「急にiPadのタッチパネルが反応しない……」とお困りの方はいますよね。

タッチパネルの反応しない問題が続くと、まずデバイスが物理的に損傷していないかどうかを確認する必要があります。損傷がある場合は、すぐにサポートセンターへ修理に出したほうがいいと思います。もし損傷していない場合は、自分で対処できる直し方を試してみましょう。

iPad タッチパネル 反応しない 治し方

今回はiPadのタッチパネルが反応しない、反応が悪いときの原因と修理法について解説します。修正方法は状況によって大きく異なるため、実際によって飛んでご覧ください!

ハードウェア問題でiPadのタッチパネルが機能しない場合

iPadは落下によって画面が割れたり、水没してタッチパネルが全く反応しなかったりする場合は物理的な損傷を受けることです。

その時、自分で修理しかねますが、早くデバイスを最寄りのAppleサポートセンターに持ち込んで修理したほうがいいです。iPadが保証期間中であれば、心配する必要はありません。無料で修理できるからです。

ソフトウェア問題でiPadのタッチパネルが機能しない場合

ハードウェアは問題ないが、iPadのスクリーンが機能しない場合、それは必ずソフトウェアの問題であることを確認できるので、デバイスをサポートセンターに持ち込む必要はありません。

以下は自宅でも実行できる治し方をいくつか説明します。結論から言うと、方法3は修復率が一番高いもので、最もおすすめです。

1iPadを強制再起動する

iPadを再起動することは、スライダをドラッグして電源をオフにする必要があります。タッチパネルが機能していない場合、iPadを再起動することはできません。そのため、次の手順に従って強制的に再起動しなければなりません。

  • ホームボタン搭載のiPad:Appleロゴが画面に表示されるまで、iPadのホームボタンと電源ボタンを長押しします。
  • Face ID搭載のiPad:音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。上部のボタンをデバイスが再起動するまで押し続けます。

ipad 強制再起動

これはiPadの強制再起動する方法です。通常、タッチパネルに関連する問題がほとんど修正できます。それでも役に立たない場合、次の方法に従ってください。

2特定のアプリを削除する

iPadにインストールされたアプリを検査してください。特定のアプリの問題によってタッチパネルが機能しないこともあります。最近インストールしたアプリがあれば、一度それを削除してください。

  • iPadで削除したいアプリを震えるまで長押しします。
  • 右上で出来た「✕」アイコンをタップして、表示された確認メッセージで「削除」をタップします。

iPad アプリを削除

もし正常に動作している場合、アプリを再インストールして検査しましょう。

3iPadOSを修復する

上記のことを試しても問題が解決されない場合は、ソフトウェアに重大な問題があるかもしれないので、それを修正しなければなりません。

普段、iTunes経由でiPadを出荷時設定にリセットして問題を修正するのは可能です。ただし、これは効果的ですが、すべてのデータが消去されるのは悩ましいでしょう。したがって、ここではデータを失うことなくタッチパネルが反応しないiPadを修復できる「iMyFone Fixppo」というソフトのご利用をより勧めします。

このiPadOS/iOS不具合修復ツールは画面真っ黒、アップデートエラー、リンゴループなどのすべてのシステム不具合を修復できます。さらに、WindowsとMacの両方にも使え、最新のiOS 16 / iPadOS 16を含むすべてのiOS / iPadOSバージョンと互換性があります。

Fixppo  iPhone不具合修復
Fixppoの優れた機能!
  • タッチパネルが機能しない、リンゴループ再起動の繰り返しなど100以上のiPad不具合を解決
  • 非常に使いやすく、技術的な知識を持たなくても自宅でPadを修理できる
  • 2つの修復モードがあり、iTunesに対応しない問題の改善にも役立つ
  • iTunesよりもはるかに簡単で、Cult of Mac、CNETなどの多くの権威サイトに推奨される
無料ダウンロード 無料ダウンロード

Fixppoを使用してタッチパネルが反応しないiPadを修理する手順

ステップ 1.上記のボタンからソフトをパソコンにダウンロードして起動します。次に、「標準モード」を選択して開始します。

標準モード iPadを修復

ステップ 2.次に、iPadをパソコンに接続する必要があります。

iPad パソコン 接続

ステップ 3.後はファームウェアをオンラインでダウンロードすることです。ここでiPadにインストールするファームウェアのバージョンを決定できます。

ファームウェアをダウンロードする

ステップ 4.すると、「開始」ボタンをクリックすると、Fixppoがファームウェア情報を分析し、それを使用してiPadのタッチパネルが反応しない問題を修理します。

iPadを修復する

4iTunes経由でDFUモードで復元する

先述のように、もう1つの方法はiTunesを介し、タッチパネルが反応しないiPadをDFUモードにしてから、復元することです。これは効果的な方法ですが、データの損失を伴うため、ほとんどのユーザーはこれを避けようとします。最後の手段として認識しましょう。

以下は具体的な手順を示しています。

ステップ 1.iPadをコンピューターに接続してください。

ステップ 2.iTunesアプリを起動し、以下のステップに従ってデバイスをDFUモードにします。以下のステップに従ってください。

  • iPadの電源ボタンとホームボタンを同時に押します。
  • 8秒後、電源ボタンを放します。
  • スクリーンが真っ暗になり、DFUモードに入ります。

ステップ 3.DFUモードに入った後、iTunesはすぐにデバイスを検出し、「iTunesはリカバリモードのiPadを検出しました」というメッセージが表示されます。「OK」をタップします。

ステップ 4.iTunesから別のメッセージがスクリーンに表示されます。もう一度「復元」をクリックして確認します。

iPad DFUモード

デバイスを復元すると、すべてのデータが消去されるため、実行する前に必ずデータをバックアップしてくださいね。


結論

iPadのスクリーンが起動しない、タッチパネルが反応しない問題を解決する前に、ハードウェアかソフトウェアの問題を確認しなければなりません。

ハードウェアの問題が明らかに見えるから、デバイスをAppleサポートセンターに持ち込んで修理してください。ソフトウェアは問題ある場合、上記の簡単な方法を試し、修復してください。無論、最高の方法は、「iMyFone Fixppo」をすぐダウンロードし、それを使用してiOSを修復することです。これは、最もシンプルで効率的な方法ですが、強くお勧めします!