):画面の下から上にスワイプし、途中で止まります。
  • iPhone 8以前:ホームボタンをダブルタップして、最近使用したアプリを表示します。

水平方向にスワイプしてカメラアプリに移動し、アプリを上にスワイプします。

 解決策2.iPhoneを再起動する

カメラアプリや問題が発生している場合に、インカメラだけ使えない不具合が出ることがあります。その際、iPhoneを再起動してください。

iphone 再起動

iPhone X及び以降

ステップ1:サイドボタンと音量小ボタンを長押しします。

ステップ2:スライダーをドラッグし、デバイスをオフにします。

ステップ3:Appleロゴが表示されるまで、サイトボタンを押し続けます。

iPhone 8及び以前

ステップ1:電源オフスライダーが表示されるまで電源ボタンを押し続けます。

ステップ2:スライダーをドラッグし、デバイスをオフにします。。

ステップ3:Appleロゴが表示されるまで、電源ボタンを押し続けます。

解決策3.iOSバージョンをアップデートする

iPhoneのインカメラだけが起動しない理由は、iOSが最新版ではないことかもしれません。iOSバージョンをアップデートすることで問題を修正できるかもしれません。

ステップ1:設定アプリに移動し、【一般】を選択します。

ステップ2:【ソフトウェア・アップデート】を選択します。

ステップ3:利用可能な最新のiOSバージョンが表示されます。【ダウンロードしてインストール】をタップします。

iphone アップデート

解決策4.iPhoneの空き容量を確保する

iPhoneのカメラは、iPhoneの容量が不足していても撮影できません。元々iPhoneのストレージが少ないモデルを使用しているときや、写真をたくさん保存しているときなど、まずはiPhoneのストレージ容量の残りを確認してみましょう。 

【設定】に移動し、【一般】》【iPhoneストレージ】をタップして、ストレージの空き容量を確認できます。

iphone アップデート

iPhoneのインカメラが映らない問題を修復する効果の方法

上記のすべての方法は基本的なソリューションです。それらすべてが役に立たない場合、以下の高度な解決策を試してください。

方法1:データ損失無しでiPhoneシステムを修復する

iPhoneのシステムに問題が発生している場合に、インカメラだけ使えない不具合が出るケースもよく耳にします。その際、システムを修復すれば、インカメラの問題を解決するはずです。

データ損失なしでiPhoneインカメラが機能しない問題を修正したい場合、iMyFone Fixppoを強くお勧めします。このソフトは、iOSデバイスに関連するさまざまな問題を解決できる非常に便利なツールです。また、自分でiPhoneの問題を修復したい人にとって不可欠なアプリです。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

ここでは、このツールの簡単な使用方法について、ご紹介します。 

ステップ1.まず、コンピューターでツールを起動し、【標準モード】を選択します。次に、デバイスを同じコンピューターに接続し、【次へ】をクリックします。(これで、デバイスが検出されます。そうでない場合、デバイスをDFU /リカバリモードにする必要があります。 )

iphone インカメラ 映らない

ステップ2.デバイスが検出されると、 Fixppoは最新のファームウェアを検索し、表示します。適切なバージョンを選択し、【ダウンロード】をクリックします。 

ファームウェアをダウンロード

ステップ3.ファームウェアのダウンロードが完了すると、【修復開始】をクリックしてから、修復が始まります。完了するまで、デバイスが接続されていることを保証してください。

iphone 修復完了

方法2:iTunesでインカメラが起動しないiPhoneを復元する

これは問題を修正するもう一つの高度な方法ですが、データが失われます。

ステップ1:iTunesを開き、iPhoneを同じコンピューターに接続します。

ステップ2:iTunesでiPhoneを選択します(デバイスの下に)。

ステップ3:iPhone上で右クリックし、【バックアップから復元】を選択します。

iphone 復元

 方法3:ハードウェアの問題ならAppleサポートに相談する

iPhoneを落下させたり、強い衝撃を与えたり、水没させてしまったりしたあとに、インカメラに不具合が出ている場合は、インカメラのパーツ自体が故障している可能性が高いです。

システムやアプリが原因ではなく、物理的に基板やインカメラパーツが故障しているときは、できるだけ早くアップルサポートに相談して、部品交換や修理を行います。

まとめ 

この記事は、iPhoneのカメラに関連する問題を修復する方法を示しています。これらの方法によって、カメラを通常の状態に戻すことができれば、幸いです。

 本体操作、iPhoneシステム修復やハードウェア修理など、提供されている解決策を確認し、最適なオプションを選択してください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード