メールをチェックしたり、添付ファイルを開いたり、音楽を再生したりする時、iPadが突然クラッシュしてしまった状況がよくあります。 iPad が急にクラッシュしてしまった理由が以下のように考えられます。

1.主な原因は、デバイスのフラッシュメモリの故障です。

2.アプリは最新のiOSシステムと互換性がありません。

3.デバイスはジャンクファイル、破損ファイルなどに完全に占有されます。 

iPadがクラッシュした時、まずすべきこと

1 iPadを強制的に再起動する

iPadを強制的に終了させることで、クラッシュ問題を改善する可能性があります。操作方法は下記の通りです。

1.スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンの両方を押さえたままにする。

2.ロゴが表示されたら、両方のボタンを放す。

2 クラッシュしたアプリを再インストールする

再起動してもクラッシュを繰り返したら、問題のあるアプリ再インストールすれば、iPadアプリがクラッシュし続ける状況を修復可能です。

1. 問題のあるアプリを長押しします。

2.「Appを削除」をタップしてアプリをアンインストールします。

3. App Storeアプリに移動し、アプリを検索してiPadに再インストールします。

ipad アプリ削除

iPad のクラッシュを避ける完全ガイド

1 ジャンク/破損/一時ファイルをクリアする

iPadやiPhoneには、アプリをアンインストールする以外にジャンクをクリアする機能はありません。iPadのクラッシュを避ける一つ有効的な方法は、余分なストレージスペースを取り、デバイスの速度を低下させ、障害を起こす可能性があるジャンクファイルや一時ファイルをデバイスから取り除くことです。

従って、iMyFone Umate ProといういiOSデバイス最適化ツールがお勧めです。これを使用すると、 三つのステップだけで、無料で不要なファイルをすべてクリアして、iPadストレージメモリを管理して、クラッシュや誤動作の可能性を減らすことができます。

ipad 最適化

無料で試す無料で試す

Tips

iPadから削除された非表示のファイルを消去したい場合は、左側のパネルから「削除されたファイルを消去」をご利用ください。

2 通知センターを閉じる

iPhoneに同じアプリがあるなら、iPadのそれらアプリ通知は必要ありません。iPhoneの上にのみ表示されていいです。これにより、iPadを軽やか実行できるし、重複の通知も避けます。

iPadの「設定」に移動し、「通知」を選択します。選択したいアプリのスライダーをオフにします。 

ipad 通知 オフ

3 Spotlight検索をオフにする

Spotlight検索は、連絡先、音楽、アプリなど、何でも検索できます。しかし、それらを全部自分で検索できるため、この機能をオフにし、稼働スペースを節約するほうがいいです。「設定」と「Siriと検索」に移動し、「SIRIからの提案」をオフにすれば、検索結果の下の項目をキャンセルします。

ipad 検索 無効

4 iOSシステムとアプリを更新する

デバイスを最新の状態に保つことが非常に重要です。トレンドや時間に応じてデバイスを最新のiOSにアップデートすれば、システムが更新され、改善されるため、デバイスがよりよく機能できます。アプリも同様に、最新のバージョンに更新すると、最新の機能を備えて、デバイスの遅延や故障を招くことはありません。

終わりに

上記は【iPad が突然クラッシュした時の原因と対処方法】の解説でした。ソフトの不具合、ストレージ容量不足などはiPadをクラッシュしたよく考えられる原因です。こんな状況を避けるために、日常では、余分なストレージスペースを取り、デバイスの速度を低下させ、障害を起こす可能性があるジャンクファイルや一時ファイルをデバイスからクリアすることは大事です。デバイスを最適化して、大切なiPadを守ろう~

無料で試す無料で試す