app_store

リカバリーモードで止まったiPadを修正する、4つの最も効率的な方法

時々iPadは、一般的に死のブラックスクリーンと呼ばれる状態に行き詰まることがあります。

この状況では、デバイスを使用できないため、非常にイライラすることでしょう。  多くのユーザーは、iPadの黒い画面の原因とその修正方法について疑問に思っているはずです。

理由は、デバイスを落とした際に発生する可能性のあるハードウェアの損傷、計画どおりに動作しない脱獄の試み、ハードウェアコンポーネントの誤動作、またはソフトウェアの問題など、多岐にわたります。

この記事では、この黒い画面の問題からiPad(iPadOS 13をサポート)を解放できるいくつかの解決策をご紹介します。

ただし、まずはiPadの画面を黒に修正する前に、落ち着いてバックアップすることが重要です。これは、iPadを黒い画面から抜け出させるプロセス中に貴重なデータを失う危険性があるためです。

iPad black screen

修正前にブラックスクリーンiPadをバックアップする

これは一般的な予防措置ですが、多くの人はデバイスに致命的な黒い画面が表示されている場合に、デバイスを守る方法を知りません。

死のブラックスクリーンに苦しんでいる全てのiPadユーザーにとっては上手くいかないかもしれませんが、ここに試すことができる方法があります。

  • iPadの画面がパソコンに接続されているときに黒くなりましたか? あるいは、以前にiTunesに接続してバックアップしたことがあるが、それ以降デバイスの電源をオフにしていませんか?

  • これらのいずれかに「はい」と答えられる場合は、もしかしたら幸運かもしれません。 必要なことは、iPadを接続した状態でiTunesにアクセスし、iPadがデバイスを認識しバックアップするかどうかを確認するだけです。

  • 残念ながらこれらのいずれかを行っていない場合、またはiTunesがiPadを認識できない場合は、ブラックスクリーンモードになってしまっている間にバックアップする方法はありません。

backup iPad

1.データを失うことなく、ツールを介してiPadをブラックスクリーンから抜け出す

冒頭で説明したように、ソフトウェアのエラーはiPadがブラックスクリーンをオンにしない原因にもなります。したがって、iPadでiOSエラーを修正するのに役立つツールが必要になります。 iPadをバックアップせずブラックスクリーンから抜け出すために、iPadのデータを失わないようにするには、データの損失なしでこの問題を解決できるサードパーティの修復ツールがあります。そのツールとはiMyFone Fixppo iPadOS修復ツールであり、以下が理想的な解決策となる機能の一部です。

iMyFone Fixppoの主な機能(iPadOS 13サポート):

  • 死のブラックスクリーン、iTunesアイコンへの接続に固執するiPad死のホワイトスクリーンリカバリーモードの問題に陥っているiPadなど、iPadの様々な問題を修正するための高度な専用テクノロジーを適用しています。

  • 重大度の高いiPadOSの異なる問題を修正する2つのモードをご提供します。 データを失うことなく、iPadのブラックスクリーンを修正できます。

  • Cult of MacMakeuseofなどの有名なメディアサイトで推奨されています。

  • iPadOS 13を実行するiPad 2018を含む、iPadのほぼ全てのモデルをサポートしております。また、すべてのiPhone / iPodで動作が可能です。

  • 簡単な操作と肯定的なフィードバックにより、最高のiPadOSリカバリーツールになることがお分かりいただけるでしょう。

postive user reviews

Windows version    Mac version

iMyFone Fixppoを使用し、iPadのブラックスクリーンを修正する手順

手順1. 公式Webサイトからお試し版をダウンロードしてください。アプリケーションをインストールして起動してください。メインのインターフェイスより、3つのオプションから標準モードを選択してください。

choose the fix ios system feature

手順2. 出された指示に従い、iPadをDFUモードにして、プログラムがiPadを検出できるようにします。

DFU mode under Standard mode

手順3.次のステップは、iPadに合った最新のiPadファームウェアをダウンロードすることです。プログラムは、それに一致するファームウェアを識別します。 カーソルを「ダウンロード」ボタンに移動して、取得してください。

download firmware

手順4. ファームウェアのダウンロードが完了すると、iMyFone FixppoはiPadの自動修復を開始します。やることは「修正の開始」をクリックするだけの簡単操作です。 修復プロセスが完了すると、iPadは通常モードで再起動し、正常に機能し続けます。

start fixing iOS system

iPadOS 13と互換性のあるiMyFone Fixppo iPadOS リカバリーツールを使用して、死のブラックスクリーンでもiPadを通常に修正できます。修正するためにデータを失う必要はありません。どうぞ躊躇わずに、お試しいただき、ご自身のiPadを守ってください。

Windows version    Mac version

2. 死のブラックスクリーンを修正するために、iPadを強制シャットダウンする

デバイスを強制シャットダウンする、もしくは強制的に再起動することで、iPadのブラックスクリーンを修正できます。 これを行うには、画面にAppleロゴが表示されるまで、起動/スリープボタンとホームボタンを数秒間押し続けます。そのロゴが表示されたら、ボタンを放してください。そうするとiPadが再起動し、正常に機能します。

Hard resetting the iPad

3. iTunesを使用して、iPadを工場出荷時の設定に復元する(データ損失)

以下は、ご自身でお試しいただくことのできる最後の方法です。それはiTunesを使用してiPadを工場出荷時の設定に復元することです。 ただし、これによりiPad内のすべてのコンテンツと設定が消去されることに注意する必要があります。

手順1: システムに最新のiTunesをインストールしてください。 iTunesを起動して、コンピューターとiPad間の接続を確立してください。

手順2: iTunesがデバイスを検出し、復元の準備ができたというメッセージが表示されるまで、電源ボタンとホームボタンを押し続けてください。

手順3: [OK]ボタンをクリックしてください。 画面の右側から「iPadの復元」オプションを選択してください。

手順4: ボタンを押すと、iTunesはデータや設定を含む全コンテンツをiPadから消去できます。

手順5: iTunesがインストールプロセスを完了すると、iPadが自動的に再起動します。デバイスをセットアップして、新しいガジェットとして使用を開始する必要があります。

Restoring iPad to factory setting using iTunes

ご注意点

iPadを工場出荷時の設定に復元すると、iPad上のすべてのコンテンツが消去されます。 iPadをパソコンまたはiCloudでバックアップし、他のデータに影響を与えずにiPadへバックアップを復元できるようにしてください。 残念ながらiPadがもうバックアップできない場合は、iPadの画面が黒くなった際に、サポートチームがデータを取得できるかどうかを、Appleストアで確認することをお勧めします。

iPadのブラックスクリーンを修正する3つの方法の比較

iPadの画面が黒くなった問題を修正するのに、どの方法が優れているかをよく理解するのに役立つ比較表です。

特徴
強制シャットダウン
iMyFone Fixppo
iTunesの復元
iPadの問題を100%修正
no
yes
no
データ損失なし
yes
yes
no
使いやすい
yes
yes
no
無料
yes
無料トライアル
yes
その他の機能
no
  • ワンクリックでリカバリーモードを開始または終了

  • iTunesエラーをバイパスする

iPadのバックアップ

そのため、デバイスが死のブラックスクリーン状態になってしまった場合は、iMyFone Fixppoを試すことを強くお勧めします。
必要な手順はわずかで、それだけでiPad /  iPhoneは通常の状態に戻ります。

Windows version    Mac version